2008年10月12日

大河「篤姫」(第41話)

第二次長州征伐に向けて征夷大将軍家茂は機内に向け出陣しますが、密かに時期将軍候補を天祥院に告げます。自分に万が一のことがあっても後継者争いが起きないと考え抜いたうえでの行動でした。京都では一橋慶喜が朝廷に取り入り、長州征伐に暗躍しています。
家茂が出立した後、病に伏していた観行院(和宮の生母)はついに亡くなってしまいました。

一方在野では、幕府海軍操練所の存続の為薩摩藩に接近した坂本龍馬の奔走と小松帯刀の尽力で、犬猿の仲であった薩摩藩と長州藩が軍事同盟を締結します。

これが「篤姫 第41話 薩長同盟」の肝なんですが、全体的に朝敵の汚名を受けた長州サイドの台所事情が詳しく描かれておりませんので、随分唐突な印象を受けました。まあ話の軸足が江戸城内の天祥院であり薩摩よりではありますし、流血を厭う番組構成なので、薩長のそれまでの険悪な関係を描く上で、幕末劇として詰めの甘さを感じるのは致し方ないんでしょうね。

薩長同盟締結後、京都に潜伏した龍馬は伏見寺田屋で幕府役人の襲撃を受けます。劇中小松屋敷でもそうでしたが、やたらとピストルを見せびらかすシーンが多い気がします。アウトローやガンマンの類ではありませんから、後にちゃんと万国公法に繋がる演出は用意されているのでしょうか?(これを描かないと龍馬の人間的成長には結びつかないでしょう)

また戦争が長引きそうな事を懸念して、天祥院は蟄居謹慎している勝に、家茂を江戸に連れ戻すように働きかけます。来週はいよいよ将軍家茂の薨去「息子の死」。かなり駆け足の展開ですね。
posted by まっぴら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | テレ・ログ(TVlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107987567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

篤姫 第41回「薩長同盟」
Excerpt: 篤姫も残すところあと10回となってしまいました。篤姫のオープニング曲も最近ではかなり耳になじんできていて、すごくいい曲だなぁと改めて感じるようになると共に、もう聞くこと...
Weblog: あしたまにあーな
Tracked: 2008-10-13 01:07