2010年01月29日

久々の改造人形工作

特別話題もございませんが、例年お邪魔する模型展示会が近いせいで、内なる模型道楽が過熱しております。以前取り上げましたS.A.Sジープの改造人形工作に着手しておりました。このタミヤさんのMMキット。正しくはこの兵隊たちは運転席/助手席に座像として付属しているのですが、車輌単体に焦点を当てたく今回は制作を見送ろうかと思っていたところ、マイミク某氏の「寂しいね。」とのお言葉に奮起し、制作を開始した物。下半身は流石に改造できませんでしたので、別の英兵と挿げ替え工作を行い、急遽立像として工作しました。
fig100126a.jpg

大まかな着色まで至るものの、ターバンの着色はまだ一考中。ほんとに白でいいのか?って悩んじゃったんです。イスラムの文化圏では確かに身分を明確化する表示機能もありましたっけねえ。生地や色により、出自とか部族とか微妙に違う宗教団体。まあ兵装ですから目立たない...遠方から狙撃されないよう風景に溶け込む色がベターなんでしょうけど。

グラブはね。調べてみますと、北アフリカ戦線では猛烈な直射日光で車の表面部品が焼けます。素手では危険が伴う温度。火ぶくれ防止のために溶接用グラブを使用したそうですね。自分が現在市販の物で知る限りでは、厚手で表面こそスウェードっぽく起毛はしているものの、割りと低級でガサツな仕上がりでした。概ね豚や牛の屑革でしょう。色はグレー。

ですが、アメリカの牧童が使う革軍手を意識して塗装を施したので、カウ・ハイドを標榜。着色はイエロー。単に色彩的見栄えの問題です。
英軍(トミー)の装備によりその呼称の言われとなったトミーガンこと、正しくはトンプスン短機関銃M1928を持たせてみました。ドラゴンの武器セットからチョイス。キット付属のトミーガンは後年の生産簡略型のM1A1ですから、考証的には正しくない。片方の兵隊はボックス式弾倉ではなく、よくギャング映画で使用されるシカゴ・タイプライター=ドラム式(円盤型)100連発弾倉を装着させてあります。あと画像からは見えませんがお尻にはククリ(グルカ・ナイフ)を装備。あとは若干の追加工作と更なる塗装。双眼鏡や防塵ゴーグルの接着を残すのみ。

同様に昨年完成したドイツ・ホルヒタイプ1a 統一型4×4大型乗用車にもドイツ兵の立像を用意しました。ユニフォームはかなりの色褪せを再現しています。直射日光など厳しい生存環境ゆえの褪色かと思っていたところ、熱帯トロピカル・ユニフォームの出現以前は、土地の色に合わせて偽装するために、軍服を各自ガスマスク・ケース付属の塩素系薬品で脱色漂白してしまったそうな。現在これを塗装中。...と近況的はこんな感じ。普段忙しいは忙しいので現在休みはこの作業一本槍なんですが、果たして
展示会まで間に合うかどうか...?

fig100126b.jpg





posted by まっぴら at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

イソガシスト

月末までやたらと忙しいであります。更新が進まず申し訳なし。

本日は地区・班の清掃当番。朝も早よからゴミ捨て場にカラスネットを張り、自宅のゴミを出し、「行ってきます!」とその足で通勤したところ、作業着を入れた袋を自宅玄関先に忘れるハプニング。(だって会社の駐車場で気がついたんだもん) 慌ててとって返して30分の大遅刻。
まったく朝からワタシャ何やってんだか...?


posted by まっぴら at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

てなもんやS.A.Sジープ

sasjeep100121a.jpg

模型キットの解説を読みまするに、W.W.U北アフリカの砂漠を疾駆した英軍特殊部隊SPECIAL AIR SERVICE(S.A.S)の任務は、展開した敵ドイツ軍占領地の後方霍乱なんてありますがね。「DFをDFせよ」なんて言葉が残されている。要はデザート・フォックス(砂漠の狐=エルヴィン・ロンメル元帥)の居所を、デレクショナル・ファインディング(無線方向探知)せよとの意味だから、この人達はガチでロンメルを殺りに行ったんだね。

アホか?と思われるような斯様で過激な重武装を施した特殊ジープで、最前線を大きく迂回。数百マイルの砂漠を走破し、飛行場に殴りこんでは駐機した航空機を銃撃・爆破、時として手斧やダイナマイトで機内コックピットを破壊して、ブイブイ逃げちゃう。その嫌がらせにも似た戦果たるや実に300機以上あったと言われているのだけど、実際のところ眉をたっぷり唾で濡らして聞き及んだ方が良さそうな...
兎にも角にも当時のドイツ・アフリカ軍団にとってはまこと迷惑至極なイギリス・S.A.Sジープの模型を現在作っておりました。元日からのお年賀モデリングを、今の今まで引っ張っております。

sasjeep100121b.jpg

まあ煙草の箱ほどの小さい模型ですが、始めると意外と病みつき。苛酷な環境下で生存に不可欠な生活調度、山の様な過積載。想像と妄想が夜な夜な凝縮する。それにしては野蛮で汚い結晶でありますがね。(笑)

posted by まっぴら at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

志学と不惑の塊ダマシイ

昨夜の事ですか。高校生になる子供が「電気シェーバーを貸してくれ。」とボクの部屋に来た。このところ急にヒゲが濃くなり、気にしているんだと。子供の成長は頼もしい反面、寂しさも体験する。これから上り坂の人間と、ともすれば下り坂へと進む人間がすれ違う局面なんだろうな...。

vis100110a.jpg

論語の云う処、子曰( し い)はく、「吾(われ)、十有五(じゅうゆう ご)にして学(がく)に志(こころざ)す。」

しかし自身の生活を律する気持ちはまだ子供そのもので、朝などこんな感じでいつまでも布団から起き出そうとする気配が無い。親父の怒声が飛ぶのはだいたいこんな時。今日もどやしつけてやろうかと子供部屋を強襲したところ、びいさんがちゃっかり子供と同じ布団で塊魂(かたまりだましい)状態。面白いので写真を撮影しました。同衾というヤツですか。(笑)

そうそう。びいさんがすっかり子供部屋の同居人になりまして、ここが大変気に入ってしまったみたい。子供のベッドに大の字で寝転がり、TVを観賞したり。(笑) 下手すれば子供が犬に気を利かせて床に布団を敷いて寝る始末。いい加減にしろよ。お前等...。でもびいさんトイレは1Fダイニングのフロアの一角。ここに吸水シートを敷いてあるんです。深夜尿起きする事数度、びいさんは寝惚けマナコで階段をとことこと駆け下りていき、用を足すとまたここへ戻ってきて夢の続きを見る事になる。なんだか人間様とあまり区別がありません。

vis100110b.jpg

さて、近況としましては、仕事がなかなか忙しくて普段の宵は更新まで力が及びません。例年の模型の展示会が2月に控えていまして、それに向けて夜半ごそごそ何かしらやっていたりします。今は年賀制作から引っ張っているタミヤのS.A.S.ジープ。W.W.2.アフリカ戦線においてドイツ・アフリカ軍団の後方で破壊活動を行っていたイギリス軍の特殊部隊が使用したジープですね。このジープを手掛けるのは、もう何十年かぶり。
再び論語を持ち出して、その云う処「四十(しじゅう)にして惑(まど)はず。」

不惑も半ばにしてのS.A.S.ジープっていうのも、正直なんだかな?って感じです。技術的には進歩しているのだけど、発想の出所自体が子供と同じだしな。(苦笑

sasjeep100110a.jpg
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

新居近くの古き神々

osechi10101.jpg

早速、豪華おせち料理を堪能致しました。野暮用があり車で出かけようかと思っていたので、お酒は飲まず。最もドタキャンしてしまったので、まったくの空振りの配慮でありましたが。

引っ越した先で初めての年始を迎えた我が家なわけですが、地元とはいえ幹線道路周辺以外はまだ地理に疎いせいか。初詣すべき神社の場所がよくわからない。(笑) TVのCMで見かけるように大社で拝めばさぞご利益もありそうですが、やはり地元を大切にせにゃあかん。苦慮した挙句駅前で格式のある氷川鍬神社に詣でてみようかと子供と相談し、自転車を漕ぎ出したところ、なんて事はない。我が家のすぐ裏手に権現さんがあったんだよね。幟が上がっていなければ気が付かず通り過ぎるところでありました。(笑) 現在新しい幹線道路の工事が始まっているので数年前から雑木林など盛んに切り倒しておりますが、その際古い社を取り壊して、数100mばかり横に移転したんだよな...。便利さの片隅で、神々の肩身も随分狭くなったものだわ。
jinjya10101.jpg

ここでお参り。しかし愛宕神社って名称はあちこちにその名前を見かけます。なんでかな?って思って帰宅後検索して調べてみると、愛宕信仰(あたごしんこう)からきているんだってね。神道における火防の神(火産霊命/カグツチ)に対する信仰。京都市の愛宕山山頂に鎮座する愛宕神社から発祥し、日本全国で「愛宕」を社名につける神社は約1.000社を数えるそう。
昨年の大河ドラマ「天地人」の直江兼続が、兜の前立に「愛」をまとっていた理由の説の1つとして、愛宕信仰説があるそうです。昨年に限らず、不変的テーマとして今年も「愛」だろ。(笑)

ま、「今年は」と言わず、ひとつ末永くよろしくお願い致します。

jinjya10101b.jpg





posted by まっぴら at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年2010

はつはるのお慶びを申し上げ候

平素のご無沙汰を
 お詫び申し上げるとともに
 尚一層のご厚誼をお願い致します


平成22年 元旦    まっぴら倶楽部録!/まっぴら御免なすっ亭

postcard2010b.jpg
本年向けの年賀状画像、解禁でございます。
posted by まっぴら at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする