2008年12月27日

混沌とした歳末にアイを叫んだけもの

仕事の踏ん切りが悪いせいか、どうも例年の歳末感を喪失しているのがワタクシで。先のX'masも祝日が週の中途半端な日だったせいで、結局X'masケーキだのチキンだのを小分けにして三日ほど跨ってダラダラ喰っていたような塩梅。出費を警戒して夜のルミネに釣られつつ年末の喧騒渦巻く歓楽の巷を出歩かず、TVもろくすっぽ観ないで寝ちゃうので、メリー気分もおめでとうもどこ叩いても塵埃以外出てきませなんだ。勉強をあまりしない受験生もおるしね。とほほ...。

職場の大掃除は昨日終わったのですが、その仕事納めは来週に傾れ込み、金払いの悪い顧客の集金やらアカ伝(返品)やらで更に時間が縺れ込むという、このグズグズというか、ちんたら未練たらしい感覚。諦めの悪い、踏ん切りの悪さ。最後の最後にきての背徳。後味の悪さが、今年の世相そのものを端的に表しているような気がしてなりません。それでも人間は生きていかなぁあかんのよ。

そういえば会社から携帯電話が支給されたのですが、これが法人向けの安チン携帯ではなく、BRAVIA(SO906i)なんてのが届きやがって。げぇ〜っ!自分の携帯より高額じゃん!買ったら6万ぐらいするじゃん。ワンセグだよ。ワンセグ。ぶっちぎってるぢゃん♪俺ヤザワ。そこんとこヨロシク!と盛んに決め狂って遊んでおりましたが、猫に小判、豚に真珠、猪野郎っ!に小沢真珠(笑)で、売り機能の使い方がまったく分からないという、当人ドンビキ周囲ゲラゲラ失笑的状況に直面しております。(考えたら自分の携帯もまだ危うい人)
bravia.jpg

真っ黒なぁ♪携帯を〜♪
眺めてわぁ♪厭きもせず〜♪
かといって触れもせず〜♪

まあこんなのマニュアル片手にお勉強しがてら、年越す事になりそうですかねえ。冬休みの宿題。先の軽自動車といい最近アイテムは増えたが、元より玩物喪志気味のワタクシ。使いこなさねばならない肝心な (私)は何処にいる?

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ...
ねえ。アイってこの場合、当然iモードの事でしょ?

あ〜いあいっ♪(あ〜いあいっ♪)
あ〜いあいっ♪(あ〜いあいっ♪)
おっさるさあんだよぉ〜♪(苦笑)
posted by まっぴら at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ひらけ!ヨンキッキっ!

kurogane4ki081223a.jpg

久々の模型ログ。このところ趣味方面の資金繰りに苦しむまっぴら御免。(笑)
いつぞやのハセガワのくろがね四起(1/48)は作ってしまいましたが、今度はピットロードから1/35のくろがね四起が発売されたのですね。正月休みにのんびり作ろうとここ最近購入したのですが、この車輌が持つ可愛らしいフォルムの魅力に負けて、フライングして仮組みし始めてしまいました。

くろがね四起...正しくは九五式小型乗用車は、「くろがね」の商標を持つ日本内燃機が帝國陸軍の指示で自動車学校研究部の以来を受けて開発した軍用自動車でありました。伝令や偵察に使用するために悪路を軽快に走行できる能力を、当時最先端技術であった四輪駆動にいち早く着目し開発されたそうですね。米国のジープより四年も早く完成したというのが驚きですが、如何せん生産台数は4800台と少なかったそうです。(バンタム・ウイリス・フォードをあわせると、ジープは64万8千台!)

kurogane4ki081223b.jpg

まあ戦争で飛躍的に進歩したモータリゼーション、日本自動車開発史上のエポックメイキングなんでしょうけど、模型は兎に角コロコロして可愛い。もっか頬擦りして愛でてます。(笑)

キットは意外と肉厚でした。取り合えず仮組み。願わくばドアの取っ手と牽引フックは別パーツ化して欲しかったけど。
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

甚三紅(じんざもみ)

先のブログ・ヘッダーの画像とは別に、新規で絵を描き起こしました。連作は特別意識しておりませんでしたが、ラクガキ帳/MY GRAPHIC GALLERYのNo.19「NOCTURNE」に端を発したガーディアン・エンジェル(守護天使)シリーズもこれにて打ち止め!って感じです。例年パターン化してきた傾向があり、描いていて、自分的にちょっと厭きてきたので。(笑) 再来年までに何か新しいアイデアを考えておきたいと思います。

jinzamomi.jpg

悩んだ挙句、表題にもある「JINZAMOMI/甚三紅(じんざもみ)」という変わったタイトルをつけました。髪はヴァーミリオン(朱)を基調にしたいと思ったのですが、思ったより柔らかさが表現できず、メインはピンクですね。原典は江戸時代の染物らしいんですが、別名紛い紅、または紅梅色(コーラル・ピンク)の事をこう読んだそうです。

画像を加工して年賀状印刷まで間に合うか?どうか...? 皆様、今年も残り10日を残すのみ。いよいよファイナル・ストレッチでございます。

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | すけっち・ぶっくろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

煮ブタをプロデュース...?


nibuta081217a.jpg

昨日帰宅すると、家人が豚のバラ肉を鍋に放り込み、みりんと醤油と酒・塩・胡椒、生姜の薄切りをいれ、3時間ほどぐつぐつ煮て煮ブタを作っておりました。「豪快だなあ」って傍目に眺めておりました。叉焼を思い浮かべ思わず食指が動いたんですが、煮が足りないという事でお預け。

nibuta081217b.jpg

本日やっと食卓に乗りました。スライスしてみると、このバラ肉は脂身が多かったです。(笑) ウチの子供には受けたんですが、やはりボクには脂っこい。次回はモモ肉でトライだそうです。

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

蟹を横目に...

kani081214.jpg

蟹なんて久しぶりに食ったよねぇ。(笑) 蟹缶すらしばらく見ていない。蟹の味を忘れた頃に戴き物をしたもんだから、つくづく運がいいというか...。
お正月まで取って置こうかと冷蔵庫に寝かしておいたのだけど、年末年始に向けて次第に収納物が増えてきて、ついに冷凍庫のスライド戸が閉まんなくなった。それで「少し消却しよう」という話になった。贅沢な悩みだ。。(笑)

しかし蟹が相手ですと、食卓が静かでいいねえ。皆黙々と。(笑) 時折「痛っ!殻が手に刺さった!」なんて。子供に剥いて実を与えていたら、自分が喰う分がすっかり無くなってたわ。ってかスカばかり残ってた。(泣)

残りはお正月。

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

大河「篤姫」(最終回)

「篤姫」の最終回を見てました。あおいちゃんは場所を動かず何だか立ったり座ったり、あるいは無理とも思える老けメイクに見とれている間に、明治の世を迎えた世間がどんどん動いて話が終わってしまったし、NHKにありがちな当たり障りのない静かなラストなので、特別映像的に見惚れるような感慨は動かないんだけど、小松さぁ亡き後の、西郷と大久保が良かったです。特に大久保を演じた原田タイゾー君、初出演にしてお見事でございました。

版籍奉還後の島津久光。やたら物分りの良い殿様だったですね。実際は酒飲んだ挙句、錦江湾で花火打ち上げたり、大暴れだったみたいですけどね。
そういえば回想のフラッシュ・バックで井伊直弼(中村梅雀)を見たときに「ああっ!こんな人もいた」とちょっとグッと来ました。この人も形こそ違え、国(徳川の世)を憂いてわけですから。

家庭ってなんなのか?壮大なスケールで考えさせられちゃう番組でございました。

願わくば手を振って視聴者の皆様方にバイバイしちゃうゆるゆるなラストではなく、あの原作小説を遵守してきちんとどういった歴史的役割を果して、惜しまれつつこの世を去ったのか、再確認出来るような描き方や構成が望ましかったけどねえ。

元大奥関係者の就職・縁組に奔走し、死後所持金はたった3円 (現在の6万円)しかなかったというその凋落の悲劇性。そのくせ哀悼の意を表して集まった弔問客の異常な多さという、あの原作小説の締めくくりをどういった手法で本編で描ききるのか?が、ずっと楽しみにしていたので、だから朝の連ドラのような清々しさすらする終わり方は、期待が外れてちょっと物足りなかった印象を受けましたです。
まあこれはボクの一個人的感想に過ぎず、あおいちゃんの天真爛漫な笑顔を売りにしたNHKの顔的...ひいては国民的人気番組だから仕方ないんだけどね。文句ぶう垂れると、きっとヒコクミン。(陳謝)

来年は「天地人」ですね。不勉強が災いし予備知識が乏しいので、これはこれで切り出し方が楽しみですけど。
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレ・ログ(TVlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苺のパルフェ

珍しく家族でショッピング。買い物なんて億劫だし、子供も家にいたりいなかったりと顔ぶれがなかなか揃わず、普段の休日など行かないですけど、通勤に使う先の車に少し慣れておかなければ...要は乗り回したくてしょうがない。(笑)

年末に向けての買い物がてら、COCO'Sというファミレスで昼飯を食おうと立ち寄ったら、ちょうど苺フェアやってまして。イクラ・スパとジャンバラヤ、ハーフケサディアを家族で注文。もちろん「苺のパルフェ」も食べてきました。 内容は苺と苺アイスが3玉。あまり普段甘い物を食べないので、結構ボリュームがありましたね。

ichigo081214a.jpg

しかし「パルフェ」って「パフェ」とは違うのか?「そこんとこどうなってんのよ?」ってウエイトレスのお姉さんに聞いたら、お姉さんも平然と「パフェ」って言ってましたね。(笑)

晩飯は戴き物のカニ。正月まで取っておこうかと思ったら、このところ冷蔵庫の内容物が増え過ぎて、ついに戸が閉まらなくなったので。(笑)
お金こそないが、話題は尽きない。こちらは後日取り上げたいと思います。

posted by まっぴら at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

小江戸巡回主力車輌

wagonR1a.jpg

年の瀬に来まして慌しくも通勤事情が大きく変わりまして、小江戸・川越がボクの主戦場となりました。それで通勤の足として自動車を利用しなければならないのですが、現在家には乗用車が一台しかなく、朝のひと時、家人とクルマの奪い合いっこという愚かしくも醜い状況が多々発生し始めたわけです。(笑) 自分の車は処分しちゃって久しいですし、前の勤め先では社用車を半ば暴力的にほぼ私物化していたわけですから。(笑)
 
仕方がないので安価な軽自動車を探しておりましたところ、家人が近所の修理屋さんで見つけてまいりました。大昔のsuzukiのワゴンRターボなんですがね。3ドアですのでたぶん2000年以前のモデルですか。ですからたぶん初代...。(1993-1998?)

なんでもお店の従業員の方々が集金など下駄代わりに使用してものだそうで、走行装置の整備に関しては完璧ならぬ鉄壁だとお墨付きを承りましたが、パワステはないわ、CDステレオはないわ、スペア・キーはないわ、豊富なものは走行距離数と掻き傷・へこみで、贅沢品は何にもないんですけど...くぅ〜っ(泣)

とにかく走りゃあいいんだよ!走りゃあ!って。

wagonR2a.jpg

タイヤはサーヴィスで新品に交換してもらいました。木製6穴のハンドルは前オーナーのコダワリでしょうか?見た目は落ち着いていますが、縁石など段差ではサスが固いせいか、手が滑ってすっぽ抜ける心配がありました。(笑)

取り合えず無事通勤の足は確保されました。あのぉ〜...車体は一応グリーン・メタなんですけど、ボクの眼がおかしいのか?どう見ても黒にしか見えない。ブラック・グリーン...?(笑) 

転がしがてらニックネームを考えていましたが、小江戸巡回にちなんでイーグル小バス(こばす)なんてどーだい?(笑)

posted by まっぴら at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

こだわり筆塗りヒコーキ

koukuu081207.jpg

JR新橋駅より徒歩5分。(または都営三田線内幸町駅より徒歩1分 )航空会館6Fエレベーター前スペースにおいて、有賀和雄氏の「こだわり筆塗りヒコーキ」が展示されております。
模型飛行機コンテストで優勝経験のある有賀和雄氏が、プラモデル専門誌用に製作した作例を含め、これまでに製作してきた20機以上の飛行機模型が一同に展示されているのですね。 昨日観賞してまいりました。
ボクはいつもエアブラシで簡単にびゅーと吹いちゃう人なんですが、この方は筆ですから凄いですよね。厚めに塗って乾燥後、砥ぎだすんでしょうか?(脚は全部真鍮パイプ等で作ってるんでしょ?)いずれにせよ圧倒的存在感が現出しております。皆様もお時間があられましたら、是非足をお運びください。

期間:2008年12月1日〜2008年3月末、日曜祝日を除く9:00〜21:00
場所:航空会館6Fエレベーター前スペース

問合せ先:日本航空協会 03−3502−1207
http://www.aero.or.jp/index.htm

kawasaki081206.jpg

観賞後は川崎駅近く仲見世通りの「PEPPER LAND」で行われるゆずこせう氏&降下猟兵氏主催の「川崎胡椒園」にお邪魔して、深夜まで遊んでおりました。久しぶりの参戦ですので、凄く楽しかったです。
posted by まっぴら at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

マイアミ・バイス

miamivice.jpg

昨夜は木曜洋画40周年記念。マイケル・マン監督「マイアミ・バイス」を観てました。ソニーを演じるドン・ジョンソン主演の「特捜刑事マイアミ・バイス」TVシリーズのイメージを壊したくなくて、劇場映画は敬遠していましたが、そこそこテンポが良くて面白かったです。考えたらTVシリーズもマイケル・マンが撮ってたんですよね。(笑)

【STORY】
マイアミ警察特捜課(Vice)に所属しているソニー(コリン・ファレル)とリコ(ジェイミー・フォックス)の二人が使っている情報屋の家族が殺され、情報屋自身も自殺するという事件が発生した。それと同時にFBIの潜入捜査官が潜入捜査中に殺されてしまった上、合衆国司法機関の合同捜査の情報が漏えいしているという非常事態まで発生する。二人は組織に潜入捜査官として進入するが...。


同監督作品、ジェームズ・カーン主演の「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」は結構骨っぽくて、パチーノ&デ・ニーロの味濃い「ヒート」も意外と好きだったりします。

リアルな技闘(コンバット・シューティング)は、監督が演技指導がするんだろうか? ソニーのバックアップ用のデトニクス・コンバットマスターをみた時、監督のTV版からのキャラへのコダワリを感じました。もっともこの監督「ザ・キープ」の独軍軍装品のコダワリも凄かった。

コリン・ファレルのワイルドでありながら、終止困ったような髭面。(笑) リコを演じたジェイミー・フォックス(タイソン似)のバネのようなしなやかさも格好良かったですね。往年の「黒いジャガー」をもしリメイクするなら、この役者に演じてもらいたいです。

来週は弾丸坊主〜ことチョウ・ユンファ兄の「バレット・モンク」。「B級でありながら...」と半ば楽しんじゃってる12chの番宣は目が離せない。(笑)
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

黒革の手帖

pocketbook.jpg

私観ですが師走っていうのは日本人の心情的には、まあ年の瀬と共に慌しくなる世間の波に揉まれつつ(熱燗と炬燵に想いを馳せながら)翌年を展望するといった風物的な印象もありますが、決意決起といったものが表出し易い時期なのではなかろうか?歴史的には西暦ではありませんが、元禄15年12月14日の忠臣蔵(元禄赤穂事件)がそうでした。「トラ・トラ・トラ 我奇襲二成功セリ」で御馴染みの真珠湾攻撃(日本時間1941年12月8日未明)もそうでした。ホントに私観ですけど、何か切羽詰った情感に働きかける、あるいは訴えかける民族的遺伝体質を祖先から引き継いでいるのではないでしょうか?

来年度の手帖を購入しました。自分で金だして買ったのは初めてじゃなかろうか。昔はこれとカレンダーはね。取引先の戴き物で困らなかった価値無きアイテムですが、昨今は景気の低迷の煽りからか?こういった多少値のはる品の戴き物は、まことにか細くなりました。頁をペラペラと捲りながら、なんとなく来年に想いを馳せております。まあ先の決起といった狂信的行動(例えは悪いが)とは比べものにならないぐらい指先の爪の先ほどのちっぽけな来春に向けての情熱ですけんど、形に置き換えてしまえば「ボクの決意の表れ」なんて、この税込¥1.449の黒革の手帖に収まる程度のものなんでございます。(笑)

店頭の棚に並んだ色とりどりのカラフルな手帖を眺めつつ、手にしたものが、何てこと無い安物のこの合成黒革のカバーを着た物でした。
「何故?」と問われても、心象的色彩がだったとしか理由が説明つかない。無論マニフェストといったこっ恥ずかしいものは何もなく、来期に臨む姿勢をこの物体に(たまたま)投影してみたかっただけなのです。

厄年という古い括り方でスケープゴートするならば、今年はボクはいい事が皆目無かった。ボク個人は肉体的に痛い思いすらした。(ほぼ自業自得ですが)
師曰く「四十にして迷わず」どころか、破るべき卵の殻の中で流動的な黄身の如く、迷走ばかり繰り返していた。

来年こそは...毎年言っている事でございますが。(苦笑)

良い年でありますように。

皆様も良い年を迎えられますように。


景気の低迷といった身を切る寒風の中、更なる飛躍の年となられますよう御祈念せずにはいられず、筆を取る...ならぬキーボードに向かいました。
posted by まっぴら at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。