2011年11月30日

フォト・フレーム

Img_6631a.jpg

先の煌びやかで奥行きが美しい名画3-Dポスト・カード。、アルフォンス・ミュシャの「黄道十二星宮」を飾りたいがために、額縁やらカードケース等を家探しましたが、手頃な物が見当たらない為、結局フォト・フレームを新規購入してしまいました。版が大きい物にも使用していますが、このメーカーの物が割とお気に入り。R(アール)をつけたアルミ製フレームが気に入っていますが、思いのほか重さは無い。あっ!我が「翔女漫禄」の原画と決して見比べないでくださいね。見劣りするから。(笑)

昔の拙漫画原稿...その原画を復刻するに辺り、多少ネームの変更を余儀なくされる為、最近とみにスキルの衰えつつあるWordと格闘し、原稿用紙に写植を打ち出してみました。パソコンの普及で随分お手軽な作業になりましたが、フォント・サイズは...もう現場合わせですね〜。行間の微妙な1mmほどの間隙を、カッターで切り詰めて吹き出し内に貼ったりするアナログな作業です。(笑)
少年誌でしたので、再現しようとすると当然漢字にはルビがふられます。

漫画の写植って不思議なもので、漢字はゴシック調、ひらがな・カタカナ・ルビは明朝体。(で太字) この約束事が昔からボクは不思議でねえ...。現代ニホン語と多少のギャップを感じます。80年代はダベリの頭に「超〜」なんて乗っからなかったよねぇ。(笑) 僅かではありますが、当時の編集さんの苦労が身に沁みて分かる作業でした。今はデジタルで処理出来ちゃうんでしょうね。細かい作業を絡めると正直きりが無いので、年内の作業は頁半分ぐらいで止めておきますけどね。(笑

Img_6630a.jpg
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

エンショーハンノー

本日も仕事の帰りに入院中の息子を見舞ったところ、絶食が解け食事の許可が出たとの事。加えて明後日に退院が決まったそうだ。この度はご心配をおかけ致しました。採血の結果、抗生剤の点滴投与で9.000近くあった白血球の値が4.000まで落ちたそうだ。炎症反応はまだあるのだけど、排便等には支障が無く、次第に沈静化するであろうと看護士の見解。ついにお腹にメスが入らずに良かった良かった。

明日はボクの方が再検査。近年は体調を省みず自業自得の街道を驀進してしまった結果、吉が出るのか?凶が出るのか?
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

無冠の赤兎馬〜最後の咆哮

一昨日、虫垂炎で入院した愚息の入院手続き等に何かと忙殺されていたが、現在就活中の息子は18歳。同じ年齢の頃のボクは、午後の授業をホカしては、漫画出版社に持ち込みに足繁く通っていた年齢だったなあ...。まあこの若輩者は辛うじて佳作デヴューは果たしたものの、その後泣かず飛ばずで見切りを附け、TVゲーム開発稼業に転がり込んだ。それからも右往曲折続きであったが、世代は確実に一回りしてしまった事を思い描くと、うっとりと目頭が熱くなりますですなあ。
...という事は...だ!ボクの今の年齢が当時の担当記者さんの年齢?
嗚呼!歳は取りたくない。しかしただでさえ喰い盛りの生意気な稚魚風情が、茶水〜神田〜水道橋方面をフラフラ周遊している関係で、打合せもそこそこに、やたらと飯ばかりゴチになっていた記憶はあるなあ。その事は脊髄反射的に思考よりも口蓋や胃袋の粘膜の方が記憶していて(笑)この歳になっても大変感謝しております。(礼

Img_6627b.jpg

先年スポット生産品として市場に出回ったタミヤのYAMAHA RZV500Rの模型キットを引き取ってきました。世界GP500クラスで3連覇を果たした“キング”ケニー・ロバーツが駆る、最新型ファクトリーマシン“YZR500(OW61)”のレース・レプリカとして産み落とされた血統の良さの割には、販売面ではまったく振るわず、2ストロークの市販スポーツモデルとしては最後の玉座となった悲劇的な名馬。(現在は4ストロークマシン主流) 現在改稿中である昔の執筆漫画のデッサン用として購入しました。
これを魔改造して駆る女ライダーと、メカに強いG・Sボーイの他愛無い読み切り作品。これが現ブログヘッダー画像のほぼ原形だったのです。その後数本手掛けた読み切り作品や短期集中連載の中では、この作品のライトさが一番好きだ。年齢的にもムチャな背伸びといったものが無く、ほぼ等身大だったのではなかろうか?ただ執筆当時の自分に纏わる周辺の空気や事柄の多くは忘却の彼方...もう一切合財何も憶えていない。
何せ25年前...。参考背景としたK瀬さん経営のスタンドはその跡地すら無くなり、F小学校前の400m直線道路といった市内の風景もことごとく変貌を遂げてしまった。今はスタンドだってセルフ化され無人に程近いし、携帯・スマホ等、情報端末の目まぐるしい変遷。なんてたって眼鏡のフレームの形状すら大きく変化してしまった。「結局変わらなかったモノはなんだろう?」と考えると、どの時代もどの季節も奔放な若者達が繰り広げる惚れた腫れたのラヴ&セックスと、青空だけなのかもしれないなあ...と晩秋の高い空を見上げながら真剣に思ったりした。ちょっと涙目になったりして。(苦笑

Img_6624b.jpg

漫画を離れた後もゲーム会社の絵仕事で喰ってきたので、スキル自体はそののちもある程度の進化を遂げたものの、改稿に際しては当時の稚拙極まりない絵ヅラとまったく絵が合わないのが最初の壁。(笑) 
おかげで修復の作画作業はほぼ全面リライトになりました。「極力、ネームはそのままに」と自らに架したのだけど、まあ多少はやむ負えないかなあ...?(笑) 欲を掻いて2頁ほど増えたし。ちょっとした頭脳ゲーム...いや、神経衰弱。文字通り頭髪もろともすり減らしていく。

Img_6625b.jpg

作業はやっと半分近くまで漕ぎ付けましたが、相当の難儀が要求されます。25年に及ぶブランク、考慮の外のいきなりの30+α頁というのは、マッターホルンの垂直に切り立った崖を攀じ登るような気の遠くなるような作業。仕事から帰宅した後、就寝までの深夜プラス1、机に齧りつきますが、2コマ・3コマで気が散りそう、歯根は緩み目はしょぼつき、意識が吹っ飛びそうになりますやね。まだ後3ヶ月ぐらいかかりそうだ。(笑) 

ボク的にはまあ乗りかけた舟。あくまで自己満足用としてこの元プロ@バブル前は意地になっている。実利さえ考えなければ、本当に好きな人は老後の趣味でだってできるはずだ。取り分けこの夏場は最近の邦画ばかり観て、若いアクター達の演技やしぐさ、素振りばかり観て過ごしていた。これで作り手の心に火が点いた感じがする。

IMG_6628b.jpg

当時の若気の至りは現:営利的野心には結びつきようがありませんが、楽しみ方としてFlashのスライドショー・ビューア機能など上手く活用できると、個人的には今後面白くなると思うんですけどねぇ。

...と表題どおりに最後の咆哮、虹色の気焔を高らかに...密やかに上げてみた。
雛形としての試験的活用方法 そのほんの一例


IMG_6626b.jpg

posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s Avenue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

飛び出せ!アルフォンス

今朝方、早速昨日入院した子供のお見舞いに行ってきましたところ、薬剤の効果もあってか、随分と容態は安定し、かなり落ち着いておりました。採血は早朝あったそうですけど本格的検査は平日である明日=月曜日でありましょう。この度は 大変ご心配おかけしました。ボクは明日入院の正式な手続きや先払いのベッド代等の払い込みをしなければいけないので、仕事は急遽無理を言って代休をとりました。

日曜ともなりますと病院内は照明を落とし、人影も少なく、冷え切ってがらんとした風景でありましたが、最近はお見舞いを装った盗難、その対策等、セキュリティ強化の方向性からか、通用口は緊急外来玄関1箇所のみでして、警備員を配置しチェックも割りと厳重。大型立体駐車場から広い敷地をぐるりと半周もせねばならんので移動コストがかかる。距離的には近年とみに足腰の弱ったウチのお袋も外来用車椅子を利用だ。 世の中、ユーザー・フレンドリィを考える反面、単純に不便な事もまま多い。

Img_6614.jpg

あっ!子供は視聴カードの要らない観たい放題TVで、アニメの「HUNTER×HUNTER」観てました。
親の心、子知らず。この病人の横顔を見てると心配しているのが急にアホ臭くなったので、置く物だけ置いて、文房具屋でスクリーントーンを買いに。目敏く気に入って衝動購入したのがアルフォンス・ミュシャの3Dポストカード
Savonnerie de Bagnolet」がキラキラと浮き上がって見えます。名画3Dカードは数に限りがある限定商品だそうで、これの他はクリムトの「接吻」の在庫が数枚ほどしかなかった。
家のどこかに額縁やらカードケースが無かったか?帰宅後は家捜し。...病人の心配は他所に。(笑

Img_6616.jpg
posted by まっぴら at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

ばっきゃろー虫垂炎

今年もこのまま静かに暮れ行くのかと思ったら、ギリギリまできてそうでもなかった!思いもよらぬエア・ポケット。本日午前中10時半ぐらいの事であったか。職場で仕事に勤しんでいたところ、事務所に自宅から電話が入ったそうで。
朝食後、ふいの腹痛に襲われたウチの愚息@就活中が、近所の町医者に診察に赴き、帰宅後処方されたクスリを服用したところ、今度は嘔吐が止まらず、トイレで七転八倒、悶絶しているとの連絡。

とにもかくにも他の者に持ち場を任せて、慌てての帰宅。再度ボクがその病院まで送迎する事となった。消炎剤と抗生物質、3本の点滴。初見ではノロ・ウイルスもしくは風邪からくる急性胃腸炎との見解だったが、X線撮影してみると小腸にかなりのガスが溜まっている。その割には大腸にそれが見受けられない。また血液中の白血球の値が高すぎる。

どうも急性虫垂炎の疑いありとのこと。所謂、盲腸ですわな。 このところの就職活動でストレスを溜め過ぎたのか?

市内で一番大きい病院に紹介状を書いてもらい、この時ばかりTURBO全開で救急車よろしく病院に駆け込んだ。何せ午前中で全科:診療終了ですから、端から緊急外来受付だ。見るからに「土曜の午後なんざやってられねー」という素振りの内科医が、かったるそうに奥から出てきて、再びの採血、X線、CT画像撮影、指圧による検査...疑いはより一層濃厚。

ずいぶんと長い時間、内科+胃腸科+外科の医療チームが眉を顰めて相談しておりましたが、ヤツは大事をとり、そのまんま入院する運びになってしまいました。 帰宅して遅い昼食...ってもう17:00!洗面道具や着替えなど荷造りしてまた出向き直しましたけど、「起きていると腹が減る」とばかりに、ヤツはもう寝ておりました。今日・明日は絶食、口に含むのは氷だけ。明日採血し、白血球の値を測定した後、手術するのか、クスリで散らすのか、判断するんだそうです。いやはや終日ガップリ疲れて、仕事していた方が楽でした。
posted by まっぴら at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

漆黒のMA-1

朝晩の陽気が冷え込んできた関係で冬物のジャンパーやジャケットを取りい出し着用するようになりましたが、クローゼットの奥にまだ袖を通していないMA-1が入っていたのを思い出した。正しくはMA-1スタイルで廉価版。しかも購入品ではなく、某先端工具メーカーの営業から戴いたチープなスタッフ・ジャンパー。(笑) しかしながら自動車の運転等嵩張らない着こなし、着易さから案外気に入っている。

Img_6587a.jpg

思い起こせば80年代に映画「トップ・ガン」の影響で、国内のアパレルシーンでフライト・ジャケット人気が急激に加速しましたが、どういうわけか?イメージの膨張とはげに恐ろしき。劇中になんら登場しないMA-1、それもブラックがミリカジの巷を席巻したのは記憶に新しい。上野軍服専門の某店には長蛇の列、入荷品を午前中1.000枚売って当日完売なんて驚異的なデータが残されているとか...。MA-1は他ネイビー、アーミーグリーン、ワイン、シルバーグレイのレギュラーカラー。更にオリジナルカラーのATグリーン、レプリカブルー、オリーブグリーン、カーキ、セイジグリーン、ウッドランド迷彩など、豊富なカラー展開がありましたっけ。

ボクもそのころ偶然1着、何気に手に入れて数年ほど着用しのだけど、見事に着倒してボロボロになってしまいましたので、捨ててしまいました。これは忘れられた季節に現れた2代目ですね。しかしクロはねぇ...。年甲斐も無く無用なほど雄性を周囲に撒き散らかして...と、白髪頭をつい掻き毟る。(笑)
posted by まっぴら at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おらがファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

ドラゴン・トレイル〜騰龍公路

賀状印刷に向け実戦配備します為、プリンタの掃除だい!と、棚から降ろしてここ最近の埃芥を拭っておりました。ところがプリンタの給紙機能がトラブってしまい...どうも給紙口から何かの小さい固形物が中に転がり込んでしまったようで、ローラがそれに噛んでしまったようです。この際買い換えても造作も無い買い物なのですが、買い溜めした旧式のインク・カートリッジとの互換性を考えると、泣く泣く修理に出した方が無難かつ懸命かな?しかしよくよく考えますにインク全カートリッジを二度三度買い求める金額で、安手のスキャナ&プリンタ 複合機が購入できる金額になるわけですから、金銭感覚、その価値観の崩壊。(笑

そういえば可愛い子ちゃんである我がブルーレイ・ディーガも最近トラブルが表面化し、録画・再生は可能ながら、ダヴィングの際、-Rディスクを(VRモードで)フォーマット出来ないとメッセージに怒られてしまいます。電気的意思の微かな蜂起と叛乱。年末に近づいているというのに、このところ子飼の家電達に急にソッポを向かれだしたのは何故?かく出っ銭バーを前にして出費、出費で干上がりそうであります。

さてこの間の「昇龍街道 the vengeance」の続き。賀状画像は、謹賀新年の文字を基本メイン配置しなけりゃいけない事から甚だ不本意なレイアウトだと感じたので、新たに下絵を起こしてみました。

Img_6578.jpg

「昇龍街道」、知り合いのちう人に正しい中国語を確認したところ、正しくは「騰龍公路 Téng lóng Gōnglù」になるそうです。(恥) レーシング・スーツにスカジャンよろしく龍柄のバックプリントを描きました。
GP方面の装束を意識しながらも、街道レーサーのジャンキッシュさが (び`・ё・)σイイネ!

Img_6577.jpg

posted by まっぴら at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | すけっち・ぶっくろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

昇龍街道 the vengeance

同人サイズのB5版ケント紙に描き慣れると、B4の漫画原稿用紙がでかいでかい...。読んじゃえばあっという間の出来事ですが、版が大きいといくら描いても終わらない。海原を描き潰すようで、無限に労力を吸い取られるようだわ。
若い頃の勢いとか愚かさ加減のエナジーとは実に大した物で、昔はこんなんでよくやってたもんあります。当時の原稿にコマだけ切り貼りして修正する場合もあるし、昔の原稿やゲラ刷りを観ながら、まったく新たに描き起こす場合もある。これがそもそも過ちの元、発端、導入部、悲劇の始まり。(笑)

Img_6510.jpg

毎夜の作画作業に疲れて厭きた頃合いに、資料として注文したタミヤのスポット生産品のYAMAHA RZV500Rが入荷。月末に受け取りに行きまーす。すいません...今、見たくない。(汗
でもハセガワから1/24「ブレードランナー」のスピナーと、三角ビートルが発売されたので、模型屋さんにはこっそり覘きに行ったのだけどね。(苦笑

さて、漫画描きに疲れて、年賀状イラストにかまけているという、御飯をおかずに御飯を食べている炭水化物過剰のような可笑しな休日。(笑) 本年下半期は珍しくアタマの中がGP熱に侵されているので。

dra2012.jpg

「昇龍街道 the vengeance」。タイトルは特別意味はないんですが、最近の鉄騎馬周辺において、有機質でありながら硬殻的なデザイン。サイケデリックとも色キ●ガイとも受け取れる過激マーキングのディアブロさ加減は、(来年の干支たる)ギザついた龍の皮質とどことなく共通項が見出せなイカ?
...てなもんで。このところブログの更新は妙にサボり癖がついたなあ。
またいつか( ̄ー ̄)ノ~~マタネー☆’.・.・:★

320px-HONDA_RC212V_2007.jpg
posted by まっぴら at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | すけっち・ぶっくろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

それぞれの厭き、秋

極めて繁忙。このところ更新がかなり停滞中です。多少厭きも入ってきたのかな?まあ古女房宜しく足蹴に突っ放したり、急に手許に近づけたり。(笑) そのうちまた書きたくなるだろうと...。とりあえず猥雑なる趣味事にかまけつつ、元気にはしておりますゆえ、ご心配なく。

img200a.jpg


ラクガキ絵だけとりあえず更新。【11 11/11】
posted by まっぴら at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする