2014年06月22日

歯医者復活戦?

先週の事になりますが、ワールドカップ第2戦、日本VSギリシャ。現地時間6月19日、ブラジル北東部ナタルのドゥナス競技場で2014 FIFAワールドカップのグループステージ第2戦でギリシャと対戦し、0−0で引き分けました。この日、Cグループのもう一つの試合で、コロンビアがコートジボワールに2−1で勝利。勝点を6に伸ばし、グループステージ残り1試合を待たずにラウンド16進出を決めました。日本はギリシャと共に勝点1で並びながらも、得失点差でギリシャを上回って、コートジボワール(勝点3)に次いで3位につけています。
この結果、日本がグループステージ突破をするには、日本が24日のコロンビア戦に勝つことが最低条件になります。その上で、コートジボワールがギリシャに負け、あるいは引き分けた場合に得失点差で、2010年大会に続くノックアウトステージ進出の可能性がでます。世界の壁はやはり厚い!日本が苦戦したドログワ、ヤヤ・トゥーレを有するコートジボアールを下したコロンビアは、かなり手ごわい相手となりそうです。

現在愛車のダッシュボード上のマフラータオルはブラジルの物。(笑)

002.JPG

↑この試合の直前でしたが、右上顎の犬歯が虫歯で欠け落ちてしまいまして、数年ぶりに歯医者通院を余儀なくされることとなりました。表面の黒い染み(虫歯)は僅かですが、エナメル質の下の柔らかい象牙質を経年浸食・空洞化し、何かのはずみで表面がボコッ!と崩落するという。歯の裏側で気づきにくくまったくの無痛でしたが、食い物・・・特に米粒が丸々詰まる(治まる」)不快感に耐えられなくなり、ついに近所の歯科医院のお世話になる事となりました。麻酔を打ち神経を抜く。先の犬歯の裏側に大穴。(糸切り歯 穴に紐通すと 針みたい)他、虫歯2か所だとの事。現在は仮でゴムの詰め物をして蓋をし、金属製プラントの到着を待つ状態、ゆえここ当分は通院する運び。

001.JPG

鉢植えのブルーベリー・・・実が青みを帯びてきますと、ムク鳥に狙われます。それで鳥よけとして網を被せました。鉢植えにすっぽり被せる筒状(円柱状)の物は、市販品にも流石にありませんで、巻いてある網を2mほど買ってきまして、事務用のホチキスで端を止め、筒状としました。これを菊用の伸縮する支柱に3か所止めで固定しただけ。横方向にボーンは敢えて用意しませんでした。というのも荷重がかかると、提灯の様に潰れてしまう。まだいろいろと創意工夫が必要だ。


posted by まっぴら at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

2014ブラジルW杯

2014fifa.jpg

2014FIFAワールドカップ、一所懸命見ております。期待の日本、コートジボワールに1−2の逆転負けを喫し、誠に惜しかった。不調のヤヤ・トゥーレに気を取られましたが、コートジボアール勢のジェルヴィーニョ、カルーとFWは曲者揃い。更には後半戦、国を挙げての英雄:ドログバの投入が試合の流れを一変させてしまった。碧き益荒男の砥がれし鋭き槍先、橙の勇士の骨喰い割るまでは届かず。

BqIqWRvIIAEIAUB.jpg

もう一つの試合でコロンビアがギリシャを3−0で下し、Cグループ首位に立ち、コートジボワールが得失点差で2位。日本は得失点差でギリシャを上回って3位スタートとなりました。日本はグループステージ第2戦で19日にナタルでギリシャと対戦します。次のギリシャ戦がんばってください。コロンビアは強敵だぞぉ。

ワールドカップに浮かれるあまり、父の日であった事を忘れていた...。


posted by まっぴら at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

上半期の宝物

先月の二十日過ぎ辺りから職場は次第に忙しくなり、狂気の晦日繁忙を引き摺って、一般常識では考えられないような苦界が際限なく現出する。「もう勘弁して!」という感じ。正直転職も考えたが(苦笑)手に職も薄く日干しになるのを待つわけにもいかず、半ば諦めとか修行の心境orz  日々折れそうになる心の糧を2点ほど。

忙しさに取り紛れ亡兄の遺品であったZIPPOを紛失。故:持ち主の性格を考えれば、プイッ!と眼前からいなくなり、数日して機嫌が収まれば不意に戻ってきていた事から、おおかたまた舞い戻ってくるであろう。
近所のドラッグストアが閉店し、同店舗は改装、今流行の中古買取専門店がOPENした。そこで見つけたZIPPOライター“ニューヨーク・ヤンキース”モデル。それもゴジラ松井/MATSUI 55の記念モデルだった。背面にシリアル・ナンバーが打刻されている。限定10.000製造の商品だろうか?

002.JPG

携帯端末が普及して、実用品として一気に世間的価値が薄まったのは、実は腕時計ではないのかな?とりわけクロノグラフといった高級品は自分には縁がないと思っていたが、昨今はこれら商品も(性能は兎も角)一部割と安価で購入できるようになったようだ。目を引いたのはパイロット・クロノ。抗日戦で義勇参戦した空軍“フライング・タイガース”の名を冠したパイロット・クロノ回転計算軸。装着してみると意外と重い物だった!(断っておくが、これは質流れ商品ではない。)

この光物2点が最近のお気に入り。
posted by まっぴら at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする