2012年03月28日

Not Found

ああっ!光陰矢の如し。3月ももう終わる...。採血の結果、CEAの値が大幅に減少した事から、血液中の異常値の原因は長年の喫煙にあったようだ。チャンピクスを服用し始めて早や1か月...。確かに煙草は止めることが出来たが、夕食後など口淋しさからついつい飲酒が始まった。これも気をつけないとなあ。

004.JPG

塩らーめんを食してきた。舌荒れしないことから、何でも美味い。「健康に勝る宝なし」とはよく言ったもの。我が傍より紫煙と共に疑惑と春去りて。今後は更に脂質代謝の改善を目指します。
posted by まっぴら at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

私的スタッフ・カー・ブーム到来



0000740M.jpg

先週、気晴らしに買い物に出かけ、隣町の大型模型店でSKPモデル「AEC ドーチェスターACV装甲指揮車」を見かけ、そのモッサリ感にたまらなくドキドキ。財布の中の事情にかなり迷った挙句、ミニアート「イギリス軍 4×4 バンタムジープ BRC40 w/クルー」の方を購入。大戦初期のジープの雛型のような車輛ですね。英軍将官フィギュア3体付き。

IMG_7056.JPG

ただドーチェスターが諦めきれず、本日も赴いたのだけど残念ながら完売御礼。未練がましく幾ら棚を眺めても奥から湧いてくるわけもなし、店頭で頑張っても粘っても意味がなし。有料駐車場に停めた車の時間ばかりが気になりだす。「もういいやあ〜。どうなったっていいやあ〜!」と半ばこんな...
それこそもうこんな。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。状態に陥りそうになった矢先、こちらを見つけました。MBモデルの「Polizei-Kubelsitzwagen ab 1937」。「こっちの方が速そうじゃなイカ!」これで機嫌が収まったという子供の様なたわいない話。

Deutschland, Deutschland über alles,Über alles in der
Welt!

もう一つ、この店で気になってるのは例のカプセル・トイ。エポック社「和の心 仏像コレクション(全6種)」。本日は釈迦如来座像(ノーマルタイプ)が当たりました。(笑) これを機会に揃えちゃおうかしら。
IMG_7060.JPG


posted by まっぴら at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

退院

先週末より虫垂炎で入院していた子供が、今日の午前中に退院してきました。よぉ〜し。ささやかに退院祝いだ。

「おまえ、何食べたい?」

「ピザ!」

007.JPG

俺んちは子供が留守なのをいい事に、昨日の晩飯はピザーラでデリバったばかりじゃねーか.... それも昨日より高いの...子供ってジャンクフードが好きだねえ...orz
posted by まっぴら at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

ブロウ・イン・ザ・からっ風

子供の急性虫垂炎は血液検査の結果、白血球の値が前回19.000.今回12.000 担当医は軽度と言ったが、それだってあのもがき苦しみ様である。土日を経て本日月曜日、病院の入院受付に手続きに赴く。今後の処置に関しては、案の定日取りのタイミング自体が悪く、明日が祝日(春分の日)で病院が休み。明後日となってしまうと抗生剤の投与から患部の炎症も粗方治まってしまうだろうという見解。ですから無理にオペをするほどでもなくなる。しかし根治的解決にはならずして、薬で治まって病院を退院になる運びになるのだろうなあ。誰かが言っていたが、“盲腸は土日の病気”と。「言い得て妙!」と膝を叩きながらも、ゲンナリしてうな垂れてしまいますなあ...。
病院から銀行へと寄り、自宅へとの帰り道、立ち寄った喫茶店でしょぼくれていたのだ。寒い春先でも冷コー、白桃のケーキが妙に歯に沁みる。自宅まで片道3kmの道程。病院大駐車場の週明けメチャ混みを危惧して、チャリキを漕いだが、向かい風がやたらきついっス。

Img_7047.jpg


そういえば話は大きく変わりますが、食玩やカプセル・トイといった細かい玩具は今までまったく関心がありませんでしたが、今日日このような物まで題材として取り上げられるのか?エポック社「和の心 仏像コレクション(全6種)」。いえ、ただ店頭のガチャガチャ(カプセル・トイ)で見つけて、ついコインを投入したところ、たまたま不動明王座像が当たりました。煩悩を焼き尽くす火焔光背(迦楼羅焔/かるらえん)こそ背負っておりませんが、剣(カプセル封入の都合上、変形している)と羂索(けんじゃく、縄)をちゃんと握り締めておりますね。よくできている。丁重に飾って護摩でも焚いたら、行者守護、除災招福といった現世ご利益があるかしら?

Img_7046.jpg


関東の不動尊信仰は、江戸時代には宮城を守護する為に五色不動が配置されたそうで。目青・目赤・目白・目黒・目黄を加えられ、地名として現在も残る地域もあります。祀る寺院は川崎大師:平間寺(へいけんじ)、成田山:新勝寺、目黒不動:泰叡山瀧泉寺、高尾山:薬王院、日野:高幡不動等、有名どころは多いですね。

posted by まっぴら at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

レッド・クロスとPEP ARTに触れ

アカデミー賞の後でしたので、この時期の劇場映画、その品揃えは実に芳醇な香り。この日曜は久々に映画でも観てこようかと思っていたのだけど、昨宵の子供の突然の入院騒ぎで辛くも無期延期。時間的余裕は決してないことはないが、突然の急病人を抱えてしまうと心理的にはとても家や病室を空けるはおろか、銀幕世界など楽しむ余裕はない。まあこればっかりはしょうがないよね...(`^´)>

正午未明、子供はナース隣の病室から大部屋に移ったそうで、荷物を届けに出かける。抗生剤の効き目のおかげで容態は随分落ち着きました。絶食状態ですが水だけは摂取可能。この度はご心配をお掛け致しました。
前回の発症時よりCRPの値が低いそうで、後日に控える祝日(春分の日)を考えるとまた薬で抑えて退院させてしまおうとする病院側の目論見が透けて見えてしまう。3ヶ月毎に再発しているとこちらの家庭も正直堪りませんから、勇躍「切って直してしまえ!」と声を大にして言いたいのだけどねえ...。万年満員御礼にしてベッドの空きの問題とかいろいろあるみたいですよ。

Img_7037a.jpg


映画こそ行きませんでしたけど、ボクはさいたま新都心に野暮用(子供に頼まれた買い物)があったのでその足を大きく伸ばし、東方神起のコンサートで昼間からファンの波でごった返すさいたまスーパーアリーナへ。
旧ジョンレノン・ミュージアム跡のイベント・ホールで開催されているART VIVANT:アールビバン主催のディズニーアートコレクション 2012:デヴィッド・ウィラードソンの世界展を鑑賞しに出かけました。原画とリトグラフの展示即売会。原画は値段も凄いが迫力も凄いっ!ディズニー公認アーティストたる彼特有の飛沫を飛ばす技法を、ペップ・アートと言うらしい。極彩色にして豪華絢爛さはまったくの眼福でした。

Img_7039a.jpg


http://davidwillardson.com/

残念ながら会場・展示物一切が写真撮影厳禁ですので、唯一子供用撮影スペースに設けられた壁紙画像でご勘弁戴きたい。(笑) 
ポストカードを貰い、再び病院に立ち寄りの帰宅。

明日は入院の手続き等があるため、職場は有休消化。

posted by まっぴら at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

再発と搬送

現在の時刻、23:32。たった今、病院から帰宅したところ。

昨年末、薬で散らしたはずの子供の虫垂炎が再発。ボクは職場から帰宅し、夕飯を済まして、いつものようにフロアで寝そべりパソコンを弄りだすのと、嘔吐を催した子供が寝そべったボクの背中を飛び越えるのがほとんど同時の様相。

総合病院の救急外来に乗り付けるも、待たされる事2時間強。腹部の膨張感から滅多に泣き言を言わない倅も、相当苦しかったに違いない。結局そのまま外科ナース・ステーションの隣の病室に入院することになってしまった。抗生剤を投与しながらオペをするかどうか?月曜日まで様子見だそうだ。

とんでもない週末の始まりである。しかしこの18年間不思議に感じていたが、なぜ子供は必ずと言っていいほど、土曜日の診療外来が終わった時刻を見計らうように病気を発症するのだろうか...?

posted by まっぴら at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

フォーエックスビターを舐めながら...

Img_7029a.jpg

ようやく現行書籍の中に、85年SUZUKI GSX-R750(デュアル・ヘッドライト)の資料を見つけることが出来ました。何せ今日引退する新幹線300系より古い古い。(笑) オーストラリア産のフォーエックスビター・ビールを口の中で転がしながら...さて。漫画の勝手改稿をどう料理してくれようか...?

Img_7026a.jpg

あっ!言うの止めたわ!へへっ。週末は何かと気が多くてね...。(^^;
こないだ正月だと思ったら、もう彼岸だし。時が経つのは誠に早い早い。
posted by まっぴら at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 80’s Avenue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

不退転ハイネケン

最近、我が家...特にボク周辺はエンゲル係数が高かなイカ?Σ(|||▽|||)
まあ煙草代=¥440が浮くからね。

Img_7018.jpg

晩酌は嗜みませんが、今宵は特別。不退転覚悟のハイネケン。
チェコ・南ボヘミア産のビア:ブドヴァイゼル・ブドヴァルがとどめの1瓶。
酒の肴の割けるチーズは、犬のびいさんにかっぱらわれてしまったが、好きな物に囲まれているのが一番楽しい至福の時間。

Img_7023a.jpg


模型も途中だが、絵(翔女漫禄)も時々進めないといかんなあ...(`^´)>.。

img286a.jpg
posted by まっぴら at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jupiter&Venus

春先の組織改編に伴い、現在の配属場所から外され、まったくの部署変えになっちまいました。 全然畑が違う部署に異例の転属。 この3年間、「千と千尋〜」の蜘蛛爺が如く、独り親方として足の爪先まで使って働いて、ヌシとして住処のような場所だったポジション... 。滑落、転倒、肋骨3本骨折を始めとし、挫傷、擦過傷と、妙に労災と数珠繋ぎで生傷の絶えない思い出ばかりある場所でしたが、妙に名残り惜しい気持ちも一杯です。
今度の場所はパソコンを基点としておばさんが2人で立ち忙しく働いているセクションだとか。この二人...実は物凄く仲が悪い。(笑) 会社の目論見としては、ここにボクを投入しホルモン・バランスを整えるいうか?よもやキン●マの売り買いではあるまい。(汗) 来月中旬までに後任者に引き継ぎを完了し、自身の教育期間を踏まえると若干の休日のシフト変更があるみたい。まるっきり馬鹿じゃ仕事は勤まらないし、利口過ぎると厭きてしまう。“ほどほど”の加減を見つけないことには...と、要らぬ不安ばかりが先にたつ。

ナショナル・ジオグラフィックの記事で読んだが、今週の日没後の西の空では、肉眼で見える最も明るい2つの惑星、木星と金星がとても接近しているのが見えるそうだ。2つの天体が天球上でほぼ重なって見える状態を「合」と呼ぶ。しかし、これは視覚的に近づいて見えるだけで、実際には今回の場合、金星は地球から約1億2200万キロ、木星はその7倍近くの約8億4400万キロ離れた位置にある。北半球全体で見られる今週の天体ショーは、日没後から金星と木星が西の地平線に沈むまで、4時間以上続くそうです。前回起きたのは1818年で、次回は2065年。
この惑星同士の競演、キリスト生誕のときの「ベツレヘムの星」の伝説に関する有力な説の1つが、紀元前2年6月の日没後の空に見えたはずの金星と木星の合と同一か?早速今宵はベランダから眺めてみよう。宇宙のスケールから観測すれば、ボクの前途の悩みなど小せえちいせい...と理屈では分かっているつもりだが....。

“女の敵は女”とは昔からよく言ったもので。ヴィーナスと呼び難い女性二人ですが、木星みたいにうすらデカいのが近々行くので、どうかヨロシク。事実、巨大ガス惑星と同様で、性根に実体がないまでは確かに一緒だ。(苦笑
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

あふげばたふとし

sotsugyoushiki.jpg

朝夕馴にし 学びの窓 蛍の灯火 積む白雪
忘るる間ぞなき ゆく年月 今こそ別れめ いざさらば

Farewell to thee we loved so well,
Farewell our schoolmates dear;
The tie is rent that linked our souls In happy union here.
Our hands are clasped,
our hearts are full, And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets,
When school-mates say "Good Bye."

(「Song for the Close of School」:原詩)

愚息の高校卒業式に出かける。朝より気温が低く生憎の雨模様。
僕が洟を啜り上げるのは、前途の祝福や感動ばかりが理由ではない。

物語はここで終わりではない。
彼らの譜の一節に、ここで何らかの休符が打たれるのを見つめていた。
改めてここにおめでとうの一言を記す。


posted by まっぴら at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

呼気一酸化炭素濃度0

今日の検診で、肺内一酸化濃度が0(ゼロ)の値になりました。ボクは最大値で11もあった。もっとも0だからといってえらくもなんともないわけで、別に煙草を吸わない人から見れば、ごくごく当たり前の数値なんですけどね。

傍から見ると、苦虫を噛み潰したというか?しかめっ面をして歩いているように見えるらしく、職場でも「今日は機嫌が悪いな。」と言われたりします。ごくごく普通に振舞っていますが、確かに少々イライラしますね。噛み痕から禁煙パイポの吸い口が、もう購入時の原形を留めておりません。(笑)
posted by まっぴら at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

ウォーキング・デッド

ニコチン切れから口淋しく、ついついカウチポテトばかりしているんですが、ポスト・アポカリプス・ホラー作品として評判の高い米ケーブルTVドラマ「ウォーキング・デッド」をレンタルで借り始めました。製作総指揮が驚いた事に「ショーシャンクの空に」、「グリーン・マイル」の監督:フランク・ダラボン氏なんですね。意外でした...というよりこの方は、根がホラー脚本等を手掛けていた方なんですね。「エルム街の悪夢3 惨劇の舘」や「ブロブ 宇宙からの不明物体」、「ザ・フライ2 2世誕生」の脚本。その他ノン・クレジットで脚本の手直しも多いそうで。ふぅ〜ん...。

thewalkingdead.jpg


...で、現在2010年制作の第1シーズンを借り始めたばかりですが、結構の好感触。保安官:リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)とそのパーティは、“ウォーカー(歩く死者)”達がさ迷い歩く荒廃しきった合衆国内に安住の地を無事見つける事が出来るのでしょうか?ってな塩梅。

元祖:ジョージ・Aの映画作品と比べてはいけませんが、本家や分家の追随する作品より、割りと痒いところに手が届く仕上がりになっていると思います。(笑) ケーブルTV作品ですからレイティング等は甘いんでしょうかね?グレッグ・ニコテロの特殊メイクは相変わらず圧巻だなあ...。

http://www.amctv.com/shows/the-walking-dead

posted by まっぴら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

魅棲侘唖 怒雄捺

Img_7002b.jpg

風邪が治ったら、一度腹一杯食べてみたいと思いつつ...。

俺ね。恥ずかしや、ミスドってね。この歳になって初めて入ったんだ。(笑
posted by まっぴら at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

アドヴァース・エフェクト

それは唐突な出来事だったのだが、朝食後に1回、我慢出社して事務所に隣接した食堂で書類・回覧の類に眼を落としている時に1回、リバースして戻してしまった。インフルやノロ等では被感染者である周囲に迷惑がかかる事から、事務に書き置きを残して飛んで帰宅。その途上信号待ちの間にまた1回。吐き気が止まらない。

医者の待合室で、初めて悪寒、関節節々の痛みに気がついた。検査ではインフルは陰性、下痢・急な発熱等の症状が無いことからノロではなく、ただの風邪。喉の粘膜は真っ赤だった。思い当たる事はないが、先日の雪掻きでも祟ったのか?
普段は副作用など意識すらしなかったが、身体が弱っていたところに増量した禁煙補助薬を飲んだ為、副作用の吐き気といった症状がここぞ!というばかりに出た。“バカは風邪ひかない”ではなく、“バカは風邪に気がつかない”というのが最近言われている適切な表現らしいが、体調の異変に気がつかなかったのは服用後に出る(語弊はあるが朦朧)軽度の意識障害も手伝ったのだろうとの見解。(運転はいかんよ...確かにそうだよね。) 
風邪薬が処方されるため急遽禁煙補助薬の服用は減量になった。指先の爪の先ほどの大きさであっても、やはり薬は怖い。煙草も毒だが、薬も毒なのである。そう思うと、なにやらこの水色の錠剤の持つ秘めたる魔力に近寄り難い...。

しかしここへ来て飲み薬の数が一挙に増して不安になる。血圧の降圧剤(朝・晩)、禁煙補助薬(朝・晩)に加えて、風邪薬・各4錠(朝・昼・晩)、うがい薬1瓶...。無いよりはマシかも知れないが、埋れるほど豊富にあってもあまり気分のいい光景ではない。細かい錠剤を溢さないように一粒二粒...と勘定しているだけで“ヤクガイ”と何ら変わりなく、宵を迎えずとも改めて熱が騰がりそうな思いである。とりあえず週明けまで寝ている事にします。
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする