2016年04月29日

『シビル・ウォー キャプテン☆アメリカ』

G・W連休初日、ユナイテッド・シネマ浦和、4番シアターにて『シビル・ウォー キャプテン☆アメリカ [字幕] 』IMAX3Dで鑑賞してきました。”国家をとるか?友をとるか? ”待ち望んだ映画ゆえ、感激の極み。キャップごっつええねん・・・(涙声

civilwarsmall-432x640.jpg

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼させるテロ事件が起きてしまい、その首謀者はキャプテン・アメリカのかつての戦友:"バッキー"・バーンズであった。

前作『キャプテン☆アメリカ ウインター・ソルジャー』セバスチャン・スタン演じる"バッキー"・バーンズ/ウインター・ソルジャーがより一層重層なバックボーンを持つキャラクターとして描かれています。ブラック・パンサーことチャドウィック・ボーズマン、また他映画会社から大人の事情の壁を乗り越えマーヴェル・シネマティック戦域に加わったスパイディの縦横無尽、天地無用の活躍もまず飽きさせず、今後単体映画として継続するプロモーション的にも成功を得るんではなかろうかと期待しています。

驚いたのは『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の後日談としてダニエル・ブリュールが出演しておりまして、クールにしてシニカルな演技がひどく心に留まりました。単に邪悪ではない、悲哀に満ちたヴィラン(悪役)として。

一方物足りなさに苦言を申すのが、ブラック・ラムロウ/クロスボーンズ(フランク・グリロ)の勿体ない使い方。今後もクリス・エヴァンスを続投させたいが為、『デアデビル』や『パニッシャー』等の映像作品に通じる繋ぎの橋を焼き払ってしまったような気がします。

あとウイリアム・ハートが演じたサディアス・"サンダーボルト"・ロスの存在。彼はオールド・アベンジャーズ分散後、レッド・ハルクとなりゴーストライダー、デッドプール、エレクトラ、パニッシャー、エージェントベノム等を率いて”サンダーボルツ”を結成するはずなんだけどなぁ〜。

ChLwbS_UkAANuGj.jpg


posted by まっぴら at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック