2005年11月06日

「ALWAYS 三丁目の夕日」に沈んだ日

always.jpg


昨日から劇場公開中の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。近作映画を観るたびに悪態ばかりついているまっぴらでありますが、とかく最近病的に涙腺が弱い関係上(笑)、もうオープニングの“ゴム動力飛行機”からして、すでに駄目状態でしたよ。(笑)
劇場はざっと見渡しますに、朝も早よから年配の方がだいぶ多かったのですが、物語が進むに従って、皆さん心の琴線にも触れ出したのか?あちこちから洟をすすり上げる音が聞かれ、まっぴらも舞台となった「昭和33年 東京」を知らないクセして、ついつい貰い泣きしてしまうのでした。この「昭和33年」っておおよそ今から47年前ぐらいでしょ?だいたいこの時代闊歩していた登場人物って、私らのおとうさん・おかあさんが、現在の私らより若い年齢で過ごしていた(であろう)時代なのですから。

原案となったのは西岸良平さんの秀作漫画「三丁目の夕日」から12編のエピソードを原案として抜粋。1つに纏め上げたのだけど、登場人物たちのバック・ボーンに厚みがあり、演じる最近の若い役者といえど、それぞれ妙に説得力を感じる(ノスタルジーに助けられてか?)ので意外とすんなり入れました。

ネタはばらさないので皆さんも是非劇場に足をお運びください。無表情、無関心、硬質的なコミュニケーション手段しか持たない現在とはまったく違った...否、異世界の昔の懐かしい...そして暖かった“失われた花の都”、“ファンタジー都市”東京の姿に逢う事がでます。CGで構築・再現された昭和の東京の風景も実に素晴らしかった。まっぴら的には花丸を上げたい出来でした。

オープニング・タイトルですでに駄目。原作の集団就職組“六さん”は今回“六子ちゃん(堀北真希)”に変わっていたけど、純粋なひた向きさに好感触。茶川(吉岡秀隆 原作はお爺さんなのだけど...。)と淳之介(須賀健太)の「縁もゆかりもない赤の他人の関係」が次第に「親子以上のかけがえのない存在」になっていくのにメロメロ。特に町医者“アクマ”こと宅間先生(三浦友和)の“焼き鳥の御土産”のくだり“不意のジャブ”でもうボロボロ。(泣)かつて私等の“青春のヒト”であった“薬師丸ひろ子”さん演じる「鈴木オート」の妻トモエの、あまりに「出来の良い妻」の姿がえらく印象に残りました。出演者は皆さん良かったですよ〜。

帰宅運転中に「三丁目」の泣けるシーンを突如思い出し、信号待ちでボロボロ泣いていたら、偶然近くにいた交通課のおまわりさんが「旦那さん。どーしました?」(爆)「いや。これ。」と助手席のパンフを指差したら「ああっ!ワタシも来週非番の時に観に行こうと思ってましたが、そんなに良かったんですかぁ〜?」なんて。(笑)
なぁんだ。“今時の邦画”も“今時の日本”も満更捨てたモンじゃないじゃんか! 

ALWAY 三丁目の夕日」 http://www.always3.jp/

そういえば、その昔亡くなったウチの親父に、子供の頃「東京タワー」に連れてって貰ったっけ...。ふと「零戦」で思い出したが、「里帰り零戦」の飛行なども一緒に観に行って、その後プラモ買って貰ったのを急に思い出したアルヨ。いかん!また眼の前がかすんできやがった。てへへ。こりゃホンマに駄目だ...。


posted by まっぴら at 13:45| Comment(0) | TrackBack(21) | ムビ・ログ(映画log) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 続いて日劇東宝で「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。 西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、 昭和33年の東京を舞台に、 家族や近所の人々の触れ合いや人情を描いた作品。..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2005-11-06 18:24

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2005-11-06 18:31

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-11-06 18:33

もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」
Excerpt: もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-11-06 21:33

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: マクタロウとマクタロウ母と3人で小田原まで見に行って来ました。 「ジュブナイル」「リターナー」とSF色の強かった山崎監督が「三丁目の夕日」を映画化すると驚いていたのが昨年の12月。確かに今回は、一..
Weblog: マクノスケblog
Tracked: 2005-11-07 21:23

映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-11-09 15:08

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-11-09 21:19

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!
Excerpt:  2005年11月8日 『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! ..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-11-10 03:23

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日____監督:山崎貴__出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他____昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
Weblog: マボロシログ
Tracked: 2005-11-10 17:20

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 舞台は昭和33年の東京 この年 東京タワーが完成します 「もはや戦後ではない」と言われた頃 青森から集団就職で六子(ムツコ)が 上京してくるところから物語は始まります  公式サイトはこちら ..
Weblog: そこで馬が走るかぎり
Tracked: 2005-11-10 23:51

物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-11-11 21:43

今日の万歩計 「Always 三丁目の夕日」を観た
Excerpt: 今日は、 12,187歩だった。 レイトショーでAlways 三丁目の夕日を観てから、11時頃歩いて帰宅。 ずいぶん寒い。 吐く息が白く見えそう。 そ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-11-12 23:29

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: なにを観ても最近の日本映画には幻滅を繰り返してたけど、脚本と演出と撮影と演技を丁寧に積み上げていけば、こんなにも良い映画が出来るのか〜、と心から感動した一本。 ..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-11-17 22:35

『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 西岸良平の原作コミックは昔ちょっと読んだ事があったのでどんな話か知ってはいたものの、その独特の作風がどうにも苦手で、それ以降全く読んでいなかった(別に嫌いじゃありませんが)。よって、この映画も当初全然..
Weblog: ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション
Tracked: 2005-11-19 19:32

ALWAYS☆三丁目の夕日
Excerpt: 昭和33年春から年末までのお話・・・ 吉岡秀隆さんと言えば・・・北の国からの純君のイメージ一色でしたが いい俳優さんになりましたよね! 個人的に・・・私のNo.1は、堤真一さん&#63890..
Weblog: ☆INTERIM~まだ夢の途中~☆
Tracked: 2005-11-20 21:41

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。 ”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2005-12-02 12:28

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: みなさんは師走のお忙しい中、どうされてますか? 私は年末気分を楽しんでいますよ。朝から普段観れない映画やTV番組、DVDを貪るように観ています。今日は映画館に足を運んでみました。
Weblog: すりこ木日記
Tracked: 2006-01-02 20:40

ALWAYS三丁目の夕日−(映画:今年80本目)−
Excerpt: 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、三浦友和 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) こだわ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-06-22 01:45

真・映画日記『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』
Excerpt: 7月12日(水) 毎度のごとく、神谷町駅近くのスタバにいったら……なんとまだ準備中だった。 え、こんなことってあるの?しゃあないけど。 日中はとくになし。 mixiをチェックしてみると..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-12 16:30

「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 映画館での感動をもう一度…と思って「ALWAYS 三丁目の夕日」のDVDを借りて観ました。私が生まれるはるか昔の日本、なのにどこか懐かしいのはなぜでしょう?もう少し年代が上の方の方が評価が高いみたいで..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2006-08-18 22:07

【DVD】ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 冒頭から、セピア色の懐かしさが、画面いっぱいに広がる。コンピュータグラフィックと判っていても、昭和30年代、東京タワーが、半分出来ている光景は圧巻である。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2006-09-04 04:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。