2014年10月19日

ビートルと空挺

先だってエアボーン・ジャケットを新調。(正しくはコート・パラシューター・ジャンパーM1942)第82空挺仕様ですから映画『遠すぎた橋』のR・レッドフォードが着てたモデル。『バンド・オブ・ザ・ブラザース』もそうだったかしら?

ebj.jpg

ジッパーはTARON社製。ポケットの容量が増大しつ軽量化には成功したが、防寒性には劣る。使用の性格上、味方認識用に右肩には大きく星条旗が縫い付けられましたが、従来のパッチではなく布地にカラーの印刷物。目立ち過ぎる事から後にアームバンドに変更されたとか。
元々は愛用のタンカース・ジャケットが綻びてしまい今季新調したかったが、11月末公開の映画『フューリー』の前評判から、市場で製品が枯渇してしまっているため。(ミリカジは再燃するのか?)今年の冬は我慢します。

050a.jpg

小型ビートル〜機首レドーム内のデッチアップ工作にもたついてる間に、HASEGAWAの1/72『ジェットビートル』が入荷しました。SIII、S117・S118、S119と三機種を選択できる恐ろしいキット。マーキングや対怪獣攻撃用ミサイルの形状が全部違う!これと可動ファルコの工作で、案外年が越せそうな気がします。(笑)

053a.jpg
posted by まっぴら at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おらがファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

10月の流星

10月に突入しましたが、特別変わった話はありません。先月と比較して仕事だけはかなり忙しくなりましたね。模型の1/72『飛行艇ファルコ』は、概ね塗装が終わりましたが、クリヤーがけの段階で待機中・・・というより、休みの日はどういうわけだか?不思議と天気が悪いもので。日頃の行いが悪いんでしょうか?

001.JPG

この間にポチポチ『ウルトラマン』に登場する『小型ビートル』を仕込んでおりましたが、珍しく電飾がやりたくなり、LED、光学繊維、コイン電池の電池BOXを探し回る日々。家電量販店でも模型屋でも電材関係は流通経路が違うせいか、なかなか見つかりませんで、ハンズさんのお世話になり、取り寄せ・取り寄せでようやく探し集めました。

003.JPG

レンタルしてきた『ウルトラマン』DVD『噴煙突破せよ』映像を頼りに、凸モールドの塗装。

005.JPG

コクピットにハセガワのハインド-A搭乗員から改造した科特隊隊員(超懐かしー!)2名を乗せました。肩当とネクタイはパテ。素体が小さい(背後は10円玉)ので加工が大変でした。

002.JPG

更に計器盤・モジュール等に0.6φの孔を穿ち、0.5oの光ファイバーを通し、熱収縮チューブで束ねて光らしてみました。(別回路で点滅球も用意してあるので、チカチカ光る箇所もある。) 白色LEDだと少し明る過ぎましたね。かと言ってムギ球ですと黄色い・・・昭和の裸電球色(笑)1/72において再現不可と思っていた科特隊員ヘルメットのクリヤーのバイザーに二次光沢が反射すると、鳥肌が立つほど感動いたしました。

002.JPG

この効果に気を良くしてつい調子に乗り、この機は航空機なのか?ロケットなのか?一応航空機という解釈に準じて(笑)翼端灯と尾灯、衝突防止灯といったものをつけてみました。右翼端:緑,左翼端:赤,尾部:白の予定。機首レドームは乳白の透明で(おそらく撮影に使われた操演模型には塩ビ材が使われていると思われる)ここにも黄色い照明が灯りますので、内部のデッチアップを含めていろいろ妄想しているところ。気色ばんでハードウェアたる戦車を作っていた時とは違い、癒しの模型ライフです。遊び方が少しだけ変わりました。

001.JPG
posted by まっぴら at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。