2009年09月27日

治部少ヲ読ム

このところ夜な夜な何かに捕り憑かれたように模型ばかり作っていたので、ブログの運営がそっちのけでございました。どうもすいません。ちゃんと生きてます。<(_ _)>

さて、毎週楽しみに観ているNHK大河ドラマ「天地人」。小栗旬さん演じた石田治部少輔三成が関ヶ原合戦に敗北し、ついに刑死してしました。この武将は何かと線の細そうな経理畑のイメージがあるのですが、ここ最近手にした文庫本、桑田忠親氏の「石田三成」(中公文庫刊)を読むといささか印象が変わるかも。
ishidamitunari.jpg

過去伝奇小説としては尾崎士郎氏の「篝火」や、司馬先生の「関ヶ原」などが有名ですが、現在語られる三成像が、江戸時代、徳川全盛期の御用学者の手によって故意に歪められ、捏造されているのではないか?という検証本なんですね。豪勇の武将ではないにしろ、忠節の臣であるには違いなし。また領地に群生する葦・よしずの刈り取りに運上銭を課し収益を倍化し、秀吉から無駄な加増を断った話や、唐入り(朝鮮出兵)に出兵する軍船四万艘(!)を無駄なく滞りなく兵站輸送をさせたという卓抜した頭脳といい、現代の会社企業にも稀少であろう類稀無き管理能力の持ち主ではなかったろうか?と様々な文献を引き合いに出し、実在の三成像を推理・検証する内容でございます。

明治40年、東京帝國大学の墓所発掘調査で出土した三成と思しき人骨は、「優男の骨格・頭形は木槌型・反っ歯」という資料が残されています。どことなく強情で青二才の臭みが抜けない方が三成っぽいですけどね。でもね。血液型はきっとA型に違いない。(笑)


posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブック・ログ(読書棚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

1/35MM ドイツ・ホルヒ・タイプ1a

horch.jpg

先のマチルダに引き続き、魅惑の北アフリカ幻想は、古き良きタミヤ1/35MMの「ドイツ・ホルヒ・タイプ1a」に移行しました。正しくは「統一型4×4大型乗用自動車」という呼称されるそうで、ホルヒ社以外でもヴァンダラー社が生産を手掛けていた多目的車輌です。定員数8名を乗せる大型ボディは、出力81馬力のホルヒ3.8リッターV8エンジンを搭載して最高速度80km/h。四輪独立懸架、四輪駆動、前輪に加えて後輪でもステアリングできるという四輪ステアリングの複雑な機構を持ち込んだシャーシは、初期のドイツ軍のSdkfz221、222、223系列装甲車にも流用されたそうです。
horch090917c.jpg

模型自体は完成するとひどくガランとした車内。いささか殺風景な印象さえ受けましたので、搭載備品をガチャガチャと過剰...やけくそ気味に搭載し、砂漠という苛酷な環境を走破するだけのサヴァイビリティさとタフネスさを再現したつもりです。
塗装のダークイエロー。帝國工業規格43年のココア・ブラウンではなく、41年のグリュンブラウで塗装。降り注ぐ直射日光と砂嵐のコンパウンド効果により、塗膜の色褪せた褪色表現には若干の白を加えました。更には下地のシュバルツグラウ(ジャーマン・グレイ)が剥き出しになる擦過剥離ですね。北アフリカ戦線初期は前線にサンド系塗料の供給が間に合わず、イギリス軍やイタリア軍の塗料をかまわず使用したそうです。
horch090917a.jpg

ほとんどの搭載備品はジャンクパーツからチョイスしましたが
本当に自分が遠足かキャンプに出かけるような錯覚を覚えてしまいます。(笑)この手のデコライズは割と小火器偏重に陥りがちですが、長躯進撃ならば、食料、飲料、生活雑具の比重が高いはずですね。
普段ドイツ軍を作らないのでドイツ・ジェリカン・セットなんて、何年...いやいや十何年ぶりに買ったのだろうか?結局全部使っちゃいまして、実はまだ足りない。ジェリカン=Wehrmachtskanister (国防軍ガソリン缶)の実物は20ℓ入りだそうです。通常ガソリンなど揮発燃料と飲料水缶の2種に分けられますが、しかしながら積載する場所はパズルの様に頭を悩めます。ちなみに飲料水ジェリカンは、極細チェーンを垂らして、先にコップをつけています。(笑)過剰に積載した後に、晴れてMG34対空機銃が搭載出来ました。
ボクのドイツ的イメージ(偏見)なんですが、彼等の神経質とも思える几帳面な国民性を考慮して、雑然とは積載せず、どんなに苛酷な環境にあってもやはり几帳面に規則正しく整列させたのではないかと。(笑)

horchi090914b.jpg

MAPはヴァーリンデン製のシートから。この車には実は盲点があって、リアはタイヤ・ハウジングが干渉し、意外と嵩張った物が積み込めないのに、今更ながら気がつきました。ですから後半積載部品の位置決めには結構苦しみました。後部の幌を塗ったら完成です。





posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

長月ブンガク藪蛇蕎麦

jigokuhen.jpg


あれっ?多襄丸(TAJOMARU)ってなんだっけ?

小栗旬さんの映画...CMスポットを観て...いや、正確にはフレーズを耳で聴いて、ついに思い出せない。トイレでも風呂場でも職場でも一所懸命思い出そうとするがついに思い出せず、結局NETで調べましたが。ああっ!そうか!芥川龍之介の小説「藪の中」の登場人物であったね。先月から大衆小説から脱却し、純文学に挑戦し(笑)偶然芥川龍之介の「羅生門・鼻」を読んでいたところなのだな。「藪の中」は「今昔物語集」の中の一説話が物語のベースとなっている。一方、黒澤映画の「羅生門」の大筋は、小説「藪の中」がベースになっている...う〜ん...混沌(?)

何故「羅生門」を読もうと思ったのか?小説の一節を借りるならば「読みどころがなくて途方に暮れていた」というのが適当である。その上高校の教科書で一度学んだ事も少なからず、まっぴらさんの Sentimentalisme に影響した。(笑)←いや、小説の一節そのままですが、王朝文学にしては雅には程遠く、頬の腫れ物を気にする下人と死者の髪の毛を梳く老婆が織り成した諍いは、人間の生存とか業とかまざまざと浮き彫りにし「随分と暗い話だなあ〜」というのが当時の感想。やっている事は形こそ変われど、現代においての老人ばかりを狙った引ったくりや俺俺電話詐欺と変わらないわけだし...。

しかしながら短編ながらその芳醇な文体は、この歳になって視覚に良い刺激を与えます。その映像化はたぶんどのような巨匠や映像作家がメガホンを取ったところで、まず小説退廃感を越える事は無理だろうね。この秋口の暮方は芥川文学にどっぷりでありましょうや。

posted by まっぴら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブック・ログ(読書棚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

待ちどおし

幾分涼しくなって創作意欲が湧いたのか、久々に模型工作三昧。それもフルスロットルでした。まあ部屋を散らかした分だけ、後片付けもしなければいけないのだ。(笑)
 
それとここ数日、珍しくNETゲームに凝っていまして。これが実は内容は「畑」なんだよね。mixiアプリなんだけど野菜栽培のシュミレーション。(笑) 
植えた物に水をやったり肥やしをくれたり消毒したり...収獲まで気が気でなくて、他は何にも出来ません。疑似体験ものめり込み過ぎて、すっかり気分はNET農家。(笑)しかしなんでもゲームになるものであります。近況はそないな感じ。おそらくは軽蔑や憐憫の声も多かりしでありましょう。

kuri090906b.jpg

後変わった事といえば、裏の栗林の地主と親しくなりまして、更に3kgほどバック・オーダー。これが非常に美味しいのでそちこちにお裾分けを含め。
寝入りばなは茹栗を噛みつつ黒酒(くろき)の杯ならぬシーヴァス・リーガルなどをオン・ザ・ロックでちびちび舐めながら芥川の「芋粥」などを読み耽る。一服したさにベランダに這い出て夜風に当たり、秋口の橙黄橘紅に想いを馳せる。首を伸ばせば味覚の秋はすぐそこ。

あっ!いけね!茄子の収獲が...!(笑)


posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

歩兵戦車 Mk.II マチルダ(2)

machilda090902a.jpg

いつの間にかもう9月でありました。久しぶりにハードな塗装作業となった、タミヤの1/35MMシリーズ「歩兵戦車 Mk.II マチルダ」。
ここ最近は小さい模型ばかり作っていましたので、この程度の大きさでも塗布面積の広さばかり感じます。英軍特有のカウンター迷彩塗装であったら、更に難行苦行な作業であったことでありましょう。側面は平坦になりがちなのでエナメルのレッドブラウンを塗ったくって、錆汁とも、湿泥とも、漏れ出した潤滑油に埃が集ったとも、なんとでも受け取れる思わせぶりな効果を狙いました。実際ここまでくどくは汚れませんけどね。(笑)
machilda090902b.jpg

完成はまだ先の事。まだ数多くの細かい作業が残っております。

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。