2016年07月31日

『シン・ゴジラ』

SHIN-GOD.jpg

積極的な広告展開がなされなかったのか?あるいは受け手が暑さでボケてて気が付かなかったのか?ただでさえマーベル呆け(笑)すいません。映画『シン・ゴジラ』という作品を軽く受け流してしまうところでありました。NET評判に慌てて朝一番でMOVIXさいたまAシアターに駆け込み、鑑賞して果たしてきました。。ギャレス版『ゴジラ』も劇場で見ましたが、邦画ですと『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』以来かなぁ〜。

ほぼ満席状態でしたので前列しか空きがなく、本明朝EUフォント(エヴァ明朝とは違う!)に彩られた官職・所属の活字の羅列と、専門用語が散りばめられた細かい台詞の暴威に晒され、抗う術を知らず空を見つめる一避難民のような視点。暴力の塊の進撃と蹂躙以外は、周囲で無数の非力な雀が終始囀ってる様な映画でした。


『ギャレゴジ』に見られるアメリカンなヒロイズムなど無く、公職が事態の解決と鎮静に向け、黒く手脂を刷り込むような事務的な仕事を着々とこなして、運悪ければドラマ性もなく持ち場で死んでいく・・・一度では理解不能な専門用語と情報量の多さは圧倒的。怪獣映画としては異端というか、限りなくエヴァに近い立ち位置かもねえ・・・もう一回劇場で観たくなった傑作でいたく満足しました。てか再見しないとまず消化しきれません(^^;

ふと疑問。この映画は海外ではどういう評価や反応を受けるんだろうか?この点非常に興味があります。

posted by まっぴら at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440608616
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック