2017年10月15日

狂気のヒロイン

Queenの『ボヘミアン・ラプソディ』を聴きながら、ひょんな事で手に入れたホットMMP、映画『スーサイド・スクワッド』1/6 フィギュア: ハーレイ・クインの梱包を開いた。購入は随分遅くなったんだけど、マーゴット・ロビーの特徴をよく掴んでる。


IMG_0617.JPG


欲を言えばHEAD2種、チューインガム風船が欲しい(^^;


posted by まっぴら at 18:05| Comment(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

『ズートピア』

zootopia.jpg

ごく稀に甘菓子が啄みたくなり、ディズニー映画『ズートピア』Blu-rayを購入し鑑賞。この手の作品鑑賞は『チキン・リトル』以来かも知れないなぁ...。子供向け作品の思惑はよそに、エスニシティの甘さの中に、現代の(アメリカ主要都市部における)民族的多元文化(主に食生活ですな)を投影。レイシズムありヘイトありで、妙なほろ苦さが味わいの中に残り、これが病みつきとなる大人のショコラーテみたいな映画。無論お子様も楽しめます。続編が見たいなぁ...。



posted by まっぴら at 07:34| Comment(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

エイリアン・ディファイアンス

日本語版アメコミ。『エイリアン ディファイアンス volume.1 有田満弘 限定カバー ver』.を購入しました。

IMG_0554.JPG

エイリアン・シリーズのタイムラインは映画『エイリアン』と『エイリアン2』の中間を計2作で繋いでいます。ひとつが『エイリアン・ディファイアンス』、もうひとつがゲームの『エイリアン・アイソレーション』。バンド・デシネの雄;メビウスがデザインした船外活動服が劇中活躍しています。サブキャラでエレン・リプリーの娘:アマンダが登場している!この頃母親は救命艇の中でコールドスリープ状態なので、少々アタマが混乱しますね。

aliendefiance1.jpg

「DAVIS ONE」セキュリティパス型プラスチックカード付属。NECA:マリーンベスト版ジェニット・バスケス上等兵も同時購入。ちゃんと得物はS&W M39を使ってるぞ。


posted by まっぴら at 12:00| Comment(0) | マガ・ログ(コミックlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

『エイリアン: コヴェナント』

Alien-Covenant.jpg

8月中旬の『スパイダーマン:ホームカミング』、9月初旬の『ワンダーウーマン』に引き続き、これ程劇場に足を運ぶ機会が多いのも自分的には珍しい。本日はMOVIXさいたま10番シアターI列にて、現在公開中の映画『エイリアン: コヴェナント』を鑑賞しました。前作『プロメテウス』にもあるように、ギリシャ神話の引用に留まらず”創造”、”終末”といった旧約聖書やら契約(聖約)神学(Covenant Theology)の含みを随所に散りばめたR・スコット監督(なのか?牧師なのか?)の老婆心的置換神学を嫌でも堪能せざる負えない。神々しさの含みを纏って飾り立てる才覚の方に逃げ込んじゃったような気がするんだなぁ...。

ダニエルス=ダニエル書(黙示文学)
デヴィッド=ダビテ
エリザベス=ヘブライ語でエリシェパ=モーゼの兄の妻
オラム=永遠
デヴィッドvsウォルター=カインとアベルの諍い
小説「聖書」 新約篇=ウォルター・ワンゲリン :著? 

まさかねぇ...。あそこまで高尚な設定や脚本を見せつけられると、何やら対抗馬で目されながら企画が流れたニール・ブロムカンプ版の追随を良しとせず、封じ込めにかかったような気さえする。 そう考えると聖書に見る異邦人(Alien)という言葉が何やらシリーズを括っちゃうような壮大な含みに見えてくる。欲を言えばもう少し安普請でも構わないから、ゼノモーフやネオモーフとのトリッキーで尺の長い追いかけっこが見たかったねぇ。

無論高尚さが悪影響を及ぼしているわけではない。『スター・ウォーズ』だってシェークスピア戯曲ほぼ史劇と化している。劇中のファスベンダーの存在はより一層は神に近づき、リドリー翁は老境の執着を持ってして、神よりもむしろホトケサマに近づいたと推察する。1作目との整合性にいささかの老害感。合成人間:アッシュがデヴィッド/ウォルターの登場よりも18年後の後継機種のわけないじゃない(^^;


posted by まっぴら at 19:09| Comment(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

『ワンダーウーマン』

wonderwoman.jpg

劇場公開となった先週は所用で抜け出せませんでしたが、本日ユナイテッド・シネマ浦和 4番シアターにて、映画『ワンダーウーマン』IMAX 3-Dで鑑賞してきました。史上最強のメスゴリラ。その天然さと暴れっぷりは、ボクの脳内では不思議と『未来少年コナン』とLINKしました。マーベル作品の後塵を拝してきたDCは、その巻き返しを図れるか?対する軍神アレスってマーベル・コミックにも籍はあるんだがなぁ。

IMG_0545.JPG

ホットトイズMMP1/6『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のワンダーウーマンがやっと発売されましたので、時を同じくして引き取って来ました。ホットはHEADのクオリティのみ。高額商品の分際で発売時期の大幅な遅延や前倒しが多くてメーカー的誠意が微塵もない。予約者も予約商品の発売が重なるとそのうち発狂者が続出するぞ(^^;

posted by まっぴら at 19:42| Comment(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

『スパイダーマン:ホームカミング』

15日にMOVIXさいたま1番シアターにて現在公開中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』を鑑賞してきました。

spidermanhomecoming.jpg

『シビル・ウォー キャプテン★アメリカ』の物語の延長線上にあるストーリーでしたが、MCU自体がスパイディ世界の設定を歪めてしまったせいか?スタークメイドのインターフェース越しに見るスパイディ、メカメカしく妙に若々しいヴァルチャー等...。いけてないねえ〜。

フラッシュやミシェルetc...アレンジを利かせた各周辺キャラクターの人種的サラダ・ボウル感覚。他民族国家ゆえリアルちゃあリアルだけどヒスパニックやハワイアンやらが闊歩する世界とはねぇ...。面白いは面白かったけど、注文してもいない別の料理でお腹いっぱいになった気がしました。つぅーかトビー・マグワイア主演の旧作とは(マーベルお得意の)平行世界の物語だと割り切る事した。自社に帰郷作品なのでおめでたい事だけど、無理に単体作品としてリリースすべきだったのか?受け入れて自分の中で消化するのに時間を要しそうです。

ワタクシ的には『ドクター・ストレンジ』の方が面白かったよ。



posted by まっぴら at 19:33| Comment(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする