2015年09月22日

五式中戦車(1)誤式ノ薦メ

今期と言うか?業務じゃないけど、もうそろそろ模型も本腰を入れないとまずいぞホントにまずい・・・
小型ビートルにかまけていたのが昨年の10月。1/35AFV『二式砲戦車[ホイ]』が8月でしたから、久しぶりの模型工作雑記になります。ファインモールドの『五式中戦車[チリ]』の工作を始めました。最近なかなか時間が取れなくて・・・とほほ。

CLPapxzVAAADykv1.jpg

この鹵獲車輛は巨大に映りますが、実車スペックはX号戦車パンターと同クラス。欧州戦役で半ば"超獣戯画"と化した独戦車体系の日本的解釈。(四式中戦車[チト]より少し大きいのか) 下地の表面処理も(それまでの物に比べ)面積が広すぎて気が遠くなりそう・・・だなんて我ながら不甲斐無い。マイアームもブランクが怖い。

COvrPSaUEAA3UaL1.jpg

前部泥除けは撤去。後部は炙ってガリガリ削り込み。工業用シンナーで車体表面を少し荒らしたぐらい。描きこんだところで、覘き込んでもほとんど見えないMっ気たっぷりの車内塗装↑ 試験用プラットフォームゆえ歴戦の塗装を持ち込むのもどうかと思うけど、煤っぽさ、OIL垂れなど各種試験で苛められた痕跡を描きました。

CPVw691UkAAc_5p1.jpg

迷った挙句、防盾を取っ払って板で塞いじゃった。試製五式七糎半戦車砲の試作砲は開発が間に合わなかったので、これでいいのだ。 "牙を折られた和豹"というような、歯が浮いてしまいそうな厨的解釈ではなく、人間(模様)を詰め込んだ溶接鋼鈑(八幡製鉄所製の35oプレスクェンチの防弾鋼鈑と言われている)の容器というようなイメージで進めたいと思います。

CLPZwzBUwAAzvty1.jpg


続きを読む
posted by まっぴら at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | モケ・ログ(模型log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。