2010年02月26日

労斯莱斯 銀魅的 裝甲車輌

British Armoured Car.jpg

やはり中文は正しく出力されませんねえ...。

このところ模型の購入は意識して控えているのだけど、こればっかは露見しても浮気が辞められない人のスリルを求める心理とか、あるいは毎度の二日酔いで「酒はもう辞めた!」と翌日の誓いを繰り返し破る心理によく似ているのでしようかねえ...。ついつい買ってしまいました。
RODENの「British Armoured Car」ですね。

ボクはクラシック・カー自体はあまり関心や興味がないので、ロールスロイスって言われてもあまりピンと来なかったんです。実車は前世紀初頭のアラブの叛乱等に投入されていたことから、辛うじて映画「アラビアのロレンス」に登場したことぐらいは知っている。でもまさかW.W.Uの北アフリカまで使用していたのは知りません。保守的思考から脱却できず使用兵器の近代化に極めて消極的な英軍の、その物持ちの良さに感心というよりは半ば傍目に呆れ顔で見送っていたのです。

Rolls-Royce_Armoured_Car_1920.jpg
ですから形状の古めかしさゆえに、自動車というよりは、遙かに鍋・釜・薬缶に近い存在と悪口を散々mixiに書いたのだけど、よくよく調べたら原型車のロールス・ロイス シルヴァーゴーストはdでもない世界的名車だったのを知りました。ロンドン〜エジンバラ間レースやアルパイン・トライアルなど、ほぼ独壇場の活躍だったんですね。大正天皇〜昭和天皇(幼少時)の御料車も務めあげた程とか。
RRAC_Bardia_1940.jpg
マチルダ、ホルヒ、S.A.S.ジープに始まったノース・アフリカン・フィーバー。ますます温度は上昇し、正しい処方を施してもしばらくは解熱の見込みなしと言った感じです。(`^´)>.。
posted by まっぴら at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

絹更月御本暦一杯綺言

きぬさらづきごほんごよみいっぱいきげん...
このところ本屋ばかりに貢ぎっぱなし。とほほ...。

shinkengouden.jpg

ええっと。新潮文庫の「おとなの時間フェア」。中山義秀著の歴史剣豪小説「新剣豪伝」(新潮文庫)を読み始めました。戦国時代から幕末期まで並み居る剣鬼が総登場。伊藤一刀斎、根岸菟角。小野忠明、富田勢源、山岡鉄舟...etcetc。第一話となる「師岡一羽の三人の弟子」。ここでの遺恨話が後述(後年)の短編に微妙に絡んでいくのが面白い。流派は人の手を経て処と時代を変え、脈々と継承されていくものなのだ。半世紀近く前に鬼籍に入られた筆者ではありますが、現代文壇で語り継がれる剣豪小説家に比肩する筆致力とお見受け致し候。白刃が行き交う刹那の中に花開いた漢の誉れ。
兵法は昔は「のぼり兵法 くだり謡曲」と云われたそうだが、各登場人物が何故小田原〜三島間に多く出没するのか?後北条氏の滅亡、家康公の江都入府以降は東海道小田原宿は急速に寂れたはず。残念ながらそれを推察する眼力はボクにはまだ備わっていない。

sandavsgaira.jpg

ディエゴスティーニも11弾目ですか。「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」が発売されました。映画スチール等でメーサー殺獣光線車などは知っていましたが、動いている映像を観たのは初めてでした。猿人ではなくフランケンシュタインの細胞から分裂して巨大化した人造人間なのですね。凄い。人をボリボリ食っちゃうんだね。あの当時(昭和41年)はセンセーショナルな映像であった事でしょう。陸自に追われて山奥から人里に逃げ果せるガイラ。あんな猿のデカイのが裏山からドタドタと駆け下ってきたら、さぞや迷惑だねえ。また自動車なら兎も角も、耕運機に乗って悠長に逃げている避難民の姿がよく分からない。(笑) まあ子供の頃観たら、激しくトラウマになっちゃうかもしれないです。

Img_4439.jpg

本日辺り、TVはバンクーバー・オリンピックでの凱歌と、名優:藤田まこと氏の訃報一色でございます。我が家は母親がようやく回復したことから、先週より先延ばしになっていた誕生日を祝い、夕食は鍋、デザートはケーキを食しました。...と、まあそんな感じの近況だ。
posted by まっぴら at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブック・ログ(読書棚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

スノーフレーク

Img_4436.jpg

朝起きたら、そこは雪国だった...。

今年はなんだか雪がよく降るなあ。しかし朝方から降りだした雪だったようで、路上凍結等の危惧は何もなかった。昼前には溶けてしまったので、跡形も微塵も他愛もない。溶けて流れりゃみな同じ。(笑
posted by まっぴら at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

15th MMC

15thmmc.jpg

先の14日(日)の事でありますね。当初仕事の関係で土曜日参加の予定でありましたが、感染性胃腸炎でダウンした為、事前にドタキャン。しかしね。例年ゲストでお邪魔しておりますし、体調の回復を見せた土曜日など悔しくてしょうがない。それで日曜日急遽参加させて戴きました。MMC(三鷹武蔵野模型クラブ〜第15回「模型を捨てられない大人達の模型展」ですね。年始にほろ酔い機嫌で作った模型の発表の現場でもありますが、模型関連でお知り合いになったこの方面の方々が大勢一同に解します。彼等この場で培ったモチベーションを維持しつつ、桧舞台である5月の静岡ホビーショーになだれこんで行く...まあ前哨戦なのでありましょう。

15thmmc03.jpg

筆一師匠の1/32R.A.F.SE5a。ウイングナットウイングス製。映画監督ピーター・ジャクソン・プロデュースなんですか?ちょっとよく分かりませんが...。タミヤの新製品スピットファイアMk.\cや、昨年のBf110C-7も素晴らしかった。

wb50d.jpg

小林さんのWB-50D。B-50改。アカデミーですか。

faw1.jpg

浅川さんのデ・ハビラント・シービクセンFAW1。その他零戦機多数。こちらも見事な仕上がり。

carl.jpg

T沢さんのカールグスタフ自走臼砲&W号弾薬運搬車。フランス、マジノ・ラインを攻略する為に開発された120t大口径自走砲。独ソ戦におけるセヴァストポリ要塞攻略や、ワルシャワ蜂起の際にも鎮圧として投入されました。

15thmmc01.jpg


15thmmc02.jpg

15thmmc04.jpg

ゲストの方なんですが、この方の作品の登場で一気に会場の雰囲気が盛りあがります。5味様。この1/72作品、W.W.T.英仏連合軍の集積地となった波止場を舞台に繰り広げられる群像劇とでも申しましょうか。船酔いして具合の悪い水兵を迎えにくる救急車など実に細かい。圧巻です。

力作ばかりで紹介したい作品はヤマほどあるのですけれど、画像の枚数が法外で容量が苦しい。ですのでmixiのフォトの方にUPしております。(それすらまだ途中) こちらでは機会がありましたらまた何れ。

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

遙かなりミタカヤマ

sasjeep100213.jpg

まっぴらは今回非常に参ったのであります。他の方への感染を危惧して、1年間楽しみにしていたMMCに行けないのであります。(号泣) 完成はしたものの、もっか手持ち無沙汰なS.A.Sジープ。ボクは相変わらずお腹がゴロゴロしています。びいさんも心持お腹がゆるいのですが、これは気のせいでしょうかね?現在表は雪がパラついております。例年「ミータカヤマ登レ」と駄洒落を飛ばしますが、今年はやたらと遙かなり三鷹山...。

sasjeep100213b.jpg


posted by まっぴら at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

感染性胃腸炎の猛威

新型インフルエンザに続く感染症として、もっか下馬評が高いのでありましょう。だけどノロ・ウイルスとは一概には特定出来ません。採便し然るべき医療機関に提出、。その結果判定に数週間ほど待ち、おまけにその検査依頼料は保険が利かず実費だそうですね。ですが概ねこのウイルスでしょう。

火曜日の晩、母が発症。発熱と腹痛、下痢、嘔吐。あまりにひどいので救急車を呼んでしまおうかと思ったほど。翌日会社を早退し、医者に送迎して点滴処置をしてもらいましたが、昨日ボクも罹患して発症。いきなりの39.4℃の発熱と下痢と嘔吐。七転八倒悶絶し苦しんだ挙句、今日を同じ医院で点滴を受けてくる羽目になりました。薬のお陰で今は多少楽になりましたが、他への感染を危惧して、この週末楽しみにしていた模型展示会もキャンセル。自室で消毒用アルコールを片手に療養ならぬ自己隔離している事になりました。

今更ながらこのウイルス、最強にして最凶です。皆様もお気をつけ下さい。ちなみに週末に検定が控えている子供は到って元気です。ナントカは風邪を引かないの例えあり...まあ風邪ではありませんがね。(苦笑)

posted by まっぴら at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ポギヤンニョンジャン?

Img_4293.jpg

どういう流通経路なのか?皆目検討がつきませんが、ハンウルという会社の「ポギヤンニョンジャン」という、まあ、要は“キムチのもと”を職場で戴いたわけです。それもご丁寧に40袋ほど...(笑

タコぶつに浸けて食べたら、確かに美味しかったのですが、人はタコぶつのみに生きるにあらず。
もうすでに厭きてしまったタラコ唇(ひりひり)のまっぴら御免。

あと39袋...どうしよう...?ちなみに賞味期限は今日までです。(笑)


posted by まっぴら at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

キ・サ・ラ・ギ・ノ・ヲ・ト

早くも2月に突入してしました。今年も残すところ、後...(@~@`←バキ)
深夜枠的アニヲタにはなるまいぞ...と思っておるのですが、マイミクさんに「君向きの番組だよ」と言われて、それ以降首までドップリであります。テレビ東京系にて放送中の「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」ですね。
Kalafinaの歌う「光の旋律」にのせて流れるOPの美しさに舌を巻いてしまいました。グスタフ・クリムトの作風を意識しているのか?金箔を乗せるような処理に妙な新鮮味を覚えたね。



OPの尻の見事さ...ではなかった!(汗)映像的官能美とは装いを変え、お話は軍事ネタ(独軍のスイス駐留のような)なのですが、砦を守る5人の乙女達...むむっ。これでいいのか?まだ放映回を全て網羅していないのでありました。(苦笑) まあこの先機会があったらコミックスの方も読んでみようかと思います...と、もっか先の決意とは裏腹に、ズルズルと深アニ廃人の道をひた走りつつあります。だってメカヲタのノエルちゃんに、エヴァの綾波の匂いが...。サービスサービス♪(笑)

このところの交信...ならぬ更新途絶期間中には、親父の命日がきたり、珍しく積もるほどの雪が降ったりといろいろとあったわけですが、今日は久々にジーンズを買いました。(笑) 
REDTAB703。まあ5%OFFでしたので久々のLEVI製品の買い物なんですが、W/33という表記に軽い眩暈の様な敗北感を覚えます。(笑)

redtab703.jpg



posted by まっぴら at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。