2014年06月22日

歯医者復活戦?

先週の事になりますが、ワールドカップ第2戦、日本VSギリシャ。現地時間6月19日、ブラジル北東部ナタルのドゥナス競技場で2014 FIFAワールドカップのグループステージ第2戦でギリシャと対戦し、0−0で引き分けました。この日、Cグループのもう一つの試合で、コロンビアがコートジボワールに2−1で勝利。勝点を6に伸ばし、グループステージ残り1試合を待たずにラウンド16進出を決めました。日本はギリシャと共に勝点1で並びながらも、得失点差でギリシャを上回って、コートジボワール(勝点3)に次いで3位につけています。
この結果、日本がグループステージ突破をするには、日本が24日のコロンビア戦に勝つことが最低条件になります。その上で、コートジボワールがギリシャに負け、あるいは引き分けた場合に得失点差で、2010年大会に続くノックアウトステージ進出の可能性がでます。世界の壁はやはり厚い!日本が苦戦したドログワ、ヤヤ・トゥーレを有するコートジボアールを下したコロンビアは、かなり手ごわい相手となりそうです。

現在愛車のダッシュボード上のマフラータオルはブラジルの物。(笑)

002.JPG

↑この試合の直前でしたが、右上顎の犬歯が虫歯で欠け落ちてしまいまして、数年ぶりに歯医者通院を余儀なくされることとなりました。表面の黒い染み(虫歯)は僅かですが、エナメル質の下の柔らかい象牙質を経年浸食・空洞化し、何かのはずみで表面がボコッ!と崩落するという。歯の裏側で気づきにくくまったくの無痛でしたが、食い物・・・特に米粒が丸々詰まる(治まる」)不快感に耐えられなくなり、ついに近所の歯科医院のお世話になる事となりました。麻酔を打ち神経を抜く。先の犬歯の裏側に大穴。(糸切り歯 穴に紐通すと 針みたい)他、虫歯2か所だとの事。現在は仮でゴムの詰め物をして蓋をし、金属製プラントの到着を待つ状態、ゆえここ当分は通院する運び。

001.JPG

鉢植えのブルーベリー・・・実が青みを帯びてきますと、ムク鳥に狙われます。それで鳥よけとして網を被せました。鉢植えにすっぽり被せる筒状(円柱状)の物は、市販品にも流石にありませんで、巻いてある網を2mほど買ってきまして、事務用のホチキスで端を止め、筒状としました。これを菊用の伸縮する支柱に3か所止めで固定しただけ。横方向にボーンは敢えて用意しませんでした。というのも荷重がかかると、提灯の様に潰れてしまう。まだいろいろと創意工夫が必要だ。


posted by まっぴら at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デリ・ログ(日常log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック