2016年10月29日

エイジ・オブ・ホットトイズ

コンテンツやら更新がすっかり止まってしまいましたが、近況はボチボチでんがな。今年はどう狂い咲いたのか、ホットトイズの年になってしまった。

IMG_0046.JPG

もう手に入らないと思い諦めていた『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』インクレディブル・ハルクを、サマーセールで偶然見つけてしまい、それを皮切りに歯止めが利かず随分揃えてしまいました。というよりも、予約通りに品物が入荷せず発売月が延期延期、あるいは前倒して他の予約商品と被ってしまったりするチャイナ・クオリティ・・・

IMG_0044.JPG

ハルク購入後のバッツ(バットマン)、

IMG_0008.JPG

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ、サマーセール後の店頭在庫:ニック・フューリー等々(これはポイントにて)。もうビョーキだね(^^;

IMG_0043.JPG
posted by まっぴら at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

NECA エイリアン ビッグチャップ

遊星からのブツ来たる。NECA エイリアン ビッグチャップ 1/4 アクションフィギュア ノーマル ver。全高約56pというと大よそ踵から膝下のサイズ。そのボリュームをなめてました侮ってました。置く場所に困りどうもすいません。ヴァリアント.verではなく敢えてノーマル.verを選んだのは、実は半透明の唇の有り無し。口腔内も口顎も開いた.verと閉じた.verがあるそうな。夜襲われそうです(^^;

IMG_9969.JPG



posted by まっぴら at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

台風一過の煩悩アラカルト

夏季休暇明けから仕事が忙しくなった。加えて週明けの台風9号の猛威に辟易。帰ってきて寝るだけの生活が急加速する。

NECAの『エイリアン』アクションフィギュアを一体購入してきました。『AVP エイリアンVSプレデター』版“エイリアン・ウォーリアー”なんだねぇ。尻尾を介すれば3点で自立できるフィギュアなので、スタンド等を用意する手間がいらない。上半期に購入したドッグ・エイリアンはブラウン処理。AVP版はガンメタ処理。なかなかの気持ち悪さ(^^;

IMG_9961.JPG

造型的には1作目の"ビック・チャップ”と呼ばれるエイリアンが一番好きだ。スチール等でよく見かけるところの、直線的な運動形態が絵になるんだがなぁ・・・

alien01.jpg

どのような意図でこういうポージングを取るのか?想像を差し挟める。ウォリアーは「さて、襲うぞ」とばかりに構えるファイティング・ポーズからしてスーツアクターの気負いが窺い知る事が出来てしまい、昨今の"走るゾンビ"のように、闘争本能以前に”邪悪な意思”を感じて一気萎えしてしまう。

階段の壁が淋しくて映画のポスターか何かを貼りたかったが、『SPIDER-GWEN』のコミックを額縁に入れて飾ってみた・・・と相変わらず玩物喪志の真っただ中だが、後悔は微塵もないのが困りもの・・・

IMG_9963.JPG




posted by まっぴら at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

ホットイてドール趣味💛

このところマーヴェル作品の事ばかり書いているけども、ボクの場合、映画の出来栄えさて置いてそもそもの取っ掛かりがヨコシマで、ホットトイズの製品クォリティを目の当たりにしなければ、ここまでブレイクはしなかっただろうと思う。

いや、しかしここ半年でホットトイズが増えたなぁ〜・・・(溜息)収集興味は主にアベンジャーズでも『エイジ・オブ・ウルトロン』周辺なんですけどね。

hottoys1.jpg

その後、ヴィジョン、スカーレット・ウイッチ、アントマン、レイア姫と増えました。にわかにBlu-ray Disc レコーダーが1/6軍団の棚になってしまった・・・展示スペースやら住宅事情を考えると、スター・ウォーズの周辺キャラを集め始めると底なしになるので(サイドショウのR2-D2は押さえておきたかったが、時すでに遅く💦)、ここいらで手打ち。

アベンジャーズは終売商品が多くて(ハルクは欲しかった・・・)、新作『シビル・ウォー』関連のキャップとブラック・ウィドウを購入して終わりにしようかと。結構値が張る高額商品・・・

IMG_9834_1.JPG

最もボクが好きでコレクションしたかったのは、アイアンマン各種や派生派のウォーマシンなんだけどね。画像はMark.9。(今月末のアイアン・レギオンは泣きます。)来年発売予定のダイキャスト製Mark.46が今から楽しみです。5月は税金の収奪強化月間ですのでw(;´Д`)来月のMark.45はちょっと微妙・・・

hottoys2.jpg

ルークとレイア姫は別スペースに配置していますが、スネークドッグ・エイリアンが鎮座ましましていますので、さながらヴィラン(悪役)扱い。現在は埃対策でビニールかぶせてありますが、いずれ展示用のクリヤーケースを探してみたいなってな具合。

posted by まっぴら at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

ハスブロ:スパイダー・グウェン

Marvel-Legends-Absorbing-Man-Series-Spider-Gwen-Packaged-e1449246032925.jpg

ハスブロのマーヴェル・レジェンド・シリーズ『スパイダー・グウェン』を購入したのは勢い余っての事。しかしながら造型的にはあくまで”幼児が舐めしゃぶり咥える”Toyクオリティなので、グウェンちゃんの表情が気に入らぬ。

Spider-Man_Legends_12__scaled_600.jpg

ね!なんとなく戸〇恵子似。エマ・ストーンみたいに綺麗にならないの?あまりの慟哭事情だったので、整形手術ならぬ改造工作に踏み切りました。”大人が舐めしゃぶり咥えたくなる”更なる高み=ハイクォリティを求めて!(嘘嘘www

2012_0707-photo9.jpg

ソフトビニールのような素材でしたが、リューターでバリバリ削ってサンドペーパーで修正。主に頬骨、顎周辺を削ってチンクシャ顔に。表面を荒らすので塗料の食いつきはいいのですが、パテ補修は定着しないと思われます。髪の毛パーツは当初彫り込んでおりましたが細やかさや柔らかさが表現できず、根こそぎ剥ぎ取って鉄道模型用フィールドグラスで簡単植毛。

キットは鼻の頂部が幅広く、また目と目の間が幾分開き気味のような気がします。ですから鼻の側面を削り込みました。目は(僅かながらモールドがありますが)ペイントで処理可能でした。水性クリヤー艶消しでコーティング。

IMG_9840_1.JPG

髪の根元を瞬間接着剤。形状を纏まらせる為に木工ボンド塗布。毛がだいぶ撥ねていますが、枝毛切りなど施して修正。大凡4時間ほどの作業。地に足を付けているより跳んでるポーズの方が似合いかな?近いうちに展示台を探してこようかと。

gwen.jpg


posted by まっぴら at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

綾も錦も君在りてこそ

IMG_9808_1.JPG

空蝉の 唐織衣何かせむ 綾も錦も 君ありてこそ

畏くも武蔵国一宮より姫まかりたまふ。 初めて姫君(プリンセス・レイア)にお会いした時、私はまだ小学生でしたよ。
今宵の私は錯乱状態。ホット・トイズさんに感謝。

IMG_9815.JPG

兄妹仲良くツーショット。
posted by まっぴら at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

NECA ドッグ・エイリアン

IMG_9703.JPG

NECAの 7インチ アクションフィギュア『エイリアン3』のドッグ・エイリアンを購入してグリグリ弄り回しているんですが、特徴的な足関節や造型の深いテールが見事で非常に驚いています。

IMG_9701.JPG

シリーズ中最も(生存者が)ワイルドな『エイリアン3』のDVDを環境再生しながら、部屋に解き放ってみる・・・

「さぁ!来い!かかって来やがれ・・・!」w

a3.jpg


posted by まっぴら at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

"スネーク"って呼べよっ!

Twitter方面で知りましたが、さる1月15日という日は映画監督:ジョン・カーペンター氏の御誕生日だったそうで。監督の御生誕を勝手に記念してw、サイドショー『ニューヨーク1997/ スネーク・プリスキン1/6 アクションフィギュア 』を購入してしまいました。アウトレット品だったので欠損パーツがありますが、至って満足の一品。

IMG_9659_1.JPG

MAC-10短機にライフル・スコープってよくわからないのだけど、展示中に行方不明になってしまったそうで、自作するかなあ〜。Smith & Wesson M67は1/6ながらシリンダがスイングアウトする精度の良さ。シャーペンの太芯ほどの銃弾が装填可能です。惜しむらくは、盾代わりとする16ガロンのトラッシュ缶の蓋と鉄釘を打ち付けたバットが欲しかったなぁ・・・<これも自作する?

002a-4054b.jpg

2013年『エスケープ・フロム・L.A.』の年に私が描いたプリンセス・スネーク。(セックス・チェンジ版)

「うなれ!俺のギター!」 "犯罪の帝王"=スネークも、我が家に来たらすっかり"遊びの帝王"と化してしまったw メディファクのFENDER 1962ジャズマスターを掻き鳴らす。最もこれは1/8なので微妙にスケールが合わない(^^;

IMG_9672.JPG


続きを読む
posted by まっぴら at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

ルーク爆臨!

あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。

新共同訳聖書 出エジプト記 20:4-5、「モーセの十戒」より


今回は”沼”ならぬ”お湿り”程度の話・・・模型は好きだが、ドール沼や偶像崇拝といったものをまったくしないワタクシでありましたが、この歳末〜新年に浮かれて、自らに架した信仰が大きく揺らぎました。結果がこれだ。

IMG_9648.JPG

過去記事『ウィリアム・ウォレス来臨』以来のご来臨。

大宮の氷川神社に初詣に向かう途中に豆魚雷 大宮店さんの店舗がありまして、なんとなく気になっていたのだけど、先の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒【字幕 2D】』の劇場鑑賞に気をよくして来店し購入してしまう・・・にとどまらず、後月発売予定のレイア姫も予約してしまいました。
エンターベイのドラゴンも魅力あったが、ショーウインドウでルークの初々しい姿にまず一目惚れでした。店長さんは気さくで大変親切な方で、「1/6に合いますよ」と銃器2点をサービスしてくださったのですけど、これは『メン・イン・ブラック3』に登場するスペース・ガンでした(^^;

IMG_9651.JPG

銀幕に老いたルーク・スカイウォーカーの姿を見た時に、エピソード1〜3にはない感動で"うっとり"と涙ぐんでしまった・・・第一作が封切られた時、ボクはまだ小学生だった。学校で劇場映画の話をしたり顔ですると人だかりができ、ちょっとした僅かな期間、クラスの人気者になれた。映画って媒体は塀越しに眺める大人の空間だった。レイに同行して観客が探し求めたのは、あの二度と戻ってこない尊い時間かも知れない。あれから随分と時間が経ったんだなぁ〜。

145151960160532196178_20151023124203.jpg
posted by まっぴら at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ドラグノフの月

昨夜は11年ぶり。月が地球の影にすっぽりと隠れる「皆既月食」が10日夜、全国で観測されました。御覧になられたでしょうか?なにやら霞んでボンヤリしていたなあ...。ベランダで冷たい夜風に吹かれながら、中二の頃、友達と回し聴きしたシングル・レコード、Visageの「Moon Over Moscow」の旋律をふと口づさんだりした。...もっとも寒くてすぐ堪えられなくなったのだけど。(笑

話は大きく跳ぶが、月齢(満月)の影響か ?年齢と共に不燃性を帯び始めた野生の血が、あるきっかけで瞬間的に沸騰する事がある。他人には勃起性直情思考と笑われる。(笑)
いつもの日曜日のように画材屋にICスクリーントーンを買いに出かけ、その足で模型屋に行き、「ブレードランナー」のポリス・スピナーの模型でも購入しようと向かったところ、結果として、何故だか?SVD ドラグノフ狙撃銃を購入してしまいました。 ロシア製軍用狙撃銃をモデライズしたSUS製エアーコッキング・ガン。まったくの衝動買い。見た目買いの一目惚れですな。

Img_6670a.jpg

AK-47カラシニコフ突撃銃とは似て非なるスリムなプロポーション。イズマッシュ造兵廠で生産された初期型がベースのようです。
長年愛用したマルイ:M-16A1ヴェトナム・ヴァージョン(電動)と比較してみましたが、軽い軽い♪ アルミ・バレルと銃身長が極めて長いので、命中精度は意外と高い。

Img_6671a.jpg

お手頃な価格ゆえ金属部品は少ないが、できればHOP-UPの機能があれば尚射程距離が伸びただろうなあ。先ごろ新発売された商品なので周辺の光学部品はまだ皆無なようで、雰囲気重視で是非PSO-1 4×24倍率スコープなんか欲しいところ。

Img_6672a.jpg
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ウィリアム・ウォレス来臨

Braveheartww01.jpg

ウィリアム・ウォレスなる人物が、突如として我が書斎に降臨。
この方、13世紀末にイングランド王エドワード1世の侵略下、スコットランドの独立のために戦った救国の英雄だそう...。いえ、久々に模型屋さんにフラリと立ち寄ったところ、店の奥様に戴いてしまいました。

ドラゴン・フィギュアの不良在庫なんですが、早い話、映画「ブレイブハート」でM・ギブソンが演じたウィリアム・ウォレスの1/9フィギュアなんです。1995年公開のこの映画、残念ながら未見なので予備知識は皆無。暇を見つけては模型塗料で、リペイントしてみようかしら。

Braveheartww02.jpg

でもライティング次第によっては、結構似ているかも...。(笑)
お立の台は急遽星座のグラス立てで代用。

lazyanjel4091113.jpg

乱雑に散らかりまくった机の上。昔から絵を描き始めると、他の事が見えなくなってしまう。神や仏はおろか、天使すらも...救国の快男児は立つ場所を見出せず「さては降臨する場所を間違えたか?」と頭を掻いているかも。(笑)


posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

砂漠鷲伝説

これはガス・ガンね。ですから「前撃針魂!」とは別に「ホビログ」にカテゴライズしました。

先の「コマンドー」。カーネル・メイトリックスが、ズドンっ!ズドンっ!と撃ちまくっていたのが、このデザート・イーグル(DESERT EAGLE)。
もっともあれは357マグナム。こちらは44マグナムと謳ったWA(ウエスタン・アームズ)社製ガス・ガン。

DESERT EAGLE44a.jpg

実銃はマグナムリサーチ社が立案し、生産はサブ・マシンガンUZIと同じ、IMI(イスラエル・ミリタリー・インダストリーズ社)が生産していたのですが、ミリタリーから独立した小火器部門は現在IWI(イスラエル・ウエポン・インダストリーズ社)を名乗っています。
それまではオート・マグ44が大口径弾を使用できる唯一の自動式拳銃でしたが、この拳銃の登場により塗り替えられてしまいました。357、41、44、50と多彩なマグナム弾が使用できる豊富なヴァリエーションが売りですね。
余談ですが、ボクはワイルディ45が好きだったんですが、ガス・オペレーション機能はこちらに軍配があがりましたっけ。
続きを読む
posted by まっぴら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

USJの御土産

一身上の都合により「倶楽部録!」の運営から遠ざかっておりました。すいません。久々の更新でございます。

のほほん本舗」のマク夫妻がこの夏休み「USJ」に遊びに行かれたそうで、ご丁寧にもお土産を頂戴してしまいました。「T2」スケルトンの横顔がプリントされたハンドタオルですね。無事、郵送されてまいりました。

t2-3d.jpg

マクタロウさん&マクノスケさん。どうもありがとうございました。
タカチがこれからの部活動方面で、有効利用させていただくそうです。

「わぁーっ!格好いいっ!お父さん!がい骨ぅ!ゾンビだ!」(笑)
「ゾンビじゃないよ。これはターミネーターだよ!」
実はタカチは「ターミネーター」が何だか分からなかったんですね。
がい骨の類を見せると、彼は皆アン・デッド系に分類してしまう。(笑)

古いLD(T2)を所有してあるので、「どういうんだか見せてやろうか?」と言ったところ、「怖いから嫌だぁ〜!」と、たちどころに逃げていってしまいました。(笑)

...でもね。タカチは「T2」を知らないわけないんです。彼は「T2」のスケルトンとは以前面識があるんです。彼は忘れているだけなんです。

以下、これが証拠画像。「T2、タカチを襲わんとするの図
t2.jpg

頭のてっぺんに、ガビガビと錆が浮いちょりました。(笑)

他にも...。
starwars.jpg

これは「スター・ウォーズ ジェダイの復讐(現タイトル「ジェダイの帰還」)」森の惑星エンドアで乗ってたバイクだ。(名前が分からん!)

タカチが4〜5歳の頃、ヲヤヂと見に行った、東京タワーの「SFX博」の一コマでした。

ですから、彼はこの歳で恐るべきことに、ジョン・ウェ●ンとも、●ーロン・ブランドとも、スティーブ・●ックイーンとも親交が厚く、並んで記念撮影してきたんです。ただ彼等は「蝋細工」の分際で、生意気にも肖像権が存在するそうでして(笑)、ここでは写真画像は上げれまへん。


posted by まっぴら at 22:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

方言変換Proxy

超巨爆笑!

いやいや。先日またまたNETサーフしながら、サイド・バーに貼り付けるお便利パーツ「ブログ・パーツ」を物色しておりました。

そうしたら「方言変換Proxy」を見つけたんです。
コイツをブログの右サイド・バーに張り込んじゃったんです。

これはブログの文章を「ルー大柴語(笑)」、「大阪弁」、「博多弁」、「広島弁」、「名古屋弁」。更には「現代思想文」、「丸谷風文章」に変換してくれる「お便利ツール」... いや「お便利」ではなく「大笑い」出来るヘナチョコ・ツールなのでした。是非遊んでくださいませ。
ボクの自己紹介=気持ち悪い顔写真(笑)が張ってある下の方に、ちょこっと配置してあります。

また文章を英訳するツール「言語切替ボタン」も設置してみました。Googleの翻訳機能を利用しているそうで、日本語と英語とを短時間で自由に切替える事が可能になりました。

早速使ってみると、その文法はさて置き、翻訳機能はかなり強力らしくて、ボクのハンドルネーム「まっぴら」も半強制的に翻訳され「Not by any mean」???
たまちゃん?もし読んでおられましたら、果たしてコレであってるんでせうか?

ボクの英語名は「Not by any mean」?

これで果たして「バイリンガルのなまか入り」が出来たのかどうかは分かりません。てか、またしてもドボチョンの香りが濃厚...。(苦笑

ブログパーツポータル -ブログわさび-http://www.blogwasabi.com/category/accessories/
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

びびびの...

やっと当たりました!「Roots インスピレーション」という缶コーヒーの「ゲゲゲの鬼太郎」のフィギュア・コレクション(全5種)の、最後のオオトリとなりました「ねずみ男」をついにゲッチュー。
びびびの微勝利でございます。

bibibino.jpg

この正月明けに「今年こそはいいことあるよ!」なんて誰かに励まされましたが、コレを当てた事で、今年の運を全て使い果たしたような気もする
..._| ̄|○

posted by まっぴら at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

げげげの...

今年のこの年末の我が職場の現状は惨憺たるもので、経理上の貧血状態と仕事の過密状況は筆舌に尽くし難く、ただでさえ顧客のお歳暮管理だ!やれ集金だ!とクソ忙しい最中、先週初めの初っ端からメーカー直送物件の配送上のミスが立て続けに頻発。ボクはもう精神恍惚状態というか?この世のあっち側とでもいうか?半ば発狂寸前の状態なんですわ。大方この歳末に至るまで、健全かつ抑制の利いた精神状態に基づいての文章構築作業に望めないというか?自信がないというか?要は悪口を並べ立てたり毒づいたりと、単に日頃の鬱憤やストレス解消の現場になりさがってしまうのが嫌。(まあだからと言って今まで別に努力してきたわけではございませんがね。笑)ですから更新が途絶、もしくは飛び飛びになること、どうかご理解くださいまし。御容赦あれ。

さて。ほんのひと時、息抜きに軒先のJTの販売機を利用する。「Roots インスピレーション」という缶コーヒーをよく飲んでいるわけですが、おまけで「ゲゲゲの鬼太郎」のフィギュア・コレクション(全5種)というのをやっておるのですね。造形的には首を傾げたのだけど、まあSDキャラだから決して嫌悪感が伴う人形ではない。充填時、たまたま買ったら「鬼太郎」が当たった。「おおっ!何か当たるとはワタシにしては実に珍し。」ところがその後間髪入れずにバンバンと立て続けにHITして、現在こんな感じ。当然ダブりは一回も無し。

gegegeno.jpg

ところが全5種。「ねずみ男」だけが当たらない。もう2週間粘っているのだけど、まだ当たらない。ここまで出したら是非「ねずみ」を出して、揃えたいのが人情というもの。現在、欲求が半ば往年のパズル・ゲーム「テトリス」状態で、「空白をなんとしても埋めたい!」のである。 もうコーヒーなんかどうでもいい!「ビビビのねずみ男」がどうしても欲しいのである。

今日もトライした。やはり出てこない。思わず自販機を蹴っぽる。
おい!出て来い!●じきー!このォ金返せー!(野沢調)」

何かこの台詞。この原作アニメ、そのまんまだな〜という小噺を一席。
しかしオイラもつくづくガキだなあニンゲン出来てないよなあ..._| ̄|○

http://www.jt-roots.com/
posted by まっぴら at 22:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

Sideshowに激しく萌ゆ

ボクは元々コッチ方面はあまり関心がなかったんですが、落書きに勤しむ上で、女性型稼動フィギュアがかねがね1体欲しかった。でも社会性が軒並み音を立てて粉砕骨折しそうで、大そう怖いのでした。
それで以前マクノスケ姐ちゃんに教わった「SideshowCollectibles.com」という海外のお人形サイトの中の、FAMOUS PERSONSというカテゴリで、先の「硫黄島の砂」のジョン・ウェイン、「John Wayne as a Pacific Marine」というアクション・稼動フィギュアを、何気にぼ〜っと眺めていたら、これがあまりに似ておりませんでした。

ところが、こっちはあまりにクリソツでおったまげた挙句、思わず這いずり回って大爆笑し、ついつい欲しくなってしまいました。

SarahConnor.jpg

じゃじゃんじゃじゃんじゃじゃんっつ♪
映画「ターミネーター2」のリン●・●ミルトンこと、「サラ・コナー」(Sarah Connor - Sideshow Exclusive)ですね。いやぁ〜。驚きです!

それで検索かけていったら、日本では「豆魚雷」というお店で取り扱うらしいとの情報に辿り着きました。ウチのような原始人家族の間では、そもそもNETは「眺める」もので(笑)買い物をしたことがまずないので、事のほか残念がっておりました。
「エイリアン2」の宇宙海兵隊員〈バスケス〉なんてのもいい出来なんですが、もうコチラの方は完売して、久しいみたいですねえ。わあ〜っ!こりゃあ早くしないと無くなっちゃうかも知れない...。

...がMAPを調べてみると、高円寺本店の他に大宮店があるそうで、「何何?」と見てみたら、思い出した事がある。確か失業してしばらくブラブラしていた頃、何気にハロー・ワークに行く道すがら、通り沿いにそんな名前の店舗があったのを思い出した!現在MAPで確認すると、場所はその頃に比べて大きく移転したみたいですが、駅の近くにまだ存在するみたい。
なんだ!すぐ近くぢゃんか!

これで年の瀬に向けての楽しみがまた一つ増えましたが、まだ買うか?どうか?(歳末、金銭的余力を有しているかどーかだが...。笑)本気には至っておりません。第一買っても置いておく以外、おぢさん何して遊ぼう...?(苦笑)
嗚呼、ここのところ「夢に見る」までのボクの〈サラ・コナー〉...。「ジャッジメント・デイ」で、幸薄いこのおぢさんの将来を是非救っておくれ!

やっぱダメか..._| ̄|○
posted by まっぴら at 09:00| Comment(11) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

超黒鷹伝説

blackhawk01.jpg


こんな製品がまた出回っているそうでして。憧憬から「戦艦三笠」を素通りして、思わずこっちに飛びついてしまいました。「三笠」が実に2隻も買える値段でありましたが、悔い無しっ!ってかもうほとんどビョーキ!だからしょーがないって諦めました。
「STURMRUGER SUPER BLACKHAWK MAXI スタームルーガー・スーパーブラックホーク・マキシ ブラックHW・7.5inch」8mmBB弾を飛ばすマルシン工業のガスガンですね。

その昔、劇画の「ドーベルマン刑事」...。、所謂「ドゴォーン!」って発砲音で世に名を知らしめた44MAGNAM・リヴォルバーです。(こちらは10.5inch)当時いち早くモデルガンを発売したのは国際工業(コクサイ)だった覚えがあります。小学生だったワタシには“高嶺の花”でしてね。おもちゃ屋のショーウインドウにたかって厭きるほど眺めていては、はたきを持った店のオヤジに「しっしっ!」と追い払われた記憶がありますですよ。「ダーティー・ハリー」やスチュアート・ホイットマンの「ビッグマグナム77」などの映画の影響で、威力の強い銃弾“44MAGNAM”は幼い私等でも知っていたけれど、「スーパーブラックホーク」は「S&W M29 44MAGNAM」などに代表される機能“ダヴォアクション・リヴォルバー”ではなくて、「西部を征服した銃」と評される「コルト・S・A・A 45」の流れを汲む、古き良き“シングル・アクション・リヴォルバー”なのでした。要するに「スーパーブラックホーク」は「コルト・S・A・A 45」の現代版なわけですね。後継者でありながらもどこか「サタデー・ナイト・スペシャル(一夜限り拳銃=廉価版・粗悪品)」的な手暗がり感が漂うこの「スタームルーガー・スーパーブラックホーク・マキシ」を今回は取り上げてみたくなりました。(正しくはガスガンですので、機構は「前撃針」ではありません。)

実銃の話ですと、「コルト・S・A・A 45」は現在に在っても市場では絶大な人気を誇るわけですが、発表されたのが何せ“1873年”なので基本設計自体が古く、ブラック・パウダー=黒色火薬も現在では無煙火薬に取って代わっているわけですから、安全性やコスト高の関係でもうほとんど国宝クラス。ないし投資家などリッチマンズの対象になっているわけですわ。
アメリカはおろか海外へも多くの製品を輸出するスタームルーガー社は、「安価で頑丈な製品」が売り口上な会社ですんで、新しい時代のニーズに合った「コルト・S・A・A 45」を模倣しようとしたんですね。当初「ブラックホーク」って製品を発売したんですが、ただ単に従来のシングル・アクション・リヴォルバーを大口径化しただけの物なので、安全性・信頼性において著しく配慮が欠けた。そこで新しいニューフレームを開発し、シングル・アクションとしては始めての安全機構を組み込んだ「スーパーブラックホーク」を発売したんだそうです。

あちらさんのゴロツキ・バイカーどもは、よく自分を“古き良き開拓時代のカウボーイ”に置き換えて、しばしロマンやノスタルジーに浸るんだそうな。映画「イージー・ライダー」のような最後を迎えたくなければ「自分の身は自分で守るしかない」。往年のカウボーイの腰ホルスターには「コルト・S・A・A 45」。実銃は“国宝級”なので、当然の事ながらヤクザな彼等には買う金はなしと...。この為、安価でタフな構造を持つ「スタームルーガー・スーパーブラックホーク」は爆発的に売れたんだそうですね。映画「ハーレー・ダヴィッドソン&マルボロ・マン」の“ハーレー(ミッキー・ローク)”の選択眼はあながち間違いではないのです。ただし彼が劇中デンバーで途中下車して手に入れた「スーパーブラックホーク」は“改”(コンヴァージョン)。使用弾薬“454MAGNAM”は44MAGNAMの約2倍の推力を誇るそうですが、これはなんでも黒色火薬を無煙火薬にすると通常の1/2のパウダー量で済むところ、「銃本体が頑丈なんだから、じゃあその無煙火薬の量を通常の2倍強詰めん込んじゃえ!」って馬鹿な事考えるアメリカジンが居たんだそうな〜。正しくはFreedomArms社の「カスール」と呼ばれる“ニンゲンが手で撃てる限界を追求した”という天上天下唯我独尊マグナム(バカ)メーカーなのでした。(笑)

ところでタカチ。早く夏休みの宿題やっちゃえよ。遊んでばかりいると肉付きのいいお尻撃っちゃうぞぱんぱん...と、この夏やたらにトリッガーハッピー症気味のオヤジなのでありました。
 
blackhawk02.jpg
posted by まっぴら at 20:30| Comment(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

妄想機関車

ついに果たせない夢だが、密かに鉄道模型の趣味を復活させたい欲求に駆られている。Nゲージの魅力にその昔ハマったくちだが、お気に入りだった「C11」や「DD51」、「EF81」は皆手放して人にくれてしまった。実はワタシは華やかな“旅客車”よりも、圧倒的に“貨物列車”が好きだったりする。一番好きな動力車は「EF15」系。そう。昔懐かし“デッキ付き”。兄貴分の「EF58」と比べてその活躍は誠地味だったが、堅実に戦後経済を影ながら支え続けた往年の名車輌である。これのNゲージを「欲しい欲しい」と思いながら、いつの間にかこういった趣味からは離れてしまったが、昨年あたりから熱がぶり返して来た。コイツはワタシの幼少時など地域沿線を奔馬の如く走り回っていたが、気が付いた時には青色が退色しかかった「EF65」などに取って変わってしまっていた。“デッキ付き”の懐かしい勇姿を鉄道模型で最体験したいのだが、ドドンと最誘致するには財政上なかなか困難だったりする。また最近はこれら模型を扱う店も随分減ったわな〜。

我が子は極めて“電車好き”でまかり通っているが、いざ玩具を購入するとなると彼は“最新型の新幹線”しか興味がないので、親子してまるで趣味が合わず意見もそりも合わない。まあ大同小異だが。(苦笑
posted by まっぴら at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビ・ログ(HOBBYlog) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。