2011年07月17日

熱鬧のラ・カルナバル

Img_6010a.jpg

小祗園と喧嘩神輿が混沌とした鍋の具材として一緒クタになったような上尾市の夏祭りを観に行く。気温以上に↑↑(あげあげ)祭りでございますな。(笑) 市内祭りとは言っても、開催場所が駅前東口〜中仙道沿道で行われる為、繁華の外に住む日陰者のボクとは生息分布が大きく違い、同じ市民でありながらまったく別の町のお祭りのような雰囲気がする。通勤に駅も利用しないしね。

Img_6013a.jpg

ジリジリ肌を焼く炎天下、巨大な山車が枝道を練り歩き...って、実は電線に引っかかってしまう為、その前進は結構慎重なの。(笑) その替わり主線道にひと度揺らぎ出ますと上背があるだけに見ごたえがありますね。

Img_6015a.jpg


Img_6018a.jpg

Img_6016a.jpg

愛宕町の山車には実は小粋な仕掛けがあって、中程から分割形式。上半分がぐるりと旋回したりする。今年初めて見た。(笑)

Img_6017.jpg

掛け声も高らかに、神輿は勇壮だ。紅塵万丈、熱鬧の巷...勢いの良いところは、文章表現におけるこのような抽象操作といった書き手の小細工を超越していること。(笑) 写術が皆目下手な為、それが伝わるだろうか?兎にも角にも、今日・明日の青空だけは参加者皆のものだ。
(残念ながら明日ボクは仕事。) 
宵の沿道・路地裏は適当にガラが悪くなるのだけが珠に瑕。(笑)

Img_6019a.jpg

Img_6021a.jpg

(※) 気象庁によると、本日17日午後3時現在、全国920の観測地点のうち、134か所で最高気温が35度以上の猛暑日となったそうです。気象庁は31都府県で、熱中症への注意を喚起する「高温注意情報」を出していたとか。
一方、超大型で非常に強い台風6号は17日、沖の鳥島近海を北北西へ進んでいます。同日夜には大東島地方、18日には九州南部・奄美地方が暴風域に入るとみられ、気象庁は暴風と高波、大雨に警戒を呼び掛けています。
6号はその後進路を東寄りに変え、19日から21日は九州から関東にかけての太平洋沿岸を進む見込み。
中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径220キロ以内が25メートル以上の暴風域、南側1000キロ以内と北側650キロ以内が15メートル以上の強風域...だとか。
ブログ右ヘッダーにブログ・パーツ「台風画報」を再設置しました。皆様お気をつけ召されたし。灼熱の夏はまだ始まったばかりである。
posted by まっぴら at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

展示会のお知らせでござい

半狂乱になりながら現在AFVを制作中でありますが、昨年模型を全然作っていないツケが、今時期めぐってまいりました。

MMC(三鷹武蔵野模型クラブ)

第16回 「模型を捨てられない大人達の模型展」

日時:2011年2月5日(土)12時〜18時
    2011年2月6日(日)10時〜17時

場所:武蔵野芸能劇場 2F
東京都武蔵野市中町1丁目15番10号
TEL:0422−55−3500
アクセス:(JR中央線三鷹駅北口下車 右折1分)

ボクはこちらの会員ではありませんが、今年は日曜日の方に、別に誰からも誘われておりませんが(笑)飛び入り参加として厚かましくもお邪魔致したく思います。日時がワンフェスと被っているそうですね。

BT-71938110122.jpg

最初にも書きましたが、昨年は模型をまったく稼ぐ事が出来ず、僅かに完成した零戦の模型しか展示する物がありません。今、正月休みに購入したБТ-7快速戦車を焦り捲くって作っていますが、快速とは名ばかりで完成には程遠い現状。当日間に合うかどうか滝汗ものであります。もっともこれ以上模型の在庫が増え過ぎると、模型より先に家族に捨てられそうな気がします。(笑) 以上、簡単ながらお知らせでした。<(_ _)>

posted by まっぴら at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

姻火戯狂乱〜近頃のスターマイン

昨晩は市の花火大会でした。生憎の曇天の天候でありましたが、沢山の大輪の花が夜空を彩りました。デジカメ片手にブラブラ出かけて撮影に望みましたが、綺麗に撮れたでしょうか?(デジカメの設定を今ひとつ理解していない。)“音と光のページェント”などと上手い事を申しますね。

hanabi2009a.jpg


hanabi2009b.jpg


hanabi2009c.jpg

その昔、花火は“姻火戯(はなび)”と漢字を当てたそうです。水死者の慰霊と悪病退散を祈願する水神祭(川開き)に合わせたアトラクションだったそうです。両国の川開きでは上流を玉屋という花火師、下流を鍵屋が請け持ったそうな。

続きの画像を見る
posted by まっぴら at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

緞帳の間隙にて

stage090627.jpg

子供の通うギター教室の発表会だったりする。幼少の頃より指先の訓練にと通わせていたが、いつの間にか古株の仲間入りし、ボクよりすっかり上手くなってしまった。ソロ、更にはシニアと一緒に二重奏、合奏と滞りなく演奏した。

ほぼ30年ぐらい前、同じ会場でアクセクしていた少年は、その後なんとなく父親になっていた。

例年、予定さえ合えば足を運び、父兄として裏方のお手伝いなどしていたけれど、客席から眺めるより、舞台の端から眺めるこの構図が、意外と好きだったりする。

残念ながら音楽的なものはボクのヘタな文章からは伝わらない。
せめてゲーテの含蓄のある格言で締めくくる事とする。

自分自身に欠けていたものが、息子に実現されるのを見ようとするのは、全ての父親の敬虔な願いである。


posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

鉄道博物館探訪記

railway00.jpg

地元では「てっぱく」と呼ばれているそうですが、「てっぱく」こと「鉄道博物館」に行ってまいりました。いや、凄い人込みだ!(笑

AM10:00に開館でございますから、お気楽極楽の9時出立。JR大宮駅からニューシャトルというオモチャのような電車(3両編成)で1駅。旧大成駅になるんですが、昨今は呼び名も鉄道博物館駅になりました。(別にJR大宮から歩けない距離ではない) 9:30に到着したら、ご家族連れなど、すでに長蛇の列。整理券が品切れ必至のSLシュミレーション体験をやられたい方は、朝一の速攻勝負だ。

railway01.jpg

広い館内。ターン・テーブル上(実稼動する!)に鎮座ましますC-57をメインに、懐かしい動力車がずらり勢ぞろい。中には秋葉原の交通博物館に居られた車輌(お召し列車)なんかも居られまして、再会を嬉しがったりしました。(笑)ボクは蒸気機関車が自分の好み。セガレは新幹線ONLY。

驚いた事に一部蒸気機関車などは、構造が分かるようにカットモデルされていたり、動輪の足元から1F地下に潜り、車台下から下の構造を覗ける様になっていたりする。

railway03.jpg

英ヴァルカン・ファンドリー社製の150形式「1号機関車(国指定重要文化財)」を始めとし、1290形蒸気機関車 1292号機「善光」号。
7100形式蒸気機関車 米ポーター社製、幌内鉄道の通称「弁慶」号。
箱根越えの勾配用、独ヘンシェル社マレー式 9850形蒸気機関車 9856号機。(画像上)
アメリカ製8900形式を参考に、狭軌でも標準軌に匹敵する大型旅客用機関車を目標に製造され、以後幹線旅客系の魁となったC51形蒸気機関車。
ボイラーが細身で女性的な美しいスタイルのC57形蒸気機関車(画像下)...

railway06.jpg

...と旧交通博物館展示車両がここに移設され一堂に会した。もう壮観だよね。更にはディーゼル機関車や、クモハなんてのがぞろぞろ展示されているわけですから。

大混雑するが予想されたので、11時頃早めの昼食を済ませましたが、「旅のレストラン/日本食堂」が入っている凝り用だ。(ちなみに幕の内など車内弁当も別に販売されている。)ここのメニューは食堂車のビュフェでかつて出された再現メニューが主なんですが、ボクがお目当てにしたのは、実は「ハチクマライス」!期間限定。

railway02.jpg

これはね。東北本線だったでしょうか?北陸だったか?旧国鉄乗務員や食堂厨房車輌に勤めた方専用の「賄い料理」だったんですね。これを¥650で戴きました。画像の通りカレーライスがメインなんですが、1口ハンバーグと、柔らかめの茹で玉子が2つ乗ります。
railway04.jpg

ちなみにセガレは「ベロネーゼ:」と呼ばれるカツレツ・ミートソーススパゲッティでした。

ボクはね。実は特急「ひばり」に逢いたかったん。
hibari01.jpg

小学生の頃、父の田舎に「1人旅」とか言って、夏休みに遊びに行こうとすると、こいつにほぼ3時間揺られていたんですね。展示車輌は客車の中まで乗り込めるんですが、懐かしさのあまり泣き出しそうになりましたね。

hibari02.jpg

シュミレーターはあまりの混雑に断念しましたが、世界有数の大型ジオラマ、横25m×奥行き8m...ですから学校プールの4コース分ですか。これを1時間程並んで観てきました。

railway05.jpg

H・Oスケール目白押しなんですが、15分の終了間際に脱線している車輌があって、場内大爆笑でしたけど。(笑

人込みに押されて駆け足状態でしたが、近くですのでちょくちょくまた覗きに行ってみたいと思います。

railway07.jpg
posted by まっぴら at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

13th MMC

musashino.jpg

日付は2/17()の事になりますが、「第13回 模型を捨てられない大人達の模型展示会」中央線・三鷹近辺に集うMMCという模型クラブの展示会に行ってきました。場所は三鷹駅北口、武蔵野芸能劇場。ボクは相変わらず下調べをしないのと、電車の乗り継ぎがヘタな男で、開館1時間前にはすでにJR三鷹駅に降り立っておりましたとさ。ううっ...寒いよう。(((ガタガタ)))
MMCa.jpg

皆様、この度はお邪魔させていただき、厚かましくも展示させていただきまして、どうもありがとうございました。昨年来作っていた川崎系列を4機も(!)ゲスト・コーナーに展示させていただきました。

hiens.jpg

モチベーションが騰がると思いきや、凄腕テクニシャンの古強者に揉まれに揉まれ、「上反角がなってない!」、「エンジンは民やの100式に」とシゴかれ、苛め抜かれて、虚脱し果てて帰りました。うそでつ...(笑
画像は会場の話題をさらったJ1N1-Sa氏の「キ-60」。東欧のキットだそうですね。
ki60.jpg

そうそう。調布飛行場の元整備兵おじいさんが来ておられて、1年ぶりに再会し、当時の貴重な体験談を伺いました。今年は1/32の影響で「一大川崎祭り」。すっかりご満悦のようでした。楽しかったですねえ。また来年が楽しみです。毎年の事ながら技巧派の柳田氏の作品は冴え渡りますね。
swordfish.jpg

ボクが作った怪しげなOBz未公認・非公式グッズも一部で評判がよかったようで。ちゃっかり営業活動してしまいました。(笑)

さて画像なんですが、容量の関係で一考中。まだ編集が終わっておりませんで、掲載にはもう少々お時間をいただきたく思います。m(_"_)m
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

災厄消除と大胡椒園

kawasakidaishi01.jpg

昨日は災厄消除=厄除けに「川崎大師」に行ってきました。 http://www.kawasakidaishi.com/
真言宗智山派の大本山。高尾山薬王院、成田山新勝寺とともに関東三本山のひとつで、本尊厄除:弘法大師を祀っているんだそうです。正式の名乗りは「真言宗智山派大本山金剛山金乗院平間寺」と呼び、なんかボクと大きく被って笑っちゃうのだけど、正しくは音読みで「へいけんじ」と読むんだそうだ。

いや、もの凄い人出と混雑ぶりでした。(驚
kawasakidaishi02.jpg

JR品川から京浜急行を利用して、京急川崎から大師線に乗り換え3駅目。電車の編成は短くなるのだけど、人は溢れんばかりに増えていく...。駅に降り立つと、商店街では沿道をガッチリ、交通規制してました。
厄年の人々は、大本堂で執り行われる大護摩供に案内されるのだけど、畳何十畳敷の所に立すいの余地が無いほど...。
「護摩」とは、護摩木を火中にくべて、煩悩や業をつけ焼き払うんですが、ゴンゴンゴンゴンと「建物の中なのに大丈夫やろか?」と心配になるほど火を焚いてまして、ドンドン!と大太鼓に合わせて読経が始まる。無神論者ですが、ついつい手を合わせちゃうほど、荘厳な空気が漂う。
堂内には救世観音像、不動明王像等が祀られていて、参拝して表に出るルートなんだけど、壁に掛けられた曼荼羅は圧巻だったです。

お札をありがたく戴いて、商店街に並んだ出店を冷やかしながら、無事帰ってきました。家にお土産は「学業成就のお守り」と、名物の「葛餅」。

pepperland01.jpg

さて。JR川崎駅周辺で降下猟兵氏と待ち合わせまして、時間を潰した後、夕刻ゆずこせうさん主催の「川崎胡椒園」に参加しました。【2008'KAWASAKI フロンガス PEPPER リーグ第一戦〜皆で浮浪少年少女にならふ〜】、【胡椒園を考える会】など、様々なサブタイトルが変則的に名づけられる集いなのですが、早い話、名うてのモデラーさんが一同に解して飲んだり喰ったり見せっこしたりする会の新年会ですね。
場所は川崎駅近く、仲見世通りの「PEPPER LAND」というオシャレなお店なのですが、店長さんの趣味が嵩じて...むむむっ。プラモだラジコンだG・I・JOEだ!と、凄げんだこりゃまた!(汗
pepperland02.jpg

きっと「モデラー巡礼の聖地」として、崇め奉られる事となるでしょう。(笑

「PEPPER LAND」
神奈川県川崎市川崎区砂子2-2-2
TEL&FAX:044(233)8587 
営業時間: 17:00〜23:30 LO23:00
お休み:日曜日

pepperland03.jpg

名詞交換会の後、乾杯/会食&見せっこ。まっぴら戦車兵脱走事件もありましたが、後に無事に発見・保護されました。(笑)ボクの鞄は厄除けグッズで一杯が予想されたので、移動時の破損を恐れるあまり、完成品を持ち込む事が出来なったのが.....唯一の幸い。(苦笑>へタッカス

小宮山様、降下猟兵様(がっかりさん同伴)、ゆずこせう様、カニオ+様、エド・ウッドIII世様、red_fox様J1N1Sa様、あらけん様、よしぞう(maro')様、チェッカー01様、pig_at様、PAISUKE様、NPG様、タカタカマル様、milk32+様、茄子@飛行少年様、akaihoshi2004様、KWAT様、ツチノコ様、SPOOK様、青井様、Bさん(仮名)様、どうもありがとうございました!(礼)

...ちなみに太文字は要注意人物れす。(笑)
Bさん(仮名)様...あれっ?この方は御逢いしたかな?誰だろう...?(悩

pepperland04.jpg

ぎゃあーっ!鍋ぇーっ!超凄く美味しかったですぅー!
posted by まっぴら at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

Respect for the Aged Day

この時期の連休はゴールデン・ウィークになぞって「シルバー・ウィーク」なんて洒落た呼び方があるそうですけど、「敬老の日」に該当する祝日は外国にはないそうですね。「母の日」の様に輸入された記念日ではないとか。
土地の役員仕事ではありませんでしたが、地区公民館で「敬老祝賀会」なんてものが催され、お祝いに赤飯だのカステラだのを配っているそうです。
ウチの母親も該当する年齢だそうで、お誘いを受けたんですが、年齢相応足も弱いので、ボクが代理で行ってきました。土地の高齢者は古くからの農家の方がほとんどなので、皆さん頗る達者ですね。(笑)場違いなんで早々に引き上げてきましたけど、こちらでは会食の後、民謡や踊りなんてものも披露されるイベントだとか。

chestnut.jpg

ご近所に「栗」を戴きました。美味しかったですけど、最近食べ物の話ばかりですね。「味覚の秋」というよりは「食い意地の秋」とでも申しますか?えへへ...。(笑)
posted by まっぴら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

納涼 盆踊り大会2007

これが昨年の模様。
http://mappiragomen.seesaa.net/article/22569727.html
昨日は地区の「盆踊り」のお手伝いに行ってきました。昨年と同じ会場整備です。昨日は幾分涼しくて暑さが凌ぎやすく、絶好のコンディションとなりました。

本当は盆休み期間中に設営のお手伝いにいかなければいけませんでしたが、すっかり忘れてすっぽかしてしまいした。(恥

さて。会場整備なんですが、近隣から皆さん自転車で会場に乗り付ける。昨年は駐輪スペースが狭くて、えらく混乱したんですが、今年はその倍のスペースを確保しました。それも「全て埋まった」というから、物凄い数の人手。(汗)

会場整備&警備の仕事は、近隣から乗り付けられる自転車を、ちゃんと自転車置場に誘導する係り。自動車やバイクも乗りつけますので、それらはやはり指定駐車場へ...。
誘導しても路肩に駐車し「ちょっとだけからいいだろォ?」とか「うっせーな!このヴァカァーっ!」などと警備をどやしつけるマナーの悪い大人もいる、「わぁーっ!ラッキー!ここ空いてるぅ!」などと勝手に来賓指定の場所に乗り入れちゃう人もいる。「空いてる」んぢゃなくて「空けてある」んです。(笑)昨年はほとんど乗り付ける人も警備の人間も半ば喧嘩腰だったと聞きます。今年はどうだったのだろう?役割が違うので、詳しくは分かりませんが...。
bonodori7.jpg

ボクの配置は、駆けつける人のそのほとんどが利用する、大通りに面した東側駐輪場。昨年は駐輪場スペースが狭く、大混雑&大混乱したので、櫓を挟んだ反対側の西側にもスペースを設けた。ところがね。西側に乗りつけようと、踊りや催し物が繰り広げられ、混雑する会場内を、わざわざ自転車で横切ろうとする不届き者がおるんです。その駆逐作戦にあたっておりました。

また会場内は子供向けに「風船」など飛翔物が販売される。すると公園を取り巻く「立ち木」に引っ掛ける御子様が必ず居られます。彼等はそれを取り戻そうと、枝木に向って投石するんですね。会場を横切れない為、人々は公園の隅っこから隅っこ...算数の図形で言うところの「辺」ですか?移動するわけですが、日が翳り出す時間ともなると、かなりの人間が往来するので大変危険なんです。ところが相手が「ガキ」だけに言う事聞かないんですね。(苦笑)「やめなさい」と静かに言っても全然聞かない。「ゴォラァ!」って怒ると、「ボクぢゃない...!この子のせいだよ!」って親に縋って泣き出すし...。(石投げとんのは君や!笑)

bonodori8.jpg

ゲストの「太鼓衆」によるパフォーマンス。威勢の良い掛け声と共に「ドンドンっ!」と力強い太鼓の音が会場内に響きます。
土地の気のいい爺衆に「まっぴら(仮名)さんっ!御苦労様!まあ少し休んで、飲んでけ飲んでけ。」「いえ!本官は勤務中...」結局羽交い絞めにされて無理無理天幕に連れて行かれ、「駆けつけ瓶ビール、2〜3本攻撃」を賜る事となる。
キリのいいところで、また警備に戻りますが、もう酔いでフラフラで夜警どころの騒ぎじゃなくなっちゃうのでございます。

盆踊りのラストは「打ち上げ花火」で締めくくる。「打ち上げ地点から60mは離れてください」っていうんです。ここでまた「ライト・サーベル」ならぬ「ステッキ」を持って会場整備ですね。時折「仲間受け」を狙って発射地点に走りよる「勇気ありー」のガキんちょがおるんですね。てか浦安鉄筋家族か?てめぇーは!(笑)
hanabida.jpg

ドドーン!(たまやあ〜っ)

いやあ〜もう汗まみれでグッタリでございました。

...で、本日は会場の撤収作業が、なんと朝の、ろ、6時からっ!(驚)
もういい加減にしてくれろって感じです。
posted by まっぴら at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

大花火大会2007

ドォーンと鳴ったハナビは、綺麗だなあ〜♪
すっかり地元の「夏の風物」となりました、市内の一大イベント、「大花火大会」に今年も行って来ました。

いや、日中「ふざけんぢゃあねえ!」と毒づきたくなる程、大変暑かったですねぇ〜。タカチを引き連れてチャリ公漕ぎ漕ぎ、汗だくになりながら現地に到着。
例年ですと近隣の都市もこの時期に「花火大会」を実施するんですけど、先の梅雨や台風で中止、もしくは無期延期状態だとか。
ですから我が街にそれら見物客が一気に押し寄せ、大変な混雑ぶりでした。目指す「穴場」はやぶ蚊が多くて、いささか閉口したんですけど、絶好の天候と眺めには恵まれ、最後まで堪能できました。

夕刻〜開始30分前は、アトラクションでパラグライダーが飛ぶ、極めて呑気な光景。

hanabi00.jpg


それでは「音」こそございませんけど、「光の饗宴」をご堪能ください。

hanabi070802a.jpg


hanabi070802b.jpg


hanabi070802c.jpg

今年もCANONさんの「IXY DIGITAL 800IS」。「ブレない光学4倍ズーム」、手ブレ補正ISと高感度ISO800の「ツイン-シェイク・ガード」にはすっかりお世話になりましたが、「花火モード対応」の機能はシャッター・チャンスが微妙に難しい。撮りたい瞬間の2テンポぐらい遅れるんです。(ホントは発火した四秒後ぐらいが一番いい画像が撮れるそうですが...。)画像は鮮明ながらも、ちょっとぶれたり、流れたりしましたかね?

hanabi070802d.jpg

それと今回「動画」も初めて撮影してみました。こちらも綺麗に映っておりましたが、データがあまりにデカ過ぎて(笑)編集機能がよくわかんない為、公開には至りませんでした。(陳謝)

hanabi070802e.jpg


hanabi070802f.jpg


たまやぁ〜っ!

梅雨が明けて、例年これを観ないと、我等市民にはチャンとした「夏」が来ないのでした。

兎に角、目出度し目出度し。
posted by まっぴら at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

a guitarist 2007

guitar070623d.jpg

今日は仕事が半ドンでしたので、午後からセガレが通うクラシック・ギター教室の「発表会」を観てきました。今年で「33回」を迎えるんだとか?自宅近所のコミュニティ・ホールが会場でした。
昨日は会社の飲み会でして、この親父は午前様帰りからすっかり頭が痛く、まだ酒臭さが抜け切らないんですが。(笑

さて会場に到着すると、タカチはリハーサルをすでに終え、控え室で練習中。
guitar070623e.jpg

今回の演目は 「ノクターン(C・ヘンツ)」....あれっ?(苦笑
それと「マリア・ルイサ(J・S・サグレラス)」、
今年の選曲はディオはなくソロOnly。

guitar070623f.jpg

そして第3幕の「黒い瞳(ロシア民謡)」は、アンサンブルの五重奏。
我等がタカチは第一ギターを担当。

最後は参加者全員による「Romance(愛のロマンス)」。

無論、滞りなくちゃんと弾きました。「よく出来た!」と褒めてやると、
いや!今年も途中で間違えた!」と言う答えが...。

ガガ━━━━━(゚A゚)━━━━━ン!!
間違えに気付かない「ヲヤヂの耳」って節穴か...?(滝汗
posted by まっぴら at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

第46回 静岡ホビーショー(梱包編)

なんだか朝から洟がずるずると情けない状態。力が入らず更新の気力が今ひとつ湧かないので、今日は特別番外編。

「ホビーショー」の「合同展示会」。当日は「見学」に留め置き、実は持っていく気はさらさらなかったのですが、今回急遽厚かましくもショバをお借りして「展示」させて戴く事とあいなりました。

慌てて梱包作業に従事したのですが、まあ「戦車」はたまたま寸法が同じ様なクリア・ボックスがあった。寸法に開きがあると、緩衝材を詰めない事には、移動中に中でガタガタ動いて壊れてしまいます。

chiha070526.jpg

九七式中戦車改」。久しぶりに取り出して繁々観ますと、少し車高が高いんじゃないかな?またフィギュアの首がいささか「長い」と現地でご指摘があった。なるほどなるほど。如何にも御尤も。

tojo070526.jpg

さて。「中島二式戦闘機 鍾馗2型丙」。これには少々困ってしまいました。普段は自動車の助手席に素で乗せ、模型屋の店先ショーウインドウに展示させて頂いておりますが、“梱包”に関しては皆目知識も経験もないんですね。ただ単に手ごろな箱に入れ持ち運ぶと細かい部品が壊れてしまいますし、なんとかいい方法はないものか...?

幸いわが職場の社長「釣り」が趣味なので、小型で手ごろなミニ・クーラーボックスを持っていた。こいつを拝借したんです。(失敬ではありません)外的な物理的衝撃には事の他強く、持ち運びにも便利。中でゴトゴト揺れ動かないように、マスキングテープでピタっと貼り付けただけ。

やったーっ!これで三式戦が持っていける!
あれ?「三式戦」でしたっけ???いえ、「二式戦」でしたよね...。

実はね。微妙にね。主翼が引っかかってしまい、入んなかったんです。「飛燕」は...。残念ながら。だから「二式戦 鍾馗」。ちゃんちゃん(笑

梱包編(終)
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

第46回 静岡ホビーショー(2)

朝6時起床。宿泊したHOTELは清水駅前なのですけど、駅ホームから望むと、目の前はすぐ清水港なんですね。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=352F12F12.332&lon=1382F292F33.77&layer=0&sc=3&mode
=map&size=s&pointer=on&p=&type=static&CE.x=298&CE.y=238


朝食前に軽く散歩がてら、清水魚市場界隈を散策。利用したビジネス・ホテルの一階には軽食レストランがあり、「軽食」ゆえに「どんなもんだろか?」と日本食を注文したところ、焼き魚が非常に美味しかった。流石「清水港」!

shizuoka070520a.jpg

ホテルをチェック・アウトした後、「しずてつ」(静岡鉄道)という私鉄にホントは乗ってみたかったんだけど...テッちゃんの子を持つ親としてみれば...。(笑) まあ取り合えず先を急ぐので今回は割愛。
東海道線6両編成にピョンと乗り込み、清水駅 - 草薙駅 -((貨)静岡貨物 )- 東静岡駅 - 静岡駅と。ここまで概ね10分程度。先に新幹線の切符を購入してしまう為。
駅キオスクなどで目ぼしい御当地物産の御土産物に軽く辺りをつけた後、一路会場のあるツインメッセ静岡へと向かいました。駅から連絡となるバスは、概ね「しずてつジャストライン」ONLY(前日のタクシー運ちゃん情報)会場までの無料バスはすでに行列の混雑状態。タクシーを利用すると現地まで1.000円札一枚ぐらいの距離なのですが、近隣や他県から自家用車を利用する方が多いとやらで、会場周辺の道路は混雑が予想される。ここでお金もあんまり使いたくない。

map.jpg

兼ねてからお医者に運動不足を指摘された事から、ワタシは駅から会場まで徒歩で行ったんですね。(笑)負け惜しみめかしく「ああっ!こりゃいい運動だわ!腹ごなし腹ごなし!」といったぐらいの距離でした。だが陽気がやたら「暑い」のは予想外。ホウホウノテイの汗だくになりながら、会場入りをようやくにして果たしたまっぴらでありました。

う・ら・み・ま・す....。(誰をだ?)

(つづく)
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

第46回 静岡ホビーショー(1)

shizuoka2007.jpg

この19日()20日()に静岡のツインメッセ静岡で執り行われた「第46回 静岡ホビーショー」に出かけてまいりました。先ほど帰宅しましたが、未だ興奮冷めやられず、地に足が着かない気分です。

各模型メーカーが協賛し、新製品が一堂に会する見本市なのですが、この一環で全国144のモデラーズ・クラブの「合同作品展」が行われるのですね。前回「12th.MMC」の際、お世話になりました「オービーズ」さんのブースに今回ご厄介になりまして...というか、「サテライト・メンバー」というよりは、ほとんどイリーガルに半ばパラサイト化しているんですが(苦笑)、この2日間実に有意義に楽しませて戴きました。

「オービーズ」の皆様方、この度はお世話になりまして、本当にありがとうございました。感謝感激でございます。<(_ _)>

shizuoka2007a.jpg

さて。当日は波乱含み。朝から会場に向う予定が、午前中仕事が発生してしまいまして、地元を出発したのがPM1:00の事。東京駅から新幹線「こだま557号」に飛び乗り、現地「静岡」に到着がPM4:05。4月に予約の時点で市内のHOTELが満杯状態でしたので、宿泊先をお隣の「清水」に取っていました。「先に鍵を受け取っしまおう」と東海道線で「清水」に2駅ほど戻り、HOTELのチェック・インを済ませた後、とんぼ帰りで東静岡駅に降り立ち、会場までTAXIを飛ばしました。いやぁ〜っ!移動コストがかかるかかる!正直焦りました。ツインメッセに到着した時点で、もう会場内には「蛍の光」のメロディが流れておりました。ああっ!お客さんが皆ゾロゾロ帰っちゃう。(笑)

shizuoka2007b.jpg

「オービーズ」の皆さんに顔合わせや御挨拶に伺った後、「宴会」に突入しました。ボクも急遽、展示模型(「九七式中戦車改」&二式戦「鍾馗U型丙」...なんだかこん中で一番大した事ないなー!)を持って行くには持って行ったのですけれど、この日はなんだか「呑みだけの為に静岡まで馳せ参じた」ような有様でした。話だけはやたら豪儀な感じがします。(笑)

また会場の売り子のあんちゃんこには、かつての「西武ライオンズのデストラーデ選手」に間違えられて声かけられるし...。果てしなくドボチョンのまっぴらでしたw..._| ̄|○

(つづく)
posted by まっぴら at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

静岡ホビーショー前夜

頑張った自分へのご褒美として(何をだ?)、明日から「第46回 静岡ホビーショー」に出かけてまいります。

前職の関係上「おもちゃショー」等は出かけたことはあるんですが、模型が一堂に会する「ホビーショー」は今回「初めて」でございます。現地一泊の予定。

残念ながら、クラブのレギュラーの座を狙うタカチは部活の方が忙しくて、今回はび様とお留守番です。

まあ来年は「お受験」が控えておりますので、とても模型どころの騒ぎではなくなるでしょうから、今年の参加が(運が悪けりゃ)最初にして最後となるやも知れません。

一期一会」。

是非いい思い出を作ってこようかと思います。

でわ。来週までごきげんよう。帰って来たらご報告致します。
( ̄ー ̄)ノ~~マタネー☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★"

posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

Stall 30th 展示会

stall30th.jpg

有名なエアクラフト・模デラーズ・クラブで在らせられます「Stall(ストール)」さんの30周年記念展示会に行ってきました。場所は有楽町・東京交通会館2F。

素晴らしい作品が目白押しで、良い展示会でありましたですよ。朝一番(11:00)に飛び込んで何だかんだ3:00近くまで居ましたが、観ててまったく厭きないんで楽しかったです。いろんな方にお話を伺いましたが、どなたも親切かつ丁寧に教えてくださる方ばかりでして、嬉しかったです。お昼過ぎ辺りから会場は結構混雑いたしまして、やはりその知名度たるや、凄いんでしょうねえ...。

ボクは逆立ちしてもあんなに綺麗には作れないなあ。なんだかどことなく口惜しかったので、階下の本屋で「世界の傑作機」のバック・ナンバーを購入して(ホウホウの態で)夕方帰宅しました。(笑)
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

武州の櫻

cherryblossoms070401a.jpg

旧称「武蔵國」は「无耶志(むざし)國」と書いた書簡もあったとか?関東...東京・埼玉・神奈川県の北東部(川崎・横浜を含む)を古くはこう呼ばわるんだとか。現代地図に当てはめると、ちょいと大まか過ぎて感覚的に掴みづらいかと?ですから表題の「武州〜」は一概には間違ってはいずとも、必ずしも正しくはなさそう。

元々「埼玉(さきたま)」という地名は、地理的に多摩郡に覆い被さる形で関東平野の最深部〜関東や秩父方面の山地へと向かい突出している事から、「先多摩」「前多摩」と呼んだ。あるいは埼北部の古墳出土品に代表される「勾玉(まがたま)」...「玉=魂」に謂れを成すという「幸魂」(さきみたま)説。他、古来から前玉、佐吉多万、佐伊太末といろんな表記(当て字)が宛がわれたんだそうな。現在は「彩(さい)の国」なんて県を上げての観光用キャッチ・コピーが付いたりする。
僕の住む地域の地質は、いにしえの昔より富士山の火山灰からなる「関東ローム層(赤土)」で覆われ、比較的水はけの良い土壌環境にある事から(徳川時代の干拓事業も一部在りましたが)、昔から根菜類の生産が何かと有名かと?まあ「桜」が生息分布する地質について触れようかと思ったが、そないなローカルなご地域自慢はこの際どうでもヨロシ。

さて「桜」。日の出と共に早起きして市内の名所に撮影に出かけて見ました。植わっている桜の品種は、そのほとんどがソメイヨシノ(染井吉野)でした。

.


市内ではココが有名。更に埼北部に足を伸ばすと、河川流域の“堤桜”が有名です。クルマでもちと距離があるかと。

cherryblossoms070401b.jpg


もっとも「すわっ!陣取り」とばかり、広げて敷き詰められたブルーシートというのは、お世辞にもあまり美しい光景ではごぢゃりませんですな。今頃はすっかり宴たけなわでしょうねぇ〜。
県議会選挙前という事もあり、街宣車が往来を闊歩するけん騒の最中、桜並木は「我も負けじ」とその花を鮮やかに咲き誇らせている。

風に散る花の行方は知らねども 惜しむ心は身にとまりけり
(新勅撰和歌集 西行法師)
posted by まっぴら at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

ミタカヤマ豈攀じ難からんや...

mmc070218a.jpg

NETの縁でお知り合いになりましたがらんどう氏の肝いりがありまして、模型の展示会に出かけたのが、去る2月18日の事。場所は三鷹。ボクのうちからですと電車に揺られて都内まで。時間にして1時間少々の場所。朝から生憎の雨模様...。

2/17.18両日に渡って開催されました「MMC 第12回 模型を捨てられない大人達の模型展示会」。開催展示場となるのはJR三鷹から徒歩1分...ってか、ほとんど駅前。ホームの高架から「ちょえいっ!」と飛び降りれば、真向かいはもうほぼ正面玄関って感じの(笑)武蔵野芸能劇場さんの2F小ホール。何でも普段は落語や写真展、合奏団の発表会などが行われる施設だそうですね。

お話を伺ったところ「MMC」っていうこの陽気な模型倶楽部は、三鷹とこの沿線に住む方々が主だったメンバーだそうでして、ナカマ模型というお店に集いし、老若男...まあ女のヒトはいなかったかな?(笑) そういう方々が中心になって活動している団体なんだそうです。

ボクも模型好きはいいんですが、出不精が災いしてか?あまりココ最近こういった展示会というのに、足繁く熱心に出かけた事がない...まあ僕の身の回りの模型仲間ですと、近年の不(?)景気、仕事と住宅ローンに追いまくられ、模型離れもさることながら、地元にはあまり精力的にこういった活動を行っている団体はないのです。
ほとんど知らないヒトばっかり!というのも不安材料だったのですが、毎年行われる静岡ホビー・ショーなどに行き、展示される方々の技量というのはどういったものなのか?のという興味の方が先に立ち、「行かねば、後顧の憂い100年に残る。いざ!ミータカヤマノボレ!まるふたひとはちっ!」と力み立って出陣という運びとなりました。

mmc070218b.jpg

展示内容は飛行機模型と1/700WLが中心だったのですが、どれもこれも実に精緻な工作、かつ丁寧な塗装で、これにはびっくりさせられました!(以下、素晴らしい展示模型の画像は「ボクの模型棚」の方に推敲します)

注)ううっ...。まだそこまで手が及びませんで、TOPページの下の方から入れます。

「館内禁煙」とかで玄関先で煙草をふかしていたところ、一緒にパイプを燻らしていた御仁が、かのMMCメンバー&OB’zの「降下猟兵」さん。(笑)かの方に教わり「筆一」さんを紹介していただきました。「降下〜」さんは模型に留まらず、ミリタリー&ウエポン等その手の道の「歩く生き字引」みたいな方でして(笑)、ボクとは話が大いに弾みました。(ボクが持っていった日軍フィギュアに大喜びされた)そこへ大御所、がらんどうさん到着。もう楽しくてしょうがありませんでした。

午後辺りから雨も上がりまして、見学者の数も次第に多くなってきました。鉄道模型の走行や、このようなモータ・ギミックを仕込んだ模型のお披露目も。(なるほど!こういう楽しみ方もあったのか!)惚れ惚れっ。
どれもこれも実に素晴らしかったです。正に堪能と圧巻の1日でした。

mmc070218c.jpg

夕刻、展示会場を後にして一路宴会へと。またここでも歓談・大盛り上がりでした。(笑)
皆様本当に御苦労様&どうもありがとうございました。また機会あらば伺わして戴きたく思います。(A◇;)ノ~~マタアオウネー

...と、あれからすでに一週間...。「程よい刺激」はいいんですが、正直立ち直れましぇん。「寝ても醒めても」って感じです。模型が捨てられないばっかりに、家族に見捨てられそうな不肖まっぴらがお送りしましたー!(恥々
posted by まっぴら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

書初め2008

kakizome2008.jpg

「文字には独特のチカラ!...が宿っているのでございます。」

...と、野際陽子さん演じる山田里見のような事抜かしておりますが(笑)、「書初め」のシーズンを迎えました。学校の宿題なんです。ベンキョーの事たぁ、良かろうが悪かろうが、普段ツベコベ言わないんですが、「書初め」に関してはボクはうるさく厳しくて、事ある毎に情け容赦なく怒号が飛び交います。スパルタンなのです。子供が書道を嫌がるのも無理はないわな...。

子供に要求しているのは、事に望むだけの「緊張感」なんですね。正月休みで気分が弛んでいるから...。お笑い番組際限なく観て、気持ちが弛みきってるから...。でも文字が次第に洗練されて来るから、不思議なんだ。
posted by まっぴら at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

べすと・まりあーじゅ♪

「文化の日」という事で、国民的休日なのですが、なんでも昔は「明治節」と呼ばれていたそうで...。これは明治天皇(1852〜1912)の誕生日なんだそうです。まあ、右傾化気味なのは、ここ最近に限っての事ではないのですが...。(笑

あぶろっく君の結婚式披露宴に行ってきました。実はボクぁ彼の超遠縁の親戚に当たるのですね。場所は最近“東北の玄関口”として、超めざしい発展を遂げつつある“杜の都”仙台。いいところなんですよ〜。翌日仕事が休めないので、日帰りの強行軍となりまして溜息しきり。ボクが知っている繁華街の方ではなく、反対側の新都心のような綺麗なビジネス街、その一角に位置する豪華式場で執り行われました。
まあ詳しい事は、彼が御自身のblog「あぶろぐ」に(新婚旅行から帰って来てから)書くでしょうから、ここでは特別書きまへんのや。
ablock061103b.jpg


揺れるハート この度は、誠におめでとうございます。揺れるハート
御二人方、どうかいつまでも末永くお幸せに〜♪


さてワタクシに限っていいますと、日頃の行いが“良い”とこういう時に限って天罰が起きるものでして...。この画像はチャペル(撮影自由)での“指輪の交換”で、この後“ちゅ〜”なんですが、この画像撮影直後に、虎の子のデジカメがバッテリ切れを起こしてしまいまして...。(恥)
これは前日、出立準備の忙しさに取り紛れて、ついバッテリ・チェックを怠ったんですね。お陰でこの後開かれた、まるで迎賓館のホールのような壮大な披露宴の模様(冗談ではなく、マジで気合が入っています。)が全然撮影できませんでした。あぶろっく君、す、すまんっ! 
これも目出度いっ!って事で、す、際どく自己逃避してしまいます。
じ、次回こそは...(@~@`←バキ)

とにかくおめでとう!良かった良かった!
お〜い!ハネム〜ン旅行は、気をつけて行って来るんだぞー!(A◇;)ノ~~
posted by まっぴら at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まっくら的イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする