2016年02月07日

マーヴェルへの誘い(2)アイアンマン

いい加減な映画好きを露呈するが、恥ずかしながらやっと『アイアンマン』[Blu-ray]を見た。言わずと知れたマーヴェル・コミックスを代表する作品の映画化。それまでは作品スチールでよく見かけたが、マスクから時折ながら口髭が覘くロバート・ダウニー・jrに正直あまり好印象を持たなかった。先だって見た『アベンジャーズ』で多少キャラ立ちして耐性がついたのかもしれない。それでもヒーローキャラに髭はあまり関心しないけどなぁ・・・

ironman.jpg

ヴェト・ナム戦争下に端を発したその原作(63年)のコミックも断片的にNET上で垣間見れたが、この「メタリックのバケツ野郎!」・・・確か『ロボコップ』での台詞。『ターミネーター』も含め、ド鉄金属打突格闘系の原形はここにあるような気がします。NASCARのストックカーのイメージ。ド鉄の打ち出しボディ。ドアも一体成型で窓から乗り降りする。あるいは火花を散らしながら激しい金属音、クラッシュカーレースのように如何にもアメリカ作品らしい荒々しい感覚が妙に心地良かったりする作品。ストーリーは単純明快なポップコーン・ムーヴィーだ。

IMG_9679.JPG

話はこれに留まらず、実はその数日後HOT TOYS ムービー・マスターピース 1/6 フィギュア: グウィネス・パルトロウ/ペッパー・ポッツ with アイアンマン・Mark.9セットを購入してしまう。歪んだボクの思考はマーヴェル作品への取っ掛かりとして、肝心の映画の良し悪しではなく、まずドールといった全周囲型のカタチから飛び込んでしまった感がある。(笑)

IMG_9690.JPG

パルトロウは表情が少し硬いけど、そっくりだなぁ。フラッシュ焚いたら生き人形・・・ 植毛された頭髪を整える為にメーカー実際の整髪料を推奨しているのに驚かされた。

IMG_9689.JPG

仮にパルトロウのHEADパーツだけ別途注文して段ボールで郵送されてきたと仮定して・・・映画『SE7EN』にオチを見出す。こういった良からぬ事を考えつく鬼畜はきっとボクだけだろう。

images9C5Z1V2Y.jpg
 
posted by まっぴら at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433527828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック