2015年12月29日

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

ここ9か月・・・仕事についていくので精いっぱいで、帰宅するやいなや明日に備えすぐ寝てしまう日々。余暇は親の半介護ならぬ介助に時間を割かれてしまうので、生活のゆとりや潤いといったものから遠ざかっている日々が続いています。好きな映画も劇場に足を運ぶ時間がなくてBlu-ray&DVDに頼ってしまいます。そのおかげと言ってはなんですが、『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』だの『ターミネーター:新起動/ジェニシス』等、話題作はあらかた充実してしまいました。でもやはり大迫力の劇場で見たいねぇ・・・


6321ae6e46cb71b32758f0012c51ae1e-691x1024.jpg

近年稀に纏まった正月休みが取れたので『スター・ウォーズ/フォースの覚醒【字幕 2D】』を劇場で鑑賞してきたのが今日の話。『マクベス』やら『ハムレット』やら沙翁(シェークスピア)四大悲劇が、形や語り部を変え現代に継承されているというような印象を受けました・・・とTwitterで呟いたところ、海外のフォロワーで同じような事を考えていた人が居るらしくこの画像。

CWmefbEVAAAK8vj.jpg

最も『エピソード1/ファントム・メナス』』の頃からこの作品はそうだけどねw 7作目を見るまで自分が生きてるとは思わなかった・・・(^^; この項では別に映画の感想は書きません。

満足というか腹一杯。つまりは未消化、不勉強が祟りまして。次は3-Dで見たいなあと欲を掻いたり・・・


posted by まっぴら at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック