2011年12月31日

大つごもり

つごもり(月隠り)=旧称の晦日ですな。
職場から帰宅後、年越し蕎麦を戴いて、自室を片付けがてら節操無き笑いを求めて、がきつかSP「絶対笑ってはいけない空港24時」を不退転の覚悟を持って臨んだのだけど、チラ見した紅白は椎名林檎さんが俄然良かったね。英語の歌詞に字幕は日本語だったけど。即興なのか?訳なのか?(´-∀-`)

歳末の仕事疲れが溜まっているのか?普段は寝酒要らずのワタクシですが、久々にアルコールに手を伸ばしたところ、もう眼がトロン♪としております。除夜の鐘まで起きていられるかどうか?

さて皆様にとっては、本年はどのような年であらせられましたでしょうか?来年また御逢い致しましょう。どうか良いお年をお迎え下さい。来年までさようなら〜って50分後じゃあーりませんか!(T∀T)ノ
posted by まっぴら at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

シャンリク写真集


Img_6706.jpg

このところコミケ関連に関わるお知り合いが増えました。コミケット81への出店をご紹介がてら宣伝。

本日職場より帰宅すると、よしぞう様より小包。伊太利堂さんから、冬コミケ本「写真集 上海海軍陸戦隊(其の二)」が送られてまいりました。どうもありがとうございました。其の一以上に車輌や軍装、また第二次上海事変の戦場写真も充実してさらに4ページ増えています。コミケ会場では東プ−23aだとのこと。
買いそびれた方は委託予定のイエローサブマリン秋葉原スケール店さん、仙波堂さん、ミニチュアパークさんで扱うそうですので、そちらでお求めください。

また国本戦車塾さんの89式中戦車本第3巻、「海軍陸戦隊の八九式中戦車」も紹介しておきます。先のシャンリク共々是非ご併読ください。どちらも大変良い本です。
posted by まっぴら at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

土俵際いっぱい...

職場がシフト制なもんで、日曜の他、週中に1日休みを戴けるんですが、「大晦日までぶっ通しで出社してください」と中休みを取り上げられてしまいました。31日まで目一杯仕事です。しかも...早出...!他社が仕事納めで休みに入る時期が(たぶん)最高に繁忙で、ボクにとっての悪魔の棲家はおおよそ29日〜30日の2日間。年内は秋口辺りからかなり仕事も甘かったのだけど、久々に地獄を見そうな気がします。(汗
posted by まっぴら at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

テアトル8〜田川滋:珠玉漫画作品集

Img_6698a.jpg

漫画家の田川滋さんから、過去「少年KING」、「COMIC NORA」に掲載された作品を集めた漫画作品集(自家本)が届いたのは(誤配騒ぎもありましたが)昨日の事。
いかすぜしげやん!(笑) このたびは貴重な物をどうもありがとうございました。最高のX’masプレゼントで、感謝感激であります。

事の発端はNET上で偶然25年ぶりに再会いたしまして。「憶えておられるかな?」とメールを出したところ、先生はボクのことしっかり憶えていていてくれました。少年KING誌においては彼はボクの大先輩にあたります。というのも高校時代に彼の「ますみマイラブ(全3回)」に心打たれてファンレタ−を出したところ丁寧なお返事を戴きまして、ボクも(父のコネであった調理師の道を蹴っぽって)漫画家を目指してしまい、高3の冬に新人漫画賞佳作を戴き同誌でデヴューを果たしてしまったんです。ですから...彼はボクにとっての...恩人なの?水先案内人なの?(謎

池袋サイン会で実際に御逢いし、その後は編集記者を挟んでお酒を飲んだり、明大の方々を交え横浜スタジアムにナイターを観戦しに行ったり、すっかり遊んだ仲なのですけど、ボクは夏・冬の増刊という短期季節労働を経て、移籍先(青年誌)のシリーズ連載が終了した後、上手く次の仕事が繋がらなくなり、喰うに困って「同じ絵仕事」とばかりゲーム会社に就職してからというもの、まったくの音信不通でありました。

ですからNETで行き会った時は大喜びで舞い上がり、昨年ボクが関わった同人誌本2冊(内容は一部18禁)をお送りしたところ、その御礼としてこんなに沢山戴いてしまったのです。昨夜は漫画家志望の学生〜当時の事をオーヴァーラップさせながら(目頭を熱くしながら)読み耽りつつイブの宵、ひとり感慨にふけっておりました。

今回お送り戴いた「星児くん★メタ」、「あずきマジック」、「せんとH★G」と続編「轟音キッズ」。懐かしいですねぇ。先生のデヴュー作である「六明舎のトモちゃん」は初めて読みました。これら作品の大部分は、版元からついに単行本化されなかったのです。執念とも無念とも受け取れるそれら作品群に触れたとき、長らく眠らせていた描き魂の血が沸騰する想いなのであります。ボクもにわかに絵筆をとり勢いに任して書き下ろしてはみたものの、こちらはあまり意味のある行為ではなかった!行き場が無いのでただの運動。“少年漫画の翳り無き良心”を念頭におかれる先生とは雲泥の差の開き。エロ・グロ・ヴァイオレンスと、出会いがしら・挨拶代わりに人を殴っているボクの漫画はかなりヨコシマなのや!(苦笑

Img_6695a.jpg

私憤はさておき、先生は現在、学習漫画をメインに精力的に活動なされております。これも凄いね。俺が好きだった先生がいまや、かつてのギャートルズの園山俊二氏やコロ助の内山安二氏と同列に肩を並べている...感無量。

...でようやく冬コミの宣伝。

コミケット81(2011.12.31)
冬コミ新刊「SOMEDAY」(80年代前半の大学漫研時代作品
)を引っさげ、
31日東ユ−42b「まるほ企画」にて。

冬コミ新刊「SOMEDAY」(80年代前半の大学漫研時代作品)を引っさげ、
31日東ユ−42b「まるほ企画」にて。

冬コミ新刊「SOMEDAY」(80年代前半の大学漫研時代作品)を引っさげ、
31日東ユ−42b「まるほ企画」にて。

大切な事なので三度認(したた)めました。本文32p、頒価300円くらいの予定だとか。まるほ企画既刊 テアトル8(vol.1-2 全3巻予定 「COMIC NORA」(学研)に掲載された8ページのショート漫画集)や「ミッシング★スター(1984年少年KING夏の増刊号掲載のSFジュヴナイル短編読切り)」も当日買い出来るかな?Amazonでポチリもできます。

以上、真平漫画堂より宣伝...宣伝活動、ないしは世論喚起活動のプロパガンダでございました。<(_ _)> 。

posted by まっぴら at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | マガ・ログ(コミックlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

傴僂の仔馬

巷は将軍様の訃報で一色でしたが、別の訃報が昨夜飛び込んできた。ホームページを立ち上げて...おそらくは2003年か2005年頃まで、掲示板の常連さんであったHN:発泡美人さんが昨日亡くなったとの連絡が昨夜入りました。旧職場〜その周辺の極めて快活な女性でありまして、お元気であった時分は飲んだり歌ったり映画を観に行ったりと、散々遊んだ仲間でありました。

ここ3年ぐらい会う機会はまったくありませんでしたが、密かに癌を患っていたらしい。確か夏前であったか?携帯の機種変更とかで珍しくメールを戴いたのですが、生憎、助手席に投げっパの不携帯。加えていつまでも社畜時代を引き摺って思い出すのも癪なので、ついノンレスしてしまった。それが今悔やまれてならないです。

心よりご冥福をお祈りしたいと思います。
せっちゃん!アナタと飲んだビールは美味しかったね。
さようなら。迷わず逝ったれやー!(合掌)
posted by まっぴら at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

老いない分身

夏頃の話になるが、facebookの表札程度の配置にかまけていた頃、実名で検索をかけると中国の通販書籍サイトが頻繁に引っかかるようになり、80年代後半に商業誌に掲載された自分の漫画作品に出くわすようになりました。よく言う海賊版なんですが、単行本化されていない隔週読み切りのアクション作品=打ち切られたスナフゥ・コミックであるからして、綴じて纏まった形になったというのは本家を通り越して実はこれが最初だったりする。(笑) 
内容的なものを翻訳してみると、本(ゲラ刷りをコピーし写植を貼り替えた出来の悪いのに更に輪がかかったチャラい貸本程度の物らしいのだけど)は台湾の高雄に存在するというので、会社の中国人スタッフに頼み込んで取り寄せる努力はしたものの、かの国の通販システムの不整備さ、中国と台湾の金銭的レートの違い等、諸問題が噴出して、結局取り寄せ仕舞いに終わってしまいましてん。

稚拙ながらも自らが25年前に創り上げた自分の分身に、ついに手が届かないのである。老いる事を知らぬ自ら分身が四半世紀もの歳月を越え、海の向こうの辺境の地で未だに闘い続けている...。足を洗い商業誌における漫画描きの役目を終えたとはいえ、感慨が動かぬわけがなかろう。

それ以来というもの、返却された古原稿をこのまま記念的ゴミとして死蔵してしまう事を考え込んでしまうようになった。まがいなりにもデジタルの力を借りて、せめて孫子の代まで保存できぬものか...?ともかくダンボール箱にしまい込まれた原稿を虫干しがてらチェックしたところ、経年劣化(黄ばみ)や接着テープの風化による破損もかなり目立ってきた事に気がついた。まあ加筆修正にやっきになっている作品もありますが、ここいらでほんの少しだけデジタライズ化に踏み切って、個人用に保存。ついでに主に扉絵を若干だけコンテンツ(話のネタ的に)として公開してみようかと思ったわけです。そもそも名の通った絵描きではありませんから、四半世紀も経てばどうせ誰も憶えとらんぐらいの身上と小さい雑誌。大昔の返却物件だから、今更版元もとやかく言わんでしょ?

自宅のスキャナ/コピーの複合機では版の大きさに制約が加わります。B4の原稿を業務用大型コピー機でA4まで(81%)縮小し、それをスキャニング...。これも日中、近所のコンビニにコピーを撮りに行くの超恥ずかしくて、わざわざ人気のない休日前の深夜2時、霜の降る宵を選んでは(笑)夜間店員に素行を怪しまれながらの複写作業。それら縮小コピー原稿をスキャンした後、ベタの色斑、白地の黄ばみ等をペイント・ツールで補正していく作業。手暗がりの情熱。結局昨夜は一晩かかりました。まあ個人のホームページの枠ですと容量的な限界もあり、読み切り32頁のストーリーを追えるような全編の配信は流石に無理ですけどね...。

古い作品ですから本人も正視不可の羞恥プレイ(笑)に程近いんですが、つい時間を忘れて見入っちゃったりしてね。あの頃は確かに若かったなあ!まだまだ時間がかかりそうですが、昨今の情熱はそちら向き...というか、過去の栄光だか恥だかを翻し、かなり後ろ向きでしょ?(笑

80's Avenue-1.jpg
posted by まっぴら at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s Avenue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

電脳的大散髪ノ指針

「お知らせ」のカテゴリを「私書箱」と改めました。

Seesaa.blogに間借りした、この「まっぴら倶楽部録!」が、2005年4月16日から。
http://mappiragomen.seesaa.net/

それを包括するホームページ「まっぴら御免なすっ亭」が、2002年9月15日から。
http://www1.odn.ne.jp/mappiragomen/

その割りにアクセス数はさほどではありませんが、大変息の長い運営となりました。「継続は力なり」と申しますが、塵も積もれば山となる。年内はたぶん無駄なデータやカテゴリ、打ち捨てられたLINK等を整理しておりましょう。FMV CE11Aなる旧式かつ不安定な機材をもってして、ただでさえ飽きっぽい人間がコンニチまでよくもまあ続けたものであります。

来年からは多少業務を縮小して、mixiは日記・画像を整理した後、運営はこちらより外部Linkに移行しようかなあと思っています。手狭ながらもSNS方面の目まぐるしい変遷の中での運営、密度の高いお付き合いには少々疲れ果てました。去られる方はご遠慮なさらず、どうぞ立ち去ってください。
昨今流行のTwitterは試験的には配備しましたが、自身のモバイル利用が比較的疎かである事に加え、流れに絶えず目を配る管理的能力の皆無さから、実質上本格的参入は苦痛すら覚えます。

また夏頃からfacebookを表札程度に置いてますが、旧ゲーム開発&周辺の同僚&模型・漫画方面のごく親しいお知り合いの方々に、お情けで加えていただいている関係で、御新規さんの加入に関しては極力お断りしている次第。事実上、内容はパビリオンが如く空洞化しており、更新もネトゲもロクにしておりません。ビジネス・ユースが前提のSNSは、用意される文面もツルツル滑り、正直味気がないです。

年明け(未明〜子供の就職後になりますが)、ニュー・マシンを配備予定。資金調達はなんとか確保できそうですが、詳細はまだ未定で決定事項ではありません。NETデビューは愛犬びいさんの輿入れと偶然日を同じくしましたが、泥試合と同じう泥を多く投げた者より、最後まで立っていた方が勝ちとばかり、ここ10年、ほんとよく頑張った。歳末を前にちょっとだけ振り返る。(トオイメ

兎にも角にも、ステップを繰り返し日々ステージを変化させていく女性とは違い、男性的周辺は不変的にして簡潔明瞭、シンプル・イズ・ベストに尽きる...てな具合。
posted by まっぴら at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 倶楽部録私書箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明けのGIG

朝晩の冷え込みが堪えるようになりました。昨日の起床時、起きがけに腰部に痛みが走り、寝床から立ち上がり、2階の自室から階段を降りている最中に、まるで腐りかけの巨神兵のように、グダグダと二足歩行が砕けていきました。パントマイムの地下鉄階段みたいに。(笑) 階下でついに動けなくなった。あちゃー!GIGっちったいっ!四つんばいになって台所やダイニングを這い回ると、遊んで貰ってると勘違いしエキサイトしたびいさんが顔をペロペロ。(笑

会社は駄目だー!午前中に整形外科・内科の診察を受けに行きましたが、待合室は流感等で患者が犇き大混雑。楽な姿勢が無い為、座席に腰を降ろし待たされている姿勢も辛いが、周囲に流感をうつされないか?ビクビク。先生はカルテを眺めて「おや?8ヶ月ぶりだわ。」とレントゲンの指示を出し、「はい!腰を出して」というなり、背中腰部(左右)に注射を2本ブスッ!「はい!次はお尻出して」といってパンツを下ろすなり、仙骨(尾骶骨)にこれまた注射をブスッ!計3本。針で骨の隙間を狙うので、背骨を時折かすめてはガリゴリと関節間を貫く震動が伝わる。この注射があまりに痛くて、大人げなく泣き出しそうになった。

ビリビリ痺れる腰を庇いながら、レントゲン撮ったら骨には特別異常なし。帰宅してから麻酔が効き始め、なんだか寝たきり老人のように寝てばかりいました。腰痛は疲労が蓄積された頃合いに出るものでして、特定要因がはっきりせず、労災の判定ではまず認定されないのがほとんどだそうなのだけど、人間が二足歩行を始めてコンニチに到り身体機能に危険を及ぼすなんらかの因子が内外に発生した際、無意識のうち脳に危険信号を送る現象だと誰かが言っていました。すいません。文章が成り立たず、説明がグダグダなんスけど...(笑)気ばかりは今だ小僧っ子のままなのだけど、確実に身体の何らかを労わる年齢に差し掛かりつつある。 起動時には皆さんも気をつけようね。痛てて...。
 
img208a.jpg

賀状制作が終わり、宛名共々印刷が刷り終わりました。
第一次攻撃隊発艦準備良シ!一撃必滅ニ撃無シ!後反撃二備エ防戦態勢ヲ執リ、警戒ヲ厳トシ目視是怠ルベカラズといった状況であります。内なる熱を持って描き起こした上記のイラスト画像は、例年のレイアウト、主にフレームを逼迫してしまう関係から、敢えて没として今回は使用を見送る事にしました。まだ着色途上でありますが、今後何らかの形で発表出来るといいんですけどね。
今賀状は現ブログヘッダー画像「ナイト★エンジェル リヴィジテッド」を加工しました。ちなみに来年の干支には何ら絡みません。(笑)

また、主にマイミク一部方面からのお問い合わせを戴きましたが、
一応こちらでも番宣しておきます。

【真平御免お手製年賀状/夏期ポストカードのバックナンバーについて】

例年刷り上り在庫を手許には残しませんが、印刷に使用した画像(jpeg:480×640サイズ原寸)は、賀正後に暫時コンテンツとして公開しております。

http://www1.odn.ne.jp/mappiragomen/graphic/postcard/postcard.htm

本来は著作権法の定めるところにより、本サイト内の全作品の著作権(Copyright)は作者である私に帰属します。私的ならび営利目的問わず、無断複写・転載・二次使用等はご遠慮戴きたい...ところでありますが...まあハガキサイズにて印刷はご自由にどうぞ。こちらも珍しい事を聞かれてついうろたえたり、煙草を持つ手、火を点ける指先が思わず震えたり。あち!(笑
posted by まっぴら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

80's Avenue

カテゴリの「すけっち・ぶっくろぐ」とは別に「翔女漫禄(しょうじょまんろく)」と「80's Avenue(エイティーズ・アヴェニュー)」という2つのカテゴリを追加しました。今昔の漫画活動周辺は“80年代通り”と名称されたこちらのグレイブ・ヤードの方に。(笑) 千客万来といったNET繁華からかけ離れたブログの日記記事なんてものは、誰も見向きもしない墓碑銘に程近いのだ。

作画活動に模型が切り離せないのは、缶詰状態になると本物を見学できない為、デッサン用に安易に組み立てていたんですけど、漫画を辞めた後も模型制作自体は半ば趣味として残ってしまった為...。

Img_6676a.jpg

先のRZV-500R同様、懐かしさからRG250Γ(ガンマ)の模型を買ってしまった。1983年、レース・レプリカの名称はこのバイクからスタートしたといって過言ないでしょう。かつて友人がこれに乗っていて半ば自慢気味に、モータリゼーション熱に晩熟だったボクを相手に盛んに見せびらかしに来ていましたが、「ゲロゲロゲロ・・・」という蛙さんのような特徴ある排気音が印象的...というよりは結構お笑いだった憶えがありました。
(対外的方面には活動しない)お正月の屠蘇モデリングには、これでも作っていようか...。

ところがボクとした事が、帰宅して模型納戸を眺めたところ別Γの模型在庫を持ってたんだなぁ。すっかり忘れていました!シングル・シートの赤ヴァージョン、フルカウル・オプションの方ですね。あちゃーっ!ブツがダブっちゃったい!もっとも長年のストックからデカールの表面はパリパリと劣化して死んでおりましたが...。なんとかガンマるから、君もガンマれ。(笑)

Img_6678a.jpg

拙漫画方面ではRZ250Rを登場させた経験がありましたが、ビキニ・カウルはライン取りが正直しんどい。ゆえΓやRZVなどをカウルで機関部が隠れるバイクを好んでは、雲形定規が擦り切れるほど描いておりました。時間に追いまくられるとどちらも悲劇ですけどね。(笑)

img207a.jpg

そういえば昨年のアニメ二次創作本・同人誌原稿に
〜Evangelium der M (Mの福音書)」という6頁ほどの小短編を描かせて戴き、それっぽくツェンダップもどき等を登場させたりしましたけれども、「雨・コート姿の女・単車」という3つのキーワードが、ボクの潜在的三原則...なの?何故?(笑

doujinshi-img.jpg
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s Avenue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

セロトニン

「あとは煙草だけだねえ〜。」とかかりつけの医者は残念そうな顔でボクを見つめる。晩酌をまったく嗜まず最近はアルコールをまったく口にしていないボクですが、血圧がここのところやたら高いんです。140を余裕ブッチで越えちゃうに加えて、下の値とあまり開きが無いのが曲者。 以前眼精疲労から偏頭痛に苦しめられていた時期がありましたが、原因はこっちなのかなあ?採血の結果、善玉コレステロールの値がまたしても減り、悪玉コレステロールの値が俄然高い。悪玉コレステロールというのは運動など有酸素運動で減らす事が可能だそうですが、善玉というのは本人の努力をもってしてもまず増えないそうです。

結果、コレステロールの値全般を減らす為、乳製品を避けてください。肉類(蛋白質)を控えてください。ただし魚肉の脂は体内に蓄積せず排泄可。それと...煙草なんだよなあ...。

ついに血圧手帳を戴いてしまいまして、朝、晩と鋭く3度づつチェックです。「最初のうちはね。慣れてなくて騰がるから数値が高く出ますけど、別に気にしないようにね。1〜2週間もすると落ち着いて、それがアナタの正常値」。ところが家の血圧計で測ると、いきなり170突破の大台に!ほ、ほんとに大丈夫なのか?考えるだけで後頭部の辺りがズキズキ痛いし。俺...! ひっくり返る前に早くギブアップして、血圧降下剤を貰っちゃおうかしら。
12月の気候としてなにぶん寒いですし、先月からの過労も蓄積されているように思う。 女性はよく「〜歳からお肌の曲がり角」なんて言葉が気安く飛び交ったが、いつまでも若いつもりのボクの身体機能も、確実に老い・衰えといったクロスロードに差し掛かりつつある。

師走であり歳末も近いであるから、自室の窓から漠々たる夜の闇を眺めながら、考え込んだり思い悩んだりする時間が多くなったが、夜の考え事そのものがネガティブ・シンキングになりがちで、健康に良くない。

Serotonin-skeletal.png
posted by まっぴら at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ドラグノフの月

昨夜は11年ぶり。月が地球の影にすっぽりと隠れる「皆既月食」が10日夜、全国で観測されました。御覧になられたでしょうか?なにやら霞んでボンヤリしていたなあ...。ベランダで冷たい夜風に吹かれながら、中二の頃、友達と回し聴きしたシングル・レコード、Visageの「Moon Over Moscow」の旋律をふと口づさんだりした。...もっとも寒くてすぐ堪えられなくなったのだけど。(笑

話は大きく跳ぶが、月齢(満月)の影響か ?年齢と共に不燃性を帯び始めた野生の血が、あるきっかけで瞬間的に沸騰する事がある。他人には勃起性直情思考と笑われる。(笑)
いつもの日曜日のように画材屋にICスクリーントーンを買いに出かけ、その足で模型屋に行き、「ブレードランナー」のポリス・スピナーの模型でも購入しようと向かったところ、結果として、何故だか?SVD ドラグノフ狙撃銃を購入してしまいました。 ロシア製軍用狙撃銃をモデライズしたSUS製エアーコッキング・ガン。まったくの衝動買い。見た目買いの一目惚れですな。

Img_6670a.jpg

AK-47カラシニコフ突撃銃とは似て非なるスリムなプロポーション。イズマッシュ造兵廠で生産された初期型がベースのようです。
長年愛用したマルイ:M-16A1ヴェトナム・ヴァージョン(電動)と比較してみましたが、軽い軽い♪ アルミ・バレルと銃身長が極めて長いので、命中精度は意外と高い。

Img_6671a.jpg

お手頃な価格ゆえ金属部品は少ないが、できればHOP-UPの機能があれば尚射程距離が伸びただろうなあ。先ごろ新発売された商品なので周辺の光学部品はまだ皆無なようで、雰囲気重視で是非PSO-1 4×24倍率スコープなんか欲しいところ。

Img_6672a.jpg
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

封印された錆びた翼

ダンボール箱をひっくり返して古い漫画・ラクガキ原稿をワチャワチャと漁っていたところ、某誌漫画賞で佳作を戴いた...以前の幻の...マボロシ過ぎる投稿作品が出土しました。高校二年生でありましたから、17歳頃の漫画の扉絵。

img204a.jpg

.....あのぉ〜。自虐を前提としたブログ夜話のネタ的には非常に格好の素材でありますが、本人はもう正視不可で、顔が真っ赤であります...。あちゃー!どういう類の羞恥プレイを曝してしまったんだか...?もうこれ以上は勘弁してくだちい。(。v_v)ポッ

ふと、例年我が賀状でお馴染みの「翔女漫禄」の潜在的源流は、案外こんなところにあるのかな???って思ったりしたり、またラクガキにかまけてみたり。「ブラック・スワン」がちょっと入ってるな。(苦笑

Img_6646a.jpg

さる方曰く、「例年賀状に羽根女ばかり描いてるけど、最近宗教か、そっち側の絵画方面に目覚めたの?」

こちとら先祖代々からの御主旨すら関心薄き無宗教。、弁解や釈明が今更面倒になったこともあり、もっか沈黙を押し通す事にしている。

posted by まっぴら at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | すけっち・ぶっくろぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

小指の先程の...

先週末、仕事の最中、職場の器材にうっかり指を挟んでしまう。左手の小指。爪の先。幸いプレス機の様に指や腕が捥げちゃうような大型機材では無く、ステンレス製の薄板。蓋なんですけどね。事後痛みは引いたので気にせず放置していたところ、皮膚と爪の間に雑菌が入ったらしく、瘭疽(ひょうそ)になっちゃったみたいで小指の先が、形状が変わるほど赤黒く腫れ上がり、熱を持ってビリビリ痺れて寝ていてもジンジン。風が当たっても痛いのです。
心配したうちの母親が、自分の息子の患部を見て、思わずドン引きするような状態。所謂、末端肥大の蛙さんの指。医者に行ったら問答無用でメスを入れられるような状態。 今月は先だっての子供の入院費で余計な出費が多い事に加えて、これ以上休暇を増やすと月末アカこいちゃう事から、我慢して出社はしていたんですが、偶然にも自然にブチュッ!と潰れて、患部から記載に堪えない内容物が流れ出てしまった事から、ようやく指先の熱が引き、腫れが引いてきました。十二分に消毒したことから、もう大丈夫でありましょう。

早速のお絵描き。賀状イラストの方のプライオリティを上げてみましたが、着色が締まらんことからもう一考してみようかと。丁寧さは申すまでの事はないが、表題どおり“小指の先程の”工夫がもうちょい必要なんだがなあ〜。 (`^´)>.。

Img_6650a.jpg



 

posted by まっぴら at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

オレだよオレ

職場で欠員者発生!手をへし折った方がおりまして。人員のシフトがズレにズレて、彼の代わりにしばらく日曜日出勤になりました。(ぐさっ!)
仕事は手間がかかり骨も折れますが、私は心の方がパッキリ折れました。(泣
posted by まっぴら at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

月を跨いで退院祝い

月を跨いで午前中、子供が退院してきました。手術をせずクスリで散らしての処置でしたので、再発の可能性も充分にありえるわけで、「食事には...特に量には注意してください」との説明を医師より受けてきました。処方された抗生剤はしばらく飲み続けるみたいです。しかし大病院というのは、何故あないに会計時間待たされるんや?

さて、何を食べさせたらいいものか?「何が食べたい?」と聞いたら、「ピザ!」と一言。思いっきりのジャンクフード。そういえば転居してからこの方、デリバリー・ピザは久しぶりでありました。またお腹が痛くなっても知らんぜぇ。(笑)

Img_6638.jpg
posted by まっぴら at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。