2014年03月18日

映画「戦艦大和」

「モハヤ傾斜復旧ノ見込ミ無シ!」この台詞が何より重い。ディアゴスティーニ・ジャパンの『東宝・新東宝戦争映画DVDコレクション〜戦艦大和』を購入しました。幼少の頃、親の許しを得て深夜放映でたった1回見たっきり。静かな感動に打ち震えておりました。書割セットやミニチュア・ワークの粗末さは昭和28〜9年公開作品ですので目を瞑るにしても、余計な色彩を排除したモノクロ画面の醸し出す恐怖は、『戦艦大和』を扱い追随する映画作品など足元にも及ばない。

001a.jpg

連合軍占領終了直後のクランク・インだったそうで、その製作は原作を基とした脚本と映像倫理との戦いだったようです。
藤田進、高田稔、特に分隊士を演じる舟橋元さん、役者の教科書のようないい男優です。マイルドな顔立ち、こういう役者さんが今いないのが何とも寂しい限り。ラインナップを見る限りでは今まであまり期待していないDVDコレクションだったのですが、ポツポツと断片的に揃えてみようかと思います。
posted by まっぴら at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック